コスタビクトリア号クルーズ②オプショナルツアー

2016年7月~9月の間金沢~境港~釜山~福岡~舞鶴~金沢 とめぐるクルーズ。
記事は8月26日~31日の6日間の時の情報です。


オプショナルツアーについて

まず、今回使った旅行会社「ベストワン」では事前にオプショナルツアーを申し込もうと電話をしましたら、1部屋ごとに1500円かかると言われました。
私たちは5人で3部屋なので、1回のオプショナルツアーに4500円加算されるのはもったいないという話になり金沢港から乗船してすぐに、6階のツアーデスクにオプショナルツアーの申し込みにいきました。

が、ですね。

今回のクルーズで感じたことは、非常にあわただしいということ。
各港に到着しても、下船許可がでるまで降りることはできませんし、出港する1時間ほど前に最終乗船時間がありますし、移動が長かったり、オプショナルツアーの組み立てが悪い物に当たるとさんざんな一日になってしまいます。

特に「失敗した!!」と思ったのが釜山。
1日観光がすでに売り切れており、しょうがないので半日コースを予約。

船から出口までの移動は建物の仲でしたが、かなりの時間で、一バスごとに集合する時間などを入れると1時間以上は港でロスしました。
そして、大雨が降っているにもかかわらず、立ち寄り場所より遠い駐車場にバスは止まりずいぶん歩かされて、歴史的に有名なところにまず連れていかれ、なぜか、そこで1時間の時間をとってあったりします。

韓国での醍醐味は「免税店」での買い物だと思いますが、免税店の滞在時間は40分くらい。
ゆっくり見ることはできません。
これは、半日コースだから・・・というわけでもなく、他の2コースもみな口をそろえて「さんざんだった!」と言っていました。

気の利かないツアーガイド。
買い物もろくにできない時間配分。
しかも、船には持ち込み制限が厳しく、キムチは没収(没収されたものは返ってきませんので注意を)韓国のりでさえドキドキしながらでした。

で、釜山でのお勧めは
ゲートを出るくらいのところに、シャトルバス(無料)の案内が日本語で出ています。
ロッテ免税店に直接行くシャトルバスです。
それに乗って、ロッテ免税店に行き、そこから、少し歩くと国際市場などにいけますし、その辺の屋台やお店で食事をし、再びロッテ免税店に戻ってシャトルバスで港に戻ってくる。
というのがいいのではないか?
と思います。

私たちは半日コースから後半離脱し、動物の勘で、お店を選んで昼食を食べ、
(これだけのボリュームでひとり10000ウォン(1000円)大当たり!!の韓国料理でした。)

国際市場を散策し、タクシーで帰ろうとしたのですが、タクシーのうんちゃんは韓国語で日本語、英語通じず、シックハックして港にかえってきました。

途方に暮れている時に、違うバスのガイドさんに出くわし、事情を話してタクシーに港まで行ってちょうだい!と紙に書いてもらいました。
が、結局このガイドさんがタクシーを止めてくれ行先を口頭で伝えてくれたので、無事港に着くことができました。が、この写真をお守り代わりに持っていくのもよいかとのせておきます(笑)

タクシー代は国際市場のその辺から、5000ウォン~6000ウォンくらい。安かったです。


どこの寄港地でも思いましたが、オプショナルツアーを使うにしろ、レンタカーを借りて自分たちで散策するにしろ、時間はタイトです。
かといって、船の中で過ごすのも退屈でしょうし、事前によく調べ、帰る時間も十分に考慮して無理のない計画をすることをお勧めします。


おススメスポット

境港:港から境港駅までのシャトルバス(片道200円)を利用してもよいかもです。シャトルバスを降りるといろいろなツアーの札を持ったおじさんがいました。

が、
出雲大社(1時間半ほどの移動距離です)は、レンタカーを使うか、オプショナルツアーを利用したほうが無難だと思います。

レンタカーを返して、境港駅から徒歩1分の水木しげるロード散策。800mの一本道の両脇にいろいろな妖怪がいて、お土産屋さんが並んでいるところです。

釜山:免税店


福岡:デパ地下(三越、大丸)

オプショナルツアーに申し込みました。最後に天神町で2時間ほどの自由時間があり、FBでおいしいお店の情報を募って、100円バスを利用して「TVQ」バス停で降りすぐの「平」といううどん屋さんで食べ、再び100円バスで戻って、バス時間までデパ地下で辛子明太子を試食しながらお土産を買いました。
辛子明太子も船内持ち込みはNGなので、デパートから宅急便で石川まで送りました。

舞鶴:??(私たちはレンタカーで京都で遊びました)
最終日なので、船内を楽しむのもよいと思います。舞鶴港だけ、下船時間が13時と遅く、お昼までいろいろなアトラクションをやっていました。



ということで、たぶん、2回目行くことがあったら、オプショナルツアーは申し込まないだろうな?
と思います。ただ、前の日に相談すればいいよね~~なんて悠長なことを言っていると、湾を出たとたんにスマホがつながらなくなりますので、インターネット検索ができなくなります。

ぜひ、事前に情報を収集し無理のない計画を立てておくとよいです。
また、天候によって対応できる柔軟な能力が必要です。

あと、傘!!
傘は一本絶対に入れておきましょう。



コスタビクトリア号クルーズ 関連記事
①乗船までの流れ
②オプショナルツアー
③船内の食事、飲み物
④船内のいろんなイベントとコスタカード
⑤まとめ

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。