#起業女子 #She Means Businee 冗談ではなく、本気なのさ。

冗談ではなく本気だ

さて、伊藤はクリスマスもせまるこの時期に東京に行って、フェイスブック社にまぎれこみ、何をやっていたのか?
と思っている人も多いだろう。

また、きっと、また何かが始まるのだろうと期待してくれている人も多いだろう。
きっと、自分たちに有益な情報を渡してくれるために東京まで行ったんだろう。
と思っていると思う。


私もそう思っていた。
今年9月に「フェイスブック社が世界的に今年から始めた取り組みに関わるチャンスができるかもしれない」と、夢にすら思い描かなかったことが舞い込んできて、12月19日が来るのを心待ちにしていた。こどもの遠足どころの騒ぎではない。
本当に楽しみにしていた。


もちろん。
フェイスブック社の中に入れるかもしれない!!ぶらぼーーー!!きゃ~~~!!
という気持ちが一番だった。
ミーハー90%であとは何がおこるのかよくわかっていなかったかもしれない。でも、何かを起こせる一員に加われるんだということだけは、わかった。



She Means Business
フェイスブックが2016年3月に世界的の女性起業支援にのりだした、She Meas Businee を日本語に表現するにあたり「#起業女子」をなったらしい。

フェイスブック社がこれによりどんな目的を達成しようとしているのかは、
今年9月にリリースされたときのイベント内で

Facebookのアジア太平洋地域 経済成長イニシアチブ責任者のクレア・ディーヴィー氏が、女性のビジネスの可能性を阻害する要素として、ビジネスネットワークへのアクセスの欠如、リソースやトレーニングへのアクセスの欠如、女性が抱える社会的なバイアスの3点を挙げている。


#起業女子
では、まず、全国にこの活動を広めるアンバサダーのような役割を担う人たちを募集した。
その情報が、たまたまのご縁で私の耳に入ってきてしまった。
というのが、今回の夢のような出来事の始まりだったと、、記憶している。

まあ、ことの発端を言えばきりがないけれども。


私が今回、とてもスタイリッシュなセキュリティを通り、目の前に東京タワーがすぐそこに見え、東京の街をはるか向こうまで見渡せるビルのフロアーで2日間、脳みそが悲鳴をあげるくらいのトレーニングは何をやってきたか?というと

フェイスブックページの操作方法を学んできたわけではもちろんなく、フェイスブックにによって起業女子にどんな世界観を持たせてあげられるのか?という概念とか、探求とか、そういうものだったように感じている。


日々、お客様に「実務指導」を行っている私にとっては、もっと、実用的なあれやこれやと質問もしたかったし、知りたかったけれども、フェイスブックが意図していることはそういうことではないということが非常に伝わってきた。


なにしろ、全国からこのトレーニングを受けるために集められた顔ぶれがすごく。
いなかのおっかちゃんが、ちょっとやってみるべ?とやんわり始めた小さなパソコン教室の個人事業主の私には、彼女たちのいでたちだけでめまいがした。


まあ、そういいつつも、いつもの伊藤節でしっかりと皆さんに私の持っているものをアウトプットもしてお役に立てた手ごたえはあるのだけれども。


が、いかんせん、私は「実務の人」だ。
だけれども、だからこそ、会議室と現場のギャップは見えやすく・・・



果たして、今私がもう一つのパターンで今回のことを報告してしまったら、地元にいる多くの方にフェイスブックのエキスパートにでもなってしまったかのように誤解されると困るし、フェイスブックにも迷惑がかかってしまうことになる。


ただ、
フェイスブックからトレーニングを受けたことを、確かな情報として伝える役割が2017年にはできる。
ということだけは、明確にお伝えできる現時点でのひとつだ。



フェイスブックのロゴいりTシャツを着て、セミナーやイベントをする私がフェイスブックやブログでピースサインをしている様子がもうじき見ていただくことができるようになると思われる。


She Means Businee
気になって、グーグル先生で訳をみてきた。

訳は
「彼女は、冗談ではなく、本気だ」
だ。


訳を見て、なんだかしっくりと来た。
#起業女子。
確かに、そう訳されてもしっくりくるけれども、冗談ではなく本気でフェイスブックも、トレーニングを受けた私たちも、そして、今から支援されるだろう起業女子もフェイスブックビジネスや、インスタグラムを使って日本を自分たちでワクワクさせようとしていくことになるだろうと、信じている。



かっこいい肩書がいただけるのか、それは、後日送られてくる証明書にかかれているのを楽しみにしながら、今この時点では、伝授されたプログラムを多くの起業女子に伝わる方法をパートナーの坂本さんと決めていく。



急いたわけにはいきませんが、石川、富山という地方都市にフレッシュな情報を確実にお伝えできるようがんばり、、がんばるしかない。

オフィスの一角に落書きだらけの白い壁があった。
聞くと、オフィスの中に入れた人は、自由に書いていいらしいと。

一生の宝になるエピソードだ。

「ばーちゃんはね、フェイスブック社の壁に、ばーちゃんの会社の名前を書いてきたんだよ」
「え~~!!ほんとうなのぉ?」
「ほんとうだよ、ほら。」

と今書いているブログを、孫に見せていることを妄想しながら、スペースを探して遠慮がちに書いてきた。




すっかりてんぱってしまい、aPOZIRA と書いてしまった。まあ、本当はこのはずだったんだ。

a POZIRA ひとりのポジティブなゴジラ。
だから、まあい、いいか。これもまた私らしい。



そして、本当は本当は・・・


「孫」にではなく、「ばーちゃんわね」ではなく、
数年後、.あぽじらの社員にそんなことを言って、
「社長は、またその話を言っているよ、これで何回目だ?」
なんて、言われていることを妄想していた。



お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。