起業したら女子も男子もないんだけれども、でもなんだか女子の方が大変で、楽だと思うのはなんで?

女性が起業するというのは、結構大変と捉えている人もいるだろうし、気が楽だよねと捉えている人もいるだろう。
あ、起業している、または、起業しようとしている女性自身がね。


起業すると、男も女も関係なく、「責任」がでてくる。社会的なルールにのっとって。
予約制にすれば、子どもが熱を出したり、介護をしている親の具合が悪くなったら予約をずらせばいい。なんて言ってる先生もいるようだけれども、
これも、3回もやっちゃうとたぶんそのお客様はもう2度と来てくれなくなっちゃうだろう。
知人が言っていた。何も言わずにすっと消えちゃうお客様を妖精って言うんだって(笑)
予約はずらしてもいいけど、そのお客様は二度と来なくなるかもしれない覚悟はいる。と思う。そうならないようにどうしたらよいか誠意をもってあたらないと。

で、体調管理がとても重要になってくる。
自分の体調管理もしかり、家族の体調管理も。
しょうがないときはしょうがないのだけれども。


ただ、予約制でなく、時間に融通が利く仕事を選んだ場合は、起業すると働く時間が自由になるので本当に楽だ。
突発的なことはさておき、自分にアポを入れておけば、未来の時間はいかようにでもなる。これは、本当に起業の醍醐味だと思っている。


けっこう楽しんで仕事をしているつもりだったのだけれども。


先日、中近東の男性と話をする機会があった。
お互いスマホでGoogleの翻訳サービスの画面を出し、日本語を英語に変換して相手に画面を見せるという具合だったけれども、なんとなく通じた感があっておもしろかった。
で、その中近東の男性が言うのだ。

「女性は、掃除も洗濯も子育ても、食事作りも、家の中でやる仕事がいっぱいあるのに、外で仕事をするって、それはクレイジーだ」

と。

「へ?へ?へ?うそ~~~ん」そんなのやれて当たり前じゃん。そりゃ大変だけど、他にやる人いないんだし、やれて当たり前じゃん。

って、30年近く思い込んできたよ。
でも、国が変われば、日本の女性は異常に感じるのだろうか。


でも確かに。
家事育児がもっと大変な仕事であると認められていたら。
育児中に働こうなんて思ったかしら?

毎日、自分以外の何かに振り回されて一日が終わっていったあのころも、私は仕事をしていた。当たり前のように。頭の中には今と内容は違えどもいくつものタスクウィンドウが開いていて同時進行でくるくると動いていた。
今、やれと言われたらぞっとするような忙しい毎日。

もう二度とと嫌だと思う。
若いからできた。って思う。



そして、それが当たり前だと思っていたからできたと思う。






でも、そもそもなぜ働かないといけなかったかという原点に戻れば、生活するお金が必要だったからで、私の場合キャリアを維持するとかそういう高尚な思いで働いたのではなく、生活のためで、世の多くの働いている女性も男性もそうだと思う。


で、そうそう起業。
たぶん、20数年前も、今も子育て世代が悠々と家で専業主婦をできる社会ではないと思うのだけれども、あ、ほら、「悠々と家で」ってどうよ。(笑)まいいわ。
そんな中で、小さい子供がいて、家事も育児も大変な時期に起業する女性たちの心理って何なんだろう?なんて、思うわけ。
少なくとも雇用されていたら、難しい経営なんていう責任をそれほど考えずに今晩のおかずは何にしようか?とか考えながらいようと思えばいれるのに。


で、
日本の女性が、家事育児、介護をしながら働くって大変、なんもかもほとんどの人が一人でやらないといけないような日本だから、女性は何を習得しないといけないか?
とちょっと違った観点から眺めると、
「時間管理」だなと。
体調管理もすべて、この「時間管理」にかかっているなと

肉体的、精神的に健康でいるためにも。




今なんか、私が子育て中にはなかったスマホなんてものがでてきて、眺めている時間も結構な時間で、ただでさえ時間がないのに。でも、このスマホを駆使すれば、というか、このスマホの出現によって、女性の起業が多くの人に可能になったんじゃないか?
と思うわけで。
自分のベストの時間配分で家事も育児も介護も、そして仕事もこなすには、このハイテクマシーン「スマホ」はとても大きな存在だなと。



ただ、便利になると、空いた時間ができるはず。
ただ、この空いた時間に「罪悪感」を持つ女性がもしかしたら多いんじゃないかな?って思う。
Facebookを見ていても、「一生懸命頑張ってます」「人と楽しく会ってます!」アピールが多く、家で昼寝してますってあげれない自分がいたり。
頑張ってないと社会に取り残されたような気分になるのは、やっぱりSNSのせいだろうなと思う。

だけど、これとうまく付き合う方法があるはず。
仕事とプライベートを充実させるSNSの使い方が。


3月2日に開催する、
Facebook×Instagram女性のためのビジネス活用講座の説明会。
そこでは、そういう話を織り交ぜながら、女性が自分らしいワークバランスを実現させるヒントについてもお話いたします。



猫と戯れながら仕事してます。ってなかなか言えない(笑)
なんでだろ?

憧れた仕事のスタイルのはずなのに。

お問い合わせ 
.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/

JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ