そのごみ袋を所定の場所にもっていってたら、毎日はもう少し楽しくなる

「なんか、ちっとも楽しくない」

日勤を終え、夜の11時に帰宅したチビが缶チューハイを開けながら、吐き捨てるように言いました。

そりゃ、そうでしょうよ、そうでしょうよ。
朝8時前に家を出て、もう夜中だという時間に帰ってくる日勤と、夜の8時前に家を出て翌朝、、というかお昼近くに帰ってくる夜勤を3日交替中48時間休日で繰り返しているのですもの。友達ともなかなか遊ぶ予定があわないまま、友達は仙台に3年間の転勤。
つい「なんか、ちっとも楽しくない」と愚痴を言いたくなる気持ちもわかります。

かわいそうに。

と母親だから思います。

「今の給料が半分になる覚悟ができれば、会社を辞めるっていう選択肢もあるよ?」

と母は意地悪なことを息子に言います。

「そうねんけど。そうねんけど。」


さて、愚痴ついでに、会社のちょっと変わったおじさんの話をしだしました。

ごみ箱がいっぱいになったので、そのおじさんはごみ箱からごみ袋を出して口を縛ってそのごみ箱の前にそのごみ袋を置いたそうです。
すると、同僚から「今日はえらい人が視察にくるからそのごみを所定の場所にやっておくように」と言われていたそうです。
チビが数分後に用事がありそのごみ箱のところに行くと、ごみ袋は無くなっていたのでおじさんが持って行ったのだと思って、自分がもってきたごみを捨てようとごみ箱を開けると、先ほど外に出したパンパンに膨れたごみ袋が押し込めてあった。
なんなの??あのおじさん??

というのがチビの話です。

「で、あんたはどしたん?」

「へ?」

「そのごみ袋を所定の場所に、もちろん持って行ったんだよね?」

「へ?そんなことしんよ」

「そのごみ袋を所定の場所にもっていってたら、毎日はもう少し楽しくなると思うな」

「え?なんで?」





「仕事を一生懸命しなさい。他人様のお役に立っているという実感がでるまで一生懸命仕事をしなさい。そうしたら、きっと今よりも楽しい毎日なるから」

「え~~!そんなん俺のがらでない」

「楽しいってのは、他人様に与えてもらうものではないよ。自分で見つけて自分が感じるものだよ。仕事でも、遊びでも。楽しいは誰のものでもない自分の中にあるから」

「う~~~。俺たぶん今まで生きてきた中で5回くらいしか一生懸命になったことないわ~」
「(笑)。たぶん、その一回は生まれてくるときやじ。死に物狂いで産道通ってくるっていうから。そしたら、20年のうちの4回って、、5年に一回か~~い」

「そういえば、高校の時にものすごく頑張ったの思い出した。電気回路の問題で回答いがいのもっと単純にできる回路を構築しなさいって問題で、俺急に頭がくるくると動き出して、あ~~~あの時本当に脳みそがくるくるくるくる動き出した感じだった。電気回路が全部頭の中で走り出して、止まらなかってん。あんときは頑張った!って気がする」

「で見つけたん?」

「うん。見つけた。面白かった~あれ」

「その感覚が毎日起こると楽しいぞ~。おかんは毎日そんなだ。おかげで脳みその回転が止まらなくなって眠れないときもあるけど。でも楽しいぞ。」

そこから、また、なんか違う話になってしまったけども。
「楽しい」を味わうのは、何も休日の遊びの中にあるとは限らないのだ。

脳がワクワクとする状態は、無我夢中、一生懸命の中にあると思っている。
仕事でも、遊びでも、どこにでも「楽しい」はあって、どこにでも「つまらない」はあって。
チビは、大きな生産ラインの中で動く機械をメンテナンスする仕事だ。
某企業が5年かけて工業系の高卒を育てる計画の中で、若干の期待のプレッシャーがかかりながら仕事をしている。
去年は一つも仕事ができないので落ち込んでいた。「高卒にいきなり期待してないから教えてもらいながらやりなさい。できなくて当たり前なんだから」と毎日毎日慰め愚痴を聞いていた。
今年は去年の彼と比べれば、顔つきも違ってきたし、愚痴の内容も変わったし。
さすが高卒。素直で吸収力があるな。とみているが、本人はつい1年前ではなく、いつも高校時代のゆるい毎日を思っては「今日」を悲観しているのだ。

そして、私も息子の話だから、聞ける。腹も立てず、なんだか、ちょっと心配しながら、でも、なんか、「かわいいな~」と思いながら夜中11時に帰ってきた息子の愚痴を白湯を飲みながら聞くのだ。



昨日は1時間ほど話を聞いて、寝ようと思ったら友人からのアドバイスメールメッセージがきていることに気づき、そのアドバイス通りにあるものを修正したくなったら、やらずにいられなくなり、、、気が付けば2時を回っていた。
そして、脳みそは回転しすぎて、フリーズしそうだった。


そういや、こんな感覚で「楽しい」と思ってワクワクと仕事をするなんてこと、雇われている時にはめったになかったな。それなりにはあったけど、ここまでじゃなかった。
誰かに褒められたいとか、誰も見ていてくれないとか、評価を期待しながらやってるとこもあっただろうし。

今は、自画自賛。
自分のやったことは、自分で褒める。
あ、自分でけちょんけちょんにけなすこともするけど。
基本、めっちゃ褒める。(笑)


昨日は、12月のFacebook社での研修の仲間が福井から会いに来てくれた。同じ北陸なので珍しくもないが、和食でいろいろ近況報告をした。
パートナーの坂本さんも一緒にテーブルに並びきらない大ごっそをいただきながら。
福井は鯖江がすばらしいらしい。
鯖江と言えば短大時代バイト先の割烹屋があった土地で、当時バブルのころで、バイト先には鯖江といえばメガネ産業の社長たちが毎夜毎夜きれいなお姉さんをつれて食べに来ていた思い出しかなく(笑)
そうか、鯖江か。
と30年前の記憶がよみがえってきた。
北陸は、頑張ってるね。ちょっとテンデバラバラだけど。
これが一丸となったら、散らばっているお金がまとまってもっと確実な何かになるんじゃないか?と思うけれども。

金と富と福がある北陸ねんよ。
なんもしなくてもパワースポットぽいやんね(笑)

お土産に、福井人がおすすめの羽二重餅をいただきました。
この系のお餅大好き!!!!

チビの夜中の愚痴を聞きながら、ひとつふたつつまみました♪
非常いうまし!!
今度から福井方面に行ったら、、いや、福井方面言って帰ってくる時やな。尼御前SA下り限定って書いてあるし。買ってこよう~~~っと。


繋がると、また新たな情報が入ってくる。

それがネットで加速度を増す。

お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/


今年も『JimdoBestPages』ノミネートされました!

JimdoBestPages2016 ノミネートサイト
http://www.jimdopages.com/bestpages/

株式会社ハートハウス 様 http://www.hearthouse-kitchen.com/
小林花代税理士事務所 様 http://hanayokobayashi.jimdo.com/


JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。