物語好きの少女は、物語のアウトプットの道を閉ざされ、不良になった。

たぶん、ずっと昔、小学生のころから「物語」を考えるのがすきだったことを急に思い出した。
小学校から家までの帰り道、15分くらいの道のりの間中、頭の中で物語を作って帰ってきた記憶がある。

なんで、思い出したかというと、
たぶん、先日能登島の帰り道、羽咋のパセオ通り(昔の銀座通り)にある田辺蒲鉾でいつものイカ団子を買って、そこから能登里山海道に戻るルートに羽咋消防署の交差点を駅からまっすぐ海に向かう道を走ったからだと思う。

右手に40年前と変わらない小学校があって、そこから千里浜インターまでの道は、そのまま昔の通学路で。
祖母が眠るお墓がある墓地に行く道や、土曜日学校の帰りにお昼ご飯の菓子パンを買った食料品店や、小さな郵便局や、夏休みラジオ体操に集まった児童館や、

そんな風景を、その日は助手席でじっくり眺めることができたからだと思う。

あ、それに、ユニバーサルに行った次の日に吉本新喜劇を見たのも影響しているかも。
半ドンで終わる土曜日。お腹がペコペコでやっとこさ家にたどり着いてテレビをつけると、吉本新喜劇の軽快な音楽が流れていて、それを聞きながら母が作ってくれてある、鶏肉の卵とじを温め、あまりにお腹がすきすぎて待ちきれず、ところどころまだ冷たい卵とじをジャーからよそったご飯にのっけて、親子丼にして、テレビの前にもどって、かんぺいちゃんがずっこけているのを「あはは」と笑いながら食べていたことも、記憶の隅から急に飛び出してきた。

吉本新喜劇の音楽とセットになった、ところどころ冷たい親子丼。

帰り道の妄想。

それはたぶん、小学校4年生くらいから、中学校まで繰り返された学校帰り。



だから、ひとりで帰るのがすきだったな。
とかもついでに思い出してしまった。




物語は、たぶん、毎日違っていた。
どんな話を思いついていたのかは思い出せないけれども、
中学生になるころは、頭の中の妄想を形にしたくて、漫画を描きだしたこともあったっけ。
そのころの羽咋のショッピングセンターで見つけたのか、金沢に遊びに来た時にでも見つけたのか、Gペンや、インク、紙、ホワイト、筆をお小遣いで買って、ひたすら勉強もせずに浮かんだ物語を書いていたような気がする。
金沢のうつのみやにスクリーントーンが売っているのを発見して、大興奮で少ないお小遣いの中で2、3枚買った覚えがある。

中学3年生のころには、「漫画家になる!」などと言い出し父親に「漫画家になってどんなことを世の中に訴えたいんだ?」と質問され、、、
そんなことわからないし、わからなかったら漫画家にはなれないんだと思って、漫画家の夢を捨てたことまで、思い出してしまった(笑)

父がもう少しうまく質問してくれたら、私は今頃大先生になっていたかもしれないのにさ。


なんとなく夢をなくした少女は、この後、行けただろう高校は制服がダサいからという理由と、なんとなく親の期待を裏切りたいという思いでワンランク落とした電車で15分のど田舎の高校に通い、そこで、中途半端な不良になり、それでも、親を泣かせるには十分な不良で、そして、それにも突然飽きて、高3の秋から、急に勉強をしだし、42人中40位まで落とした成績を10位以内にまで回復させ、田舎の友達と縁を切ってしまおうと、隣の福井県の短大に入学した。

さんざん、心配をさせた親たちは、どんな思いで短大に進学させてくれたのかと思うと、申し訳なく、ありがたく。そして、短大で取った資格を活かさないまま、今に至る。


たぶん、まねっこ不良になれたのも、短大にいけちゃったのも、私の頭の中になんらかの物語ができたからだと思っていて、そうすることによって、周りがどんな反応をするのかもしっかりとわかっていて、物語通りに反応していくのを眺めて面白がっていたんだと思う。


先日、ひょんなところで出会った占い師に
伊藤さんは深読みを得意とする人だ。
と言われ、

あ、だから妄想するのも得意なのかもしれない。と妙に納得してしまった。


深読みする力は、今の仕事には非常に役に立っていて、これのかげでおまんまがいただけているといっても過言ではないと思う。

自分の特徴を、長所とするか短所とするか。
物語は、コトバのカタマリ。
コトバは、ひとつのことをいろいろ表現をかえて伝えることができるのであって、
だから、伝えたいことを、どうやって心地よく相手の心に届けるのか、少し考えてから排出しようと、今年はそういいうことを思いながら仕事をしていこうと、思っている。



はてさて、今日のペルソナ(物語の主人公)は誰かしら?
今日は私。かもしれないな。


千里浜で撮った写真がほしくて、昔書いていてブログを検索してみました。「千里浜 MAZIRA」
これは、もしかしたら千里浜ではないかも?白尾の海かも?とおもいつつ。
まあ、つながっているからいいか。ということで
2010.8.14 ブログ記事から http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000020167/p10278796c.html


お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。