投稿

2017の投稿を表示しています

ios11にアップグレードしてやった~!!なこと。2つ。

イメージ
iPhoneアップデートしました?
私はいつも様子を見てからなのですが、今回は使って確かめたいことがあったので早い段階でやったいました。

ただし、ブログをiosアプリでアップするというのは断念してですけど。

で、何がしたかったっていうとこれをひとつごらんくださいませ。




動画ですが、ここに今回やりたい!やりたい!ということが二つ凝縮されています。

ひとつは、iPhoneのアプリでそのまま「QRコード」を読み取ってくれるのになったということ。
カメラを起動して、QRコードにかざすとサファリで読み取ったURLを開くか聞いてきてくれます。
そのメッセージをタップすれば、そのまま開く。


QRコードのアプリを落とすところから教えていたあの苦労からの解放~~卒業~~!!
これはありがたい。
あ、私はあくまでもITオンチの方々があまり複雑なことを知らなくてもやれちゃう。
ってのに魅力を感じますので、あしからず。

で、もうひとつは、今回このQRコードの撮影の様子を録画している機能。
これで、メモを取るのが下手なお客様に動画でお知らせすることができます。
画面キャプチャーしてマニュアルを作るっていう大変な作業からも解放されます。

ついでに、実家の父母に教える時も便利かもです。
iPhone持たせたのはいいけど、わからないことをiPhoneで電話してくるものだから、説明のしようがなく、、「お願いかほくイオンのソフトバンク行ってきて」と言ったことがしばしば。絶対画面を見ずに覚えられるわけがない。。
ってことで、少し親孝行ができるか???なあ。

何のQRコードをとっていたかというと、先日福井で見つけた三ツ矢サイダーグリーンレモン。楽天ポイントがあったので、ポチっとしたのが、1週間ほどかかってやっと届きました♪やっぱりおいしい♪

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆------- 【NEWS】 2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。 今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。 ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、ア…

白いヒガンバナが咲いていました。

イメージ
「あなたたち、お寺ばっかり巡っているのね」
と先日言われたばかりなのですが、金沢市内をいろいろ出歩くことが増え、神社仏閣に出会う率が増えて、少しの時間があるとふらりと立ち寄る癖がついてしまいました。
昨日立ち寄ったお寺。香林寺。 細い小路のつきあたりにありました。 赤いのぼりがひらひらと舞うのでついつい目に留まってみますと、「願掛け寺」と。
主語を自分にしてお願いごとをしてください。
とご説明いただき、 はてさて、私はなにかお願いごとがあったっけ? と思いつつ、やはり今は病気平癒が一番。と強く強くお願いしてきました。
お庭にはヒガンバナがたくさん咲いていました。 ヒガンバナと干支のお地蔵様と。 ここでも、私と家族のお願い事をそれぞれの干支の前で願ってまいりました。
寺町界隈は、静かに観光客が訪れていました。 これからの季節、お寺巡りによい季節。 お土産屋さんがひしめく某所より、寺町、野町界隈は金沢らしくてよいと思います。 あ、それでも、とってつけたような置物があったりはしましたが。 なんで、目新しさで人を呼ぼうとするのかしらね。 「そこにあるもの」が旅人には新しいと思うのに。
住んでいるものは見飽きて、当たり前すぎて、つまらなく感じるのかしら?

古い街並みに、ピカピカの石像なんて、風情台無しなんだけどな。。。
そりゃ、手入れもされていないような薄汚いのは嫌だけれども、手入れがいきとどき人の愛情が感じられる街というのが好きだな~。 あとは、美味しいもの♪
 午後からは、お昼をいただきながら打ち合わせをして、戻ってWEBミーティング。
それが終わって駅前のビル中で打ち合わせ。
ちょっと前にそういや、こんなビルディングのオフィスってどんなんなってんだろう?
と思ったビル中で、ザ・オフィスビル!らしいエレベーターに乗って高層階まで。
何度言っても、会議室がどの部屋だったかエレベーターを降りた後で右往左往してしまう。
おろおろ、うろうろしていたら「伊藤さ~~ん」と探しに来てもらえた。
1時間の打ち合わせが終わって窓の外を見たら、夕日と水平線と金沢の町が美しかった。

いいところだよ金沢。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆------- 【NEWS】 2017年9月5…

ios11のアップデートの前に今回はちょっと注意が必要。

イメージ
iPhoneの新機種が発表されると、iosの大きなアップデートがやってくる。
というのが毎年9月の恒例になってきました。

昨夜からこのios11のアップデートに関する注意喚起があちこちで見られました。
その中で、今回のアップデートによって使用できなくなるアプリがあるので注意しましょうというものがあり、これに該当するものを持っていたら大変と早速見てみました。

参考サイト:使えなくアプリの調べ方が載っています。
https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/flick-446169/

私の場合一番気がかりは、このブログをアップするアプリ。
ずいぶん前からiosではサポートされていませんというアナウンスが出ていたので、とうとうこれで終わりだろうなと思って確認しましたら、やっぱり。。。

これは、私にとって非常に困ります。
普段はパソコンでアップしているのですが、出張や旅行に出かけた時や、休日パソコンを立ち上げたくないときはiPhoneでサクッとアップしたいのです。
それができなくなることは非常にストレス。

ネットで調べましたらブラウザー経由でやるのが一番だと。
ま、ブラウザだと、この先しばらくは心配の種がなくなるか。。と思いアプリを断念し、ブラウザで管理画面を表示させログインした状態でホーム画面に表示させておきました。

そして、アップデート開始。

途中、iPhoneでは絶対見たくない、マークが一瞬見え「え?!」ぞぞぞ!としましたが、回避できたようで、無事アップデート完了。
新しくあれこれできるようになったとかならないとか、その辺を楽しみながら検証してみたいと思います。

絶対試したい!!
というのが、「画面を動画で記録できる」というもの。
これで、ネットが繋がらない環境でセミナーや講演を行わなければならない場合、前もって画面を録画しておけば…などと考えています。
今のところそれ以外の活用方法は思いつかないけれども、
あ、操作方法がわからないとういお問合せにも動画で説明できるのは便利かも。


しかし、今使っているiPhoneは「6」そろそろ怪しい動きになっているので、新しいの予約してこないとな~。
plusにしようと思っていたけれども、友人が「Xにしまっし!」と。
どうしようかな~~。

-------☆-------☆------…

基礎の基がとっぱらかっちゃってるお店。

イメージ
私は栄養士の免許を持っている。
そして、20代後半から30代前半保育所の調理員をしていたことがある。栄養士ではなく調理員だったのは姑が勘違いをして仕事を取ってきてしまったから。

そして、けっこう人気の給食のおばちゃんだった。
残食も少なかった。
仕事はきつかったけれども、毎日毎日子供たちの反応がすぐに見ることができるのでやりがいがあった。

その給食のおばちゃんをしている時に一時期給食を作ることが怖くなったことがある。



「食べ物」というのは命を作る。そして、命を奪う。
0歳から5歳の体を作るこの大切な尊い時間に、私はこの子たちに「命の素」を与える資格があるのだろうか?と怖くなったのだ。
何か事件があったわけではない。
毎日「伊藤先生、おいしい!」と食べてくれる子どもたちがかわいくて愛おしくてしかたがなくなったからだ。


この恐怖はしばらく続き、やがて克服していったのだけれども、どうやって克服したかと言うと、もっと美味しく、もっと愛情をこめて作る。ということだった。
また、掃除や除菌も手を抜かないということだった。


たぶん、この根本は今でも変わらない。
そして、「今」に恐怖を覚え自問自答しだすところも今も変わらない。


「食」というのは、「命」を預かる。


体や健康作りのための栄養だけを考えればいいのだったら、サプリメントでもいいじゃないか?となるけれども、味、見た目、臭い、、、五感が刺激するものであって初めて人の「命」に置き換えられていく。


最近、いい加減と言うか、なんだかな・・・というお料理に何度か出会ってしまった。
そこには、「どやさ!」的な幼稚な自己満足が見えたり、自信のなさを隠すための精一杯の虚勢が見えたり。が、共通して言えることは「センス」が見当たらないこと。「おいしくない」ということ。


お客のほとんどは、そのお店に入ってしまえばサービスをうけお金を払って出てくるしかない。
「まずい!」と言ってお膳を放り出してお金も払わずにでてくるわけにいかない。(私はできない)
まあ、たまたま口に合わなかったんだろう?と言われてしまうかもしれないけれども、
明らかに、その素材を台無しにして常識的にあり得ないもの。。というのは詐欺にあったような気持ちにさえなる。


料理というのは、化学反応。
水反応。

その理屈の基本というのはある。


ランニングもせず、素振りもせずに、ホームランを…

「結果を出す人」になれてる?

イメージ
特に文具通と言うわけではないのだけれども、使い勝手がいいものは好きです。

美崎栄一郎さん監修の「結果を出す人」のビジネス手帳。
もうかれこれ5、6年使っています。
スマホが普及してスケジュール管理を紙かデジタルか悩ましいところなのですが、どうも私はPCやスマホで見た情報は「映像」となって記憶されるタチのようで。テキスト情報として脳に記憶するためには、紙とペンで派でないとあきません。

私のスケジュール管理は「時間単位」何時何分に誰と会うのか。
それを管理することが大きな目的。
会う時間、移動する時間、パソコンに向かう時間、家族の予定との兼ね合い、遊ぶ時間。

これが、手帳を広げてかっつまっていると
「心の余裕がなくなる注意報。」

としています。
私の場合半分以上が「アイディアを出す」仕事です。
「伊藤さんは実務のヒトよね」と言う人もいますが、私にとって実務は当たり前にできることであって、誰にも負けない自信はあることであって、でもそれを仕事にはしたくないと思っているんです。だって、めんどくさいんだもの。しかも対価設定がみなさん低いし。ちょっとやって~。みたいなノリでこられると困るんです。
だから、これは自分のためにある才能。

話がそれちゃった。
「アイディアを出す」ためのほどよい余白のある1週間。

というのを見渡すにも、時間スケジュールが目視しやすいこの手帳が気に入っている一つです。


また、この手帳は方眼に罫線があるので、字が汚い私には非常にありがたい。
マス目があるとそこに文字を収めてたくなるので汚いながらも後から見て認識できる文字に書けます。これは、もうひとつのお気に入り文房具「スタイルフィット0.38」との相性がよく、このペンでこの手帳にスケジュールを入れているとできる女になった気になります。

美崎さんの手帳は毎年ユーザーからのフィードバックを集めて改良がされます。今年の大きな特徴は今まで10月はじまりだったものが11月はじまりになった。
気が付かずに、「今年も10月から手帳変えます」とFacebookにアップしたら、美崎さんじきじき2018年は11月はじまりだとコメントが入りました(ウレシイ♡)
理由は白紙を増やすことだそうで。
確かに1年分のメモを取るには少ないと感じ、はがき大の付箋を用意してそこを補ってきました。でも、手帳がふくらんでモタモタみっともないなと…

時々思う「この人大丈夫なのかな?」と思うSNS投稿。

イメージ
思わず本屋でにやにやしてしまい、慌てて買うことにした一冊。


SNS地獄を生き抜く オトナ女子の文章作法(石原壮一郎)方丈社

ほとんどがLINEでの作法について書いてありましたが、facebook、Twitterについてもうんうんそうだそうだ。とか、あ、気をつけなくちゃ。と思うポイントがいっぱいでした。
LINEの話にしてもSNS上のお話なので、facebookやTwitterに共通する部分もありましたよ。

投稿事例や、LINEやメッセンジャーでのチャット事例。
うわ~~~あるわ~~~。
これって、そうかこうすればドツボにはまらずに済んだんだ~。
とかね。

秋にいくつかSNSの講座も控えているので、ネタが増えました。


あんまりいうとネタバレになって著者に申し訳ないのですが


強引な全肯定っぷりに、根深い自身のなさや内面の危なっかしさを感じる傷つきやすさをアピールして、突っ込みや反論を遮断。周囲の人たちの悪口をせっせと書き込むことによって、かまってほしいという本音がダダ洩れ。いちいちポエミーな投稿に無視ばっかりも悪いと思ってしかたなく押した「いいね!」に過剰な意味を読み取られるかも。。

著者曰く、facebookはスキあらばあなたを「痛い女子」にしようとしているらしいです(笑)でも、読んでいるとどれもこれも、「いるいる!」とか「やってるやってる!」のオンパレード。

LINEのところで出てくる「距離感」。
そう、SNSではTPOに合わせた距離感を間違えると「アイタタ~~」女子になってしまうのかもしれませんね。

で、著者が男性だからか、くどくど書いていないところがいい。
短文でスッキリと読みやすい。

サラッと読む一冊によいかもしれませぬよ。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆------- 【NEWS】 2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。 今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。 ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかないといけません。
まずは…

神様のご褒美。

イメージ
やらなかった理由、やれなかった理由なんて後付けで何とでも正当化できるけれども、やっぱり「やった」という事実はどんな理由や言い訳を持ってきても確固たるもので、薄っぺらいその場しのぎの言い訳なんて、しょせん太刀打ちできないことは本人が一番よくわかっている。
という落としどころのイマココ。 なんのこっちゃ意味がわからんね。
ま、むちゃくちゃ腹が立つことがあって、どうしてくれよう!!とか思ったけれども、相手にしちゃ損だと一旦収め。でも、ふと蘇ると悔しくて涙がハラハラとでるので、もう一回しっかりと自分と向き合ってみて、やっぱり、相手にしない方がいい。となった。 みたいな。 意味わからんね。(笑)
さて、起業してから、名刺交換をした後日、お礼状が届くことに感動している癖に自分では一向にやらず「いいと思っているんだけどね、字がきれいじゃないから~」「とかやりたいんだけど、なんか機を逃して~」とか言い訳してきて7年。
いつも内心思っていた。「やったらいいと思うのだったらやれよ!」って。
そういいながらもやれないやらないだろうな、 だって、「なまくらもん」だもん。 と、自分のことは一番わかっているのだよ。 自分が何をばれたくなくて言い訳してきたのか。 「なまくらもん」 「ケチ」 はがきを買いに行く時間や、切手代やらがもったいない。 文章を考えたり、宛名を書いたりするのが面倒。
ほんと、人に堂々と言えないことが、一番の原因なのよ。 ま、それでも、7年取り繕ってごまかせたわけだけれども。

今年5月。金沢法人会の総会の席で、とんでもない席に偶然座ることになり、大御所の大先輩に「今日名刺交換した人にお礼状を書きなさい」と言われ、 え~~~~~~~~!!!メンドクサイ!!!(だって、ここにいる方々私のお客様になるような方々でないもの~~~~!!)と思ったけれども、あまりにもその大先輩がおとろしくて(愛情込めてなので先輩!!)ビールを何杯のんだかわからないふらふらな状態でパソコンを起動し名刺を広げたまたまあったはがきにお礼の文章をネットから参考例を探して考え、そして、翌日の朝一ポストに投函し。。。 その日が5月19日じゃなかったら、きっと私は一つの気まぐれな出来事で終わったかもしれないのだけれども、この日は7年前、金沢情報の営業さんにブログを紹介されてその日から7年書き続けることになった記念す…

「パワハラ」伊藤の解釈

イメージ
もっともらしく笑顔で言っているけれど、実はパワハラ。
ってことありますね。

その時は相手が笑顔なので本質が見えず煙に巻かれてしまいます。

後からじわじわと、つじつまがあわないことや、理不尽だよねとだんだん腹が立ってきます。

パワハラはなぜ起こるか。
それは、パワハラを行っている人の「保身」であると最近いろいろな人とお話をしていてたどり着いた答えです。
その人は身を守るのに必死で、そのために頭をフル回転させその場しのぎで本質とはずれた理屈をこね相手を言い負かそうとします。
また、「嫉妬」などの感情があることをばれまいとして取り繕っているのです。

やられている側としては、
「こいつに何言ってもダメだな」
と愛想をつかしたり、面倒になって立ち去る手段を考えだします。
若いころなら、立ち向かって「違う」と言い張ったのでしょうが、そんなことをしてもエネルギーの無駄なことは年を重ねるとやりたくなくなります。

でも、じわじわと腹が立つのです。

が、だからと言って相手にぶつけても、彼らはそれを受容する度量がないので、やっぱり保身のためにつじつま合わせを始めてしまい、結局解決には至らないのです。


キャパ不足。


とあきらめて、「ぐわ~~~~!!!くそばかやろう!!」と家の中で叫んで、自分には怒りがあるということを自分で受け止めることにしました。
怒りをごまかさない。
なぜ、怒りが起こったのか、どこがそのポイントだったのか、自分はどうすればよかったのか、「くそばかやろう!!」と言った後に、冷静になれたら反省します。この時絶対に卑下や、自己否定に陥らないようにします。


なかなか、冷静になれないときはしばらく「かわいそうな人」と思ってその人の心が癒えるように願ってみます。
「かわいそうな人」は私ではなくパワハラを行った相手ね。


すぐに、計算が頭の中で巡るの。

イメージ
友人とのランチで出てきたコスパ抜群のお料理。これにご飯とお味噌汁がついて1000円。
めちゃくちゃテンションが上がった。
お客でこれに出会ったら「うわぁ!」と声をあげコスパの良さに感動するだろう。
サラダには茹で野菜も入りたぶんドレッシングは手作りだ。和え物何種かもすべて味が違っていて、もしかしたらお豆腐も手作りかもしれない。
サツマイモは薄く衣が付いて揚げてあった。
全17種。

もし、友人が飲食でこれを出していると知ったら「大丈夫?」と言うと思う。
か、「どうやってこれで採算とれてるの?」と聞くかもしれない。
これで、もし、バイトのお姉ちゃんなんか雇っていたら、あかんやろと思うかもしれない。

これだけの食材を仕入れて調理するのは大変だろうと察しがつく。
いったい原価はいくらだ?と思ってしまう。 ランチタイムにこれを出すために何時から仕込みをして、何食出るんだろう?とか。 全くもって頭が下がるランチだった。 Facebookでアップしたら友人たちがワーワー言っていた。 多分この半分の品数でもこれを知らなきゃ歓声をあげるだろう。
お客で出会ったので誠にラッキーだった。味は健康的で悪くはない。 もし、雇っている従業員が「社長、こんなランチを考えました!」と言ったら実家に畑でもない限り一刀両断却下するかもしれない。それか、「あなたの給料を出せないけれどよいですか?」と言うかもしれない。
最近、お店に入るとお客の数や従業員の数やメニューの価格を見て頭の中で計算して遊んでいる。昼だけの営業なのか、夜もやっているのかとかも。ランチが何かしらの「釣り商品」であるならすごいながんばっているなと思ったり。 で、みんながんばってるな〜と。
で、私もがんばろ~~っとと思うわけで。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆------- 【NEWS】 9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。 今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。 ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかない…

楽しく忙しい。

イメージ
何度も言う。
当初2017年の9月はのんびり過ごそうと思っていたのだ。
だから8月めちゃくちゃ頑張った。

が、毎年のごとく秋になると忙しくなる。
今年はちょっと違う気がしたいたのだけれども、気のせいだったようだ。
ありがたい話なのですけど。ほんとに。感謝。

私のメンター的お姉さんがいる。
長い付き合いで、かれこれ10年くらいにはなるかと。いや、もっとかも。
私の甘えっこのところも、がんばるところも知っていて、仕事で何かあって泣きながら電話するのも彼女だ。

昨日だったか一昨日だったか、彼女と仕事の話をしていて、
「仕事がくそいそがしい・・・」
と言ったら
「いつもこの時期そういってるよ」

「そういや、春に仕事がない、世間は私のことなんてもう忘れてしまったんだといったら、毎年春にそういってるって言ったよね」
「そうそう。もういい加減一年バイオリズムを理解しなさい(笑)」

と言われてしまった。
ほんと、毎年毎年、「またか」と思うだろうに毎回励ましてくれる。
私にはこの聞いてくれるけど、適当にあしらってくれる存在というのは貴重で、一緒になって一喜一憂されると、私の一喜一憂が倍増され大変なことになってしまうのだ。

ということで、今年の秋も楽しく忙しい。
この楽しく忙しいというのは、非常にいい。
8月のイベントのおかげでまたキャパシティが広がった気がする。
だんだん、些細なことで動じなくなってきている。
でもたぶん、来年の春も「世間は私を忘れてしまったんだ~!」と彼女に泣きつくのだと・・・

そうそう、そういえば、先日福井のイベントに参加したときにそこの自動販売機にあった三ツ矢サイダーシリーズのグリーンレモンが非常においしかったのだけれども、どこか売っているところ知りませんか?
箱買いしたいくらい・・・アマゾンにあるかな。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆------- 【NEWS】 9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。 今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。 ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカ…