わけもわからず、ただただがむしゃらにきた40代の卒業式のような誕生日

20代男性から、ホワイトディにとプレゼントをいただいた。

さて、問題です。下の写真の中から、20代男性のホワイトデーのプレゼントはどれかお答えください。



  1. 鉢に入ったお花。
  2. ピンクの女子力高い花束
  3. ももいちご
  4. あまおう
  5. 銘菓森八のお菓子



たぶん彼は、普段の私の様子を(お客様のご子息)見ていて、私が喜びそうなものを、好きそうなものを、と一生懸命考えて、わざわざ仕事の合間に買いに行ってくれたんだと思うと、もうかわいくって、いとおしくって。
キュンキュンきちゃいました。

若いって、素敵!!
ピュア。
忘れていた心の奥の方の感情が、プクプクと桜のつぼみみたいに膨らんだ感じ。

けっこう、感性豊かな方だとは思うけれども、25年前のフレッシュな感性は思い出すことも難しくなってきていて、こうやって、時々お若い方と接することがあると、申し訳ないがその若いエネルギーをまるで吸血鬼のようにチュ~~~~~~~~~っとすっている気分になり、そして、すごく若返ったようなきになる。
だけど、彼らは若いからきっと、枯れそうなおばちゃんがエネルギー吸い取ったくらいじゃびくともせんのやろな。



昨日は50歳、大台にのった誕生日でした。
息子たちから「半世紀生きとるじぃ」と前日に言われ、ありゃ~~ほんと半世紀だと思いました。50歳になるのはすごく楽しみにしていました。
少々ガタがきている感じとか、少し世の中わかってきた感じとか、なにかにじみ出る人生観が人それぞれ出てくるような年頃だと、諸先輩を眺めながら、非常に、非常に憧れていました。

が、実際は、なんなんだ???このなんの成長もない、いや、45を過ぎたあたりから年々わがままな子どもに逆行してるやないか???
なんかおかしいぞ。

とまあ、ありゃりゃ~な感じです。


ただ。
昨日の誕生日の1週間ほど前。
「17日から友達と温泉行ってくるわ」とチビが言い出し、「ふうん」と不服そうに返事をすると、「迷ってんけどいね、おかんの誕生日やし」と。
まあ、迷ったけれども行ったんですけどチビは。

次男もこの日有休をとって「スノボ♡」とか言っていたし。スノボの時は晩御飯家で食べないし。

そして、昨日の当日の18時30分ごろ「お腹減ったし、帰りになんか食べてくるわ」と長男からLINE。「誕生日やけど、別にいいよ」と嫌味の返信をしてみたが暖簾に腕押し。
続けざまにやっぱり次男から「おれも、いらん」とはいってきた。

「おかん、グレかもしれん」と送っておいたが。


私は両親の誕生日をすぐに忘れる。それは、息子たちよりも若かったころから。母親の誕生日は特に終わって1週間もたってから「あ」と思い出す。
そんなもんだろうと思っている。
だから、息子たちが母親の誕生日をそうもアニバーサリーな気分にならないことは、なんらおかしなことでもない。
たぶん、、、今まで「母親」である私が子供たちなりに心配だったんだろう。いろいろ寄り添ってあげないと見てられない。なんて本能で感じていたのかもしれない。
痛々しい母親だったんだと思う。
たぶん、、、そういうのが、なくなったんだと思う。「もう大丈夫やね」と安心して私のことを気にしなくてもよくなったんだと思う。

なんやかやと、体はガタがきだして、メンテナンスをちょくちょくしながらいなくちゃいけないけど、あと15年くらいはバリバリやっていけそうな感じだし。
振り返った15年は、子どもたちを大人にするのに必死だった15年だったから、ここからの15年はこんどは、他人様のお役に立つことに必死になるかな?そしてその後15年は人様の迷惑にならないフェードアウトを考えながらしみじみと暮らしたい。


しみじみと暮らし、しみじみと思い出される人になりたい。



「何食べたい?」とS様が。一緒にご飯を食べてくれるらしい♪
「お好み焼き!!」と少し迷って答えた。
「え~~~!!お誕生日にお好み焼き????(笑)」
だって、食べたかったんだもの。

「お好み焼きは友達と食べに行くものだよ」
と最近息子たちを誘っても却下されるので、「お好み焼き」は友達と食べに行かないとダメなんだなとあきらめた。

確かに、鉄板で焼きながらいろんな話ができるお好み焼きは友達と食べたほうが楽しいかもしれないな。。とか思いながら、「食べ放題コース」を注文し、サイドメニューのサラダや焼き野菜がやたら多い女子力満載の宴になった。

わけもわからず、ただただがむしゃらにきた40代の卒業式のような誕生日になった。



 チラシ、パンフレット、名刺、ホームページ用バナー作ります
パワーポイントでファイル納品

 WEB文章作成支援

Facebook、Instagramビジネス活用講座
Facebook#起業女子プロジェクト~石川・富山~
Facebook×Instagram 女性のためのビジネス活用講座


お問い合わせ 
.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/

JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。