築80年の町家で教室してたんです以前は。

フェイスブックを朝開くと過去の投稿が上がってきます。
フェイスブックさんがランダムに「何年前」を引っ張りだしてきます。

何かしらの投稿を毎日しているので、毎日何かしら上がってきます。

今日は

これは、四年前の1月29日
町家でスマホ教室ができたというのでテレビの取材が入った時の写真です。

6畳二間と10畳のお部屋があって私のマンツーマンの教室以外にセミナールームに使って欲しかったので、その様子を映してもらうためにフェイスブックで声をかけたら友人たちが集まってきてくれて、さも楽しそうに何かをやってくれてました。

実はこの次の日、朝目覚めた私は薬疹で顔が晴れ上がり、それが引き金となって今の重篤な皮膚炎に移行するという道をたどることになるのです。

この取材があるために顔に出ていたブツブツに塗る薬を町医者にもらいに行き、その薬が体に合わずにそんなことになってしまったのでした。

この当時は、テレビや新聞の取材が何件か続き、シェアオフィスだった町家の他の住人と折が合わず。駐車場のことでお隣さんが怒鳴り込んできたりと、ほんと試練続きだったなと、今振り返ると今までて一番しんどかった時かもしれません。

でも、パソコン教室を開いて3年。友達がたくさん集まってくれたり、世間の脚光を浴びたりと夢のような時でもありました。


野々市扇ヶ丘、焼肉たかちゃん前、シナジースペース内はシェアスペースでやっていたので、初めての占有の部屋ができ、さあ!やるぞ!と次から次へとイベントやセミナーを企画し、ほんと多くの人に来てもらいました。

小さく小さく始めたパソコン教室。
売り上げは0スタートでした。
10ヶ月に一度引越しをし、その度にお客様が増えて行きました。

そんな頃を思うと、今の状態のなんと平安なことか。日々挑戦はあるけれども、この時ほどのパワフルなエネルギーを消耗することはなくなりました。

これは、いったいどういうことなんだろう?とちょっと心配にもなっていましたら、先日先輩経営者に

「だって、伊藤さんのスキルが上がっているから当たり前じゃない?」

と言われました。

あ、なるほど。
開業当時のスキルと今を比べたら、パソコンの腕もしかり、お客様へのサービスもしかり、いろんな経験を踏んで比べもんにならないくらいグレードアップしてます。
気がつかないうちに。



こういう回想をできるのも、フェイスブックの勝手に引っ張りだしてくる過去の投稿のおかげ。
面白い世の中です。


昔ならアルバムを開かないといけなかった過去の世界に、毎日朝目覚めるといけるのですから。

いいような、悪いような。
いい思い出ばかりじゃないのだけと、でも過去になってしまった出来事は、たとえどんなことであってもありがたい出来事であることが多いです。

過去の投稿は、ブログをシェアしたりというのは除外されるようなので、直接写真付きで投稿しておくと、未来の同じ日にみえてきます。
まあ、フェイスブックの仕様が変わればなくなるかもしれませんけど。
あるうちは楽しみましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ