人気の過去記事ランキング見てみました。

昨日のブログで
「おかげさまでおととい書いたブログ「もうやめようと思った時。」が歴代1番のアクセスをいただきました。
昨日のブログ「離婚計画と起業。ずるいずるい起業。」もそのあとを追いそうな勢いです。」

とかいったものの、感覚だったので、実際数字を見てみようと管理ページの「統計」を見てみました。

Blogger の管理ページで、「統計」→「投稿」をクリックし、
右上の全期間をクリックすると



このブログを書き始めからのページビューランキングが見ることができます。



あれ?「もうやめようと思った時。」1位じゃないじゃん。。。
これ、2014年に書いた記事なんですが、これは、きっと、このブログを読みに来た人が興味本位でクリックした累積。コツコツコツコツと2年数か月積み上げてきたビュー数のようです。
知らんかった。(笑)たぶん、書いた時はそんなにビュー数なかったと思われるもの。

アクセス数は気にしなくてはいけないけれども、なぜ、数字を気にするかというと、どの記事に反応しているのか?ということを確認せよ。
ということです。

ここでも、他者との比較ではなく、自分の過去と比較せよということ。

ブログというのは、なんのために書いているかというと、
「必要な情報をお知らせする」という役目はもちろんありますが、慈善事業でやっているのならともかく、お仕事につながらないと、ブログを書いている時間がお仕事ですと言えなくなってしまいます。なので、人気のある記事や話題、傾向をどう活用するか?
ということを、いやらしくなく仕込んでいかないといけないわけです。

本業と全く関係のない人たちの胸をドキドキさせても仕方がないと思う方もいるかもしれませんが、サブミナル効果のように、無意識のうちに、こういう場合はこの人に相談するえば解決するかもしれない。と思わせる刷り込みが出来ているか?ということなんです。

これは、ブログもそうですし、Facebookもそうですし、ツイッターもそうだと思います。

そういう考えを持たずに、日々の愚痴や夢物語を語りたいのなら、自分は趣味で書いているとちゃんと認識しましょう。
間違っても、趣味で書いているのに、「ブログを書いても仕事にぜんぜん結びつかない」なんて言わないでくださいね。仕事に結びつく書き方をしていないご自身が悪いのですから。


で、いったい、2014年の7月。
まだ、町家で教室をしていたころに何を書いたのか?と気になってみてきました。

「あぽじら」の正しい使い方
あんれまあ、すごくわかりやすい(自分で言うか?)
今でも使える記事。
あぽじらの使い方が非常によく書かれてある。(笑)


先ほどせっかくなので、ところどころ前の町家バージョンの言葉を修正して更新しておきましたわ。ホームページのリンク先なんかも変更して。
使えるところはホームページの方に載せることになると思います。

で、ついでに、パソコンからこのブログを見た時のメニューバーのリンク先も見直しました。

私はけっこういい加減にこのブログの数字を見ています。
が、瞬間的に数字があがった記事については、記憶していました。が、その先まで見るほど熱がなかった。
けどです。ちょっといつもと違う反響を得ると、「見られているのだから、ちゃんとしなきゃ」とぬるま湯状態だった日常に喝が入るのです。
この時の熱さにすぐ反応して行動しておく。

たぶん、この積み重ねが今の何かにつながっているのだと思います。



★人気の過去記事★
「あぽじら」の正しい使い方
もうやめようと思った時。

とか、しばらく下に載せておこうかな。

お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。