【Poke GO】 乗るか乗らないかって乗るよ私は。

昨日のお昼頃フェイスブックを開くと Poke GO がフィードをにぎわしていた。

そんなに興味があったわけではない。
ないけれども、いったいこんなに世の中をにぎわしているのは何がどうなっているのだろう?
という興味がわいてくる。

昼休憩に入ったお店でハンバーグを注文し出てくるまでの間にAPPStoreをのぞいてみる。
検索するも出てこず、
だったら、、、とサファリで検索してアプリを紹介しているURLから飛んでみた。

アプリゲット。


ゲットしてみたも、何がおもしろいのか想像すらできない。

生年月日を入れろと、一番初めに聞いてきた。

どうしよう・・・1967年なんてのがなかったら、、、いいおばさんが何やってんですか?ってな感じでなかったら。

と一瞬思うも、難なく入力。


グーグルのアカウントはいくつかもっているので、いつも使っていないアカウントでログイン。

そうしながら、息子たちに最初の画面をLINEで送ってみる。

珍しく長男が反応してきた
「ID登録することパンクしとって、できんよ」

「グーグルアカウントで入れた」
と返し、その後は3息子全員無視。

まあ、彼らは仕事中ですからね(笑)



とある場所のとある席で、昼ご飯を注文しながら、友人とインストールした自慢なんかをやり取りしながら画面を進む。

でさ、いったい何が面白い?

この地図は何?何?なに~~~~~~~~!!


画面に出てきた地図は自分がいる現在地周辺の地図なのね。


何々?世界中の人が現在自分がどこにいるのかどこかの誰かに知られながらゲームをしているの?
なんだか、おとろしないけ?


とはいっても、
スマホの位置情報は数種のアプリでONの状態。
当の昔に私がどこら辺をうろうろしているかなんて、どこぞのだれぞに情報が握られている状態。
今更な気もする。

LINEだって出始めのころはいろんな人から、やいのやいの言われていた。
でも、今ではスマホユーザーのほとんどが使っている。
当たり前のように。

そして、そのおかげで、たぶん、年頃の息子や、娘たちとのコミュニケーションはLINEがなかった時代とは比べ物にならないくらい充実しているはずだ。
たとえそれが
「今日のご飯いるの?」
「いる」
「いらな~~い」
「いる」

だけの会話でも。

Poke GO がそんなに普及するのかどうかはわからないけれども、
LINE同様、フェイスブック上では、流行の波にのるものと、やいのやいの派と別れているようだ。
そして、様子見の人たちはそれを眺めながら数か月迷うのだろう。

いつものパターン。



私はといえば、3日で飽きるかもしれないし、1年遊ぶかもしれないし、ただ、昨日波に乗ってみるというのが面白いのでインストールした。


リビングにポケモンがいる♡
やっぱり、なんだかウキウキする。かわいい。20年はたっているキャラクターなのにやっぱりかわいい。
長男が年長さんの時文字を覚えさせるのに、ポケモンの名前を10回書いたらそのポケモンの絵をかいてあげる。なんてことをした。
入学したときは黄色ばかりで区別がつかないだろうと、傘とカッパにマジックでポケモンを書いてあげた。
自分で言うのもなんだが、絵は上手なので、息子はずいぶん喜んでくれた。

そのとき母だった私と、そのとき家中だった子供たちが大人になり、それでも愛されるポケモンはやっぱりすごいなと思う。



昨日は出会う人たちともPoke GOの話になった。
知人の息子はただいま引きこもり中らしいが、Poke GOでポケモンがほしいばかりにシャワーを浴びて散歩に出かけたそうだ。

フェイスブックの友達にも、普段買い物にも付き合わない息子が、車で移動してみたくてついてきた♪と久しぶりの息子とのデートを喜ぶ母親の投稿もあった。

任天堂はそこまで考えていただろうか?

ゲームをしていない人たちが間接的に喜んでいることを。


各地の名所では任天堂にその場所でポケモンが出ないように配慮してほしいや、
ポケモンを追って不法侵入騒ぎがあったなどというニュースもでている。

海外ではポケモンでおびき寄せて強盗を働いている輩もいるとか。


私の目下気を付けることは、外でポケモン探しをしている風に感ずかれずに遊ぶこと。
BGMや効果音は消した。
が、たぶんポケモンが現れてぐるぐる探している様子でバレると思われる・・・

はてさて、子供にうけるのか、主婦にうけるのか。
爆発的に普及するとしたらやっぱり大人に受けるほうだろうな。


よく似た「パチモン」のアプリも出回っているようなので、ダウンロードは十分気を付けてやってね。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ