父母にスマホ持たせました♪で、ちょっとタノシソウ。

さて、2日続けて実家に行くなんてこと、この20数年なかったかもしれない出来事がおこりました。
これも、スマホ効果。
2日に実家に行って、着くなり「スマホ予約してきた♪」という報告を受け、それをキャンセルし、その足で母と二人で(あえて父を置いて)携帯ショップに行き、事情を説明し、再予約してきたスマホとタブレットが「明日昼頃にはつきますから」なんて店員さんがいうものだから、そして、「このキャンペーン3日までなんですよねぇ」なんて店員さんが言うものだから。そして、「端末が来てからじゃないと契約できないんですよぉ」なんて店員さんが云うものだから。

だから、「じゃ、明日また来るね」ということになったのです。

そのまま泊まってくればいいのに。と思うやもしれませんが、チビが2日から仕事で、お正月みんながぐうたらやってるところに仕事から夜遅く帰ってくるチビは、やっぱり、家にいて、明るい部屋で迎えたい。と思うのが母心。

一緒に住んでなけりゃ、見えなきゃそれはそれで気にならないだろうけれども、一緒に住んでいるのだもの。それが親心。家族心。
チビはたぶん、どっちでもいいんだと思うけれども、私がなんだか嫌。母親として嫌。


で、2日続けて実家に行ってきた。(ほんとは今日も午後から行かなくてはいけなくなってる)

家でのんびりしようとおもっていた長男を今度は連れて、実家へGO!

長男に父のお守りを頼んで、母と。
あ、父は元気ですよ。留守番も一人でできます。が、たぶん、2時間はかかる機種変の手続きに耐えられないだろうし、店員さんの一語一句に質問やら、冗談やらを言い出すので、いちいちそれに反応している自分を想像すると、それだけで疲れてしまう。だから、長男になすりつけて母と出かけた。

(あ、父のことは愛していますが、できるならあまり関わりたくない。という微妙な娘なんで。)

で、正月で激コミのかほくイオン内のソフトバンクさんへ。


20分ほど順番で待ち、契約に入る。

今回契約したのは、

iPhone5SE
LenovoTAB2

母にiPhone。父にタブレット。
でもたぶん、父はすぐに電話を持たなくなることを受容できないと思うので、しばらくは既存のガラ系を解約せずに使ってもらうことにしようと設計した。

父にスマホはもったいない。とうのが私の本音。
「お金がもったいない」というのが口癖の父。だから後々母が困らないようにどうしたらお金が最小限にして、母が楽しめるか、父にちょっとは楽しんでもらうか、設計した。

伝わるかどうかは、ちと、不安だけども。


で、話を戻し、順番がきて、椅子に座って、お姉さんが何やら準備をしている間に、今回新規契約となるタブレットはアンドロイド端末になるので、アンドロイドに絶対必要な、Googleアカウントをその間に私のスマホのsafariから、ちょいちょいと新規アカウントを取得。

iPhone用に、


  • MYソフトバンクへのパスワード
  • キャリアの希望メールアドレス
  • i.softbank.jp の希望メールアドレス
  • アップルへのパスワード(1文字大文字のローマ字を含む)



lenovoTAB2用


  • MYソフトバンクへのパスワード
  • ソフトバンクキャリアの希望メールアドレス(今回はこちらのメールは設定しなかった)
  • Googleアカウント情報(Gmailアドレスと、ログインパスワードを持っていればそれを、なければ新しくとってもらわないといけない)


これを書き込む用紙がそれぞれの端末に対して手渡され、記入しなければならない。
父も母もこういうことがあることを知らずに、ショップにたまたま行き、その場で予約を入れてきていた。これらを自分たちで意味を理解して記入、または、お店の人にやってもらうことになるとは夢にも思っていなかっただろう。

ショップのお姉さんは、そこに書かれた情報を元に、新しい端末にいろいろと設定をしてくれる。
今回イオンさんは、「丁寧だな」という印象。なかなか私的には高評価。

母はすでに半分くらいまで来た時点で、頭がもうろうとしてきた様子。でも途中で休むわけにもいかない。他のお客様だっているし。待ってるし。

「これ、自分たちでしなくちゃいけなかったんだよ?できる?」
「お店の人に聞きながらするもん」
「お父さん来たら、きっと、ひとつひとつに質問するよ?時間たぶん倍以上かかっちゃうよ」
「ほんとだね。途中でもういいです。やめますっていってるかも」


おいおい、、それじゃ、あまりにもお店の人がかわいそうだ。。。でも、実際いるだろうな。。。


そもそも、今回、どこから入れてきた情報かは知らないけれど
「もう、携帯電話なくなるらしい」というのを聞いて、充電がしづらくなった5年も使っているガラ系をスマホに変える決心をした。というのが事の発端だということをここに書いておきたい。


だから、途中でやめて、父と母はこれから先、父と母がいう「ガラ系がなくなる」時が来たら携帯電話をもたないことを選択するんだろうか?

たぶん、そういうひとつひとつの点が頭の中で繋がっていない。
今も今までも、計画性がない2人。いきあたりばったりの2人。
そうやって、周りを振り回してきていることにも気が付いてない2人。

そして、自分たち以外に責任をなすりつけて、文句を言うか、何かに置き換えて納得したふりをして過ごすのだ。


年をとって、それがますます強く濃く出てきている。

で、3時間ほどかけてやっと手続きが完了し、手元に新しい端末がきて、ついでにカバーとかアンドロイド用のコンセントから充電するケーブルを購入しに、隣接のヤマダ電機に向かう途中、スマホ用品が売っている専門店を発見。ラッキー。

そこで、iPhoeのカバーと、ケーブルと、タブレット用の首から下げられる防水ケースを購入。

これは、たぶん、「よくわからんし、何につかっていいかわからんし、こんなん持ってる意味ない」と言い出すだろう父に外に気軽に持ち出して、気軽に使ってみる気持ちにさせたいというのがある。

案の定、今日の朝心配で電話をしてみたら、すでに、「こんなんわしが使う意味がない」と言い出していた。。。(想定内)

そして、準備を整えて、実家に戻り、そこから、LINEの設定と簡単に使い方を長男にも手伝ってもらってやる。
今回は、アップルIDの取得などは全部ショップのお姉さんがやってくれていたので、すごく助かった。初期設定からだと、1時間2時間かかってしまう。

「メールはせん!」と言い張る父に、LINE電話を教える。タブレットだけもってでると、電話ができなくなるのをLINEでカバーできることを実感してもらう。
「お母さんとの連絡はこれでOKだから」

わかったようなわからないような顔をしているが、初日から理解してできるようなものではないということは私が一番知っている。

で、軽く練習して、帰ってきた。
それ以上やっても、頭に入らないだろうし、母は長時間の契約手続きで疲れているだろうし、私も疲れた。



そして、車に乗って、3分後

「あ!!」と私
「どした?」と助手席の長男。

「普通の電話のかけかた、とり方を教えるの忘れた・・・」
「あ~~~~~」






今朝、一か八かと母のiPhoneに電話を入れる。
出ない。でれないよね~~~。。。

LINEにメッセージを入れる。
「電話のでかたわからないよね?」
と。

ほどなくして、父のTAB2からLINE電話が入る。
「電話わからんぞ。さっぱりわからんぞ。んで、お母さんの方やっぱり、なんもかもさっぱりわからん。俺のも、電話したい時どうする?電話できんのなら、これ持つ意味はなんや?意味ないやろ」


思った通りの父のセリフ。(想定内)
そして、それを聞いてやっぱりちょっとムッとくるのも想定内。

優先順位の高い条件がいくつかあって、それのために諦めないといけないことがいくつかあって、専門家が本人たちに説明したり話しを聞いたりしながら決めたのに、それを忘れて何もかもを否定するような「意味がない」と結論づけて放り出してしまう言葉が私は大嫌いだ。

お金がもったいなくて、
でも、みてみたら、いろんなことがしたくなって、
で、本当はどうでもいいこと、というか、ほとんどやらないことなのに、そこに固執し、そこだけをクローズアップして「意味がない」と吐き捨てる言葉。

非常に嫌い。
たぶん、この言葉が嫌いになったのは、この父の口癖のせいだ。
父のわがままというか、視野の狭さを感じ、幻滅しているのだ。娘として。

そして、愚痴は続く。
ほとんど、外出先から電話をすることなんて今までもなかったのに、
「もし、散歩している時に、〇〇に電話をしないといけなくなったらどうする?」

ため息がでる。父が一人で外出することはほとんどなく、いつも母と一緒だ。
しかも、遠出をしても金沢に出てくるくらい。そして、母と一緒だ。
「お母さんの、スマホからかければいいじゃん」
と思うが、それが結びつかないのが、老人だ。
一度「不安」にとりつかれると、寝れなくなるほど不安になるのだ。

そんなことが、今まで一度たりとも起こったことがないといううのに。
自分の中で最悪を想定してしまって不安を探している。
それは、新しいものを自分に許可するのが、億劫で怖いのだと思う。

父は特にそういう傾向が強く。やっかいだ。

やっかいで、面倒だ。



まあ、傍から見ていると、私も私なのだと思うけれども。
息子たち曰く、父と私はそっくりだというから(笑)



で、でも、電話ができないのは困るだろうから、このまま放っておくと、ソフトバンクに行って、「やっぱりやめる!」と言いかねないので、今日も昼から行くことにした。

今日は息子はだれもついてこない。。。自分がもつかちと心配(笑)


お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ