カーの作った肉まんをおなかいっぱい食べたい。というリクエスト保留中。

息子たちが生まれてから・・・25年。
なんとなく、行事を大事にしてきました。

昨夜は十五夜だったのに、
お団子を準備しませんでした。

なんとなく、寂しい。


去年もそうだったようで、それでも何らかの余裕があったのか、
作ってました。
団子もどき。


たぶん、作った後でけっこういけてたので、クックパッドにまでのせてありました。


残りご飯でみたらし団子。
余ったご飯で、五平餅は、息子たちが小さいころは、日曜日の朝食の定番になっていました。
途中ご飯があまるなんて現象がなくなり、
最近、2合のご飯も余るようになってまた、よく作るようになりました。


でも、昨日は忘れてた。
ま、私は前日に玉泉邸さんで、サトイモ食べたのでいいか・・
とか、思ったのかもしれないけれども。

今日余裕があったら、作ろうかな。
なんちゃってみたらし団子。


凝った料理を作らなくても、行事食は味わえます。
そして、小さいころの息子たちは、それが当たり前のようにいるのかな?
と思っていましたが、大人になって言葉にできるようになったら

そういうひとつひとつがとても楽しみで、そして誇らしかったようです。

「うちの、かあさんは変わっている」

どうも、ほめ言葉みたいですね(^_-)-☆



そういや~~~
「おかんの作るので、何か食べたいもんある?」
とチビに聞いたら

「肉まん!!!おなかいっぱい肉まん食べたい!」

と言ってたんだっけ。


ほんと、最近じっくり料理する、時間よりも、気力がなくなったな。
もう少し涼しくなったらその気になるかな。


「簡単!ご飯でみたらし団子」のレシピはこちらからどうぞ

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ