私と息子3とその彼女と。

息子ネタが続きますが…

「こんな年になって、おかんとご飯食べに行く息子ってあんまりおらんと思うよ」

私+長男+次男+三男+次男の彼女
がマンションのエレベーターにのって、1階に降りていく最中に次男が言った。

「そうかもしれんけど、年末おかんハバにしてみんなで焼き肉食べに行ったし、今日ぐらいいいやん」
というと
「それは、しくんだことや」
と長男が言う。

わいわいとエントランスまで出ていくと、冷たい雨が降っていた。
「俺、車回してくるから、ここで待ってて」
と小走りで駐車場に車をとりに行った。

たぶん、彼女がいるから…ということでもなく、彼はそういうやつだ。

私の車に初めて5人の人が乗った。
「なんだか、重いぞ!」と車が言っているような音がした。


鞍月界隈まで短いドライブ。
先週定休日につきフラれてしまった「さぶろべい食堂」に。
2つ鍋、6人前、鶏皮煮、牛すじ、ご飯。
そして、チビと私は生中。
次男はかわいそうに翌日愛知まで出張だそうで、100Km以上の出張の場合前日の飲酒は会社で禁じられているそうで、いつもなら運転手じゃんけんをするところなのだが、じゃんけんなしで飲むことができた♪

よく煮えた鶏皮に和からしをつけて口に入れ、冷たい生中をクっ飲む。
カーッ!!最高!!

すっかり、我が家に慣れた次男の彼女もおいしそうに食べていた。
毎日のようにあっているようだが、この週末は何かしらの用事があって珍しく会っていなかったそうだ。2日間(笑)
で、ご飯でも食べに行こうとお誘いのLINEが入ってきたらしいのだが、その先にさぶろべいに行く話がでていた。
「昨日今日とあってないし、ご飯でも食べようって言ってきたんやけど」
と風呂上がりの次男が報告してくる。
「あら、そんなら二人でどっか行きたいんじゃない?」
「そんなん気にする人じゃないし大丈夫や」

そうは言ってもねえ。

ま、フォローは息子がすればいいか。
ということで彼女の登場。
「あんたら、二人でどっか行きたかったんない?」
と一応彼女にも言っておく。

「大丈夫です」ニコッと答える彼女。

ま、そういうなら、おなかいっぱい食べるといいさ。


20数年前、1年目の結婚記念日に姑から会社に電話がかかってきて(当時は携帯なんてなかったから)「今日めった汁を作ったから食べに来なさい」という話で。
当時24歳の私はもちろん、断ることなんてできず、でもなんで、初めての結婚記念日に姑たちとめった汁を食べなくちゃいけないの?こんな時は旦那が事情を話して断ってくれればいいのに。
と思った。もちろん、だんなはそんな気がきく男ではなく、言われるまま旦那の実家に行き、家に帰ってから文句を言う気にもなれず口を利かなかった覚えもある。
今ならうまいこと言ってお断りすこともできるだろうに、当時はできなかった。若かったものだ。


そんな思い出があるから、姑(まだだけど)的立場にあるものがちゃべちゃべと若いもんの邪魔をしないでおこう。。。と何となく気に留めている。

嫌われたくない。

というのが本音だけども。



内心どう思ったかどうかはわからないが、おいしそうに鍋をほおばっている彼女を見ているとかわいい人だな。と思い、その様子を嬉しそうにみている次男もかわいいなと思い、ついデザートにと帰り道スーパーによってハーゲンダッツまでふるまうことにした。


もう、食べ物をごちそうするくらいしか母ができることはないのではないだろうか?と思うくらいだ。それでいいのだけれどもね。


さぶろべい食堂
鶏肉と白菜だけがすき焼き鍋に盛られてでてくる。
じりじりと鍋を火にかけると、そのうち白菜から水気が出てきて、いい塩梅に蒸発しながら鶏肉に火が通るころには、白菜もしんなりと煮える。
それを特性たれが入った生卵につけながら食べる。
白飯がおいしいのも伊藤家的には評価が高いポイントだ。
鶏皮煮、牛すじ煮も毎回はずせない。

かほく市高松に本店があり、藤江店、松任店とある。

土日は予約不可なので、並ぶのを覚悟しないといけないかもしれない。



数年前1ヶ月に一度参加したビジネス塾でここを紹介したら、それから毎回塾のあとはこのお店で親睦会だった(笑)
それ以外にも、このお店には何人もお連れして、みんな初めは「白菜と鶏~?」とそれのどこがおいしいというのだ?というような顔をしていたが、みんな虜になっていた。

一人前680円。
初めていったころは350円くらいだったのに。
それでも、安いか。若いころは2人前くらい食べたしな。


お腹いっぱいになって、デザートまで買って、わいわいとまたエレベーターに乗って帰ってきた。女の子がひとりいるだけでにぎやかしい。

で、わいわい食べていて写真は撮らずじまい。
代わりに、いつも仲のいい子猫の図。
いつも、どこかくっつきながら眠っている。
一日みていても飽きない。

お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ