行楽弁当をワクワク作っている感覚はホームページを作っている感覚に似ているのだ!(^^)!

私のホームページ制作料は高いか安いか。

決まったテンプレートに言葉を埋め込み画像を埋め込んで出来上がるような仕組みが出来上がった制作会社さんと比べるとたぶんお高いと思われ、
カメラ撮影やら、プロの画像処理や、その道のプロ集団で作り上げる制作会社さんと比べるとお安いと思われ、
そして、往々にして、お安いところは、
中身の文章やら、画像やらの作成、選択は、お客様の手にゆだねられていることが多い。
じゃ何を制作会社はするのか?と聞かれれば、ページデザインや、htmlのコーディングなどということになる。
高いか安いかというのは、何に比べて安いか高いかという相対するものがあっての比較として感じるものである。
お客さの立場で、いうと、自分の財布加減と比べて高いとか安いと思う場合もあるし
いろいろ他社と比べて単に値段だけで高いとか安いとか思う場合もあるし
今までホームページを作ってもらった時の金額と比べて高いとか安いとかもあるし
過去と同じ金額でも、サービスの内容によって値段の割に高いとか安いとかもあるし

そして、制作者サイドにおいても、自分のところの価値を考慮したうえで価格を決めているので、どこの会社にとってもその値段はベストなはずなのである。


私のところのホームページ制作にかかる費用はお客様によって千差万別ではあるけれど、おおむね、「サービスの内容を考えると伊藤さん損してませんか?」と言われることがほとんどで、ごくまれに私のサービスをまったく受けようともせずに、「高い」とおっしゃる方がいるが、そういうお客様は金輪際お断りするつもりなのでひとつの反省事例として心に刻むことにしている。


ホームページの構成を一緒に考え、ソフトの操作指導を行い、デザイナーやコーディング屋さんとのディレクションを行い、と3か月から人によっては半年間寄り添ってホームページを作ってくれる制作会社はおいそれといないと思っている。
特に、ホームページの構成の部分を毎週のように訪問して2時間3時間と一緒になって作ってくれる制作会社はなかなかいないと思う。
この部分は、お客様が答えを導き出すように導くスキルが問われるので、誰にでもできないからだ。
でも、その部分を一緒にやるからこそ、ページに載せる段階や、それをデザイナーに依頼するときに関わる人の目指す方向性が一本化し迷いのないページつくりができるのであって、一緒に数か月考え抜いたページが、デザイナーの手によって、ドンピシャ思い通りのデザインラフで手元に来た時など、鳥肌が立つくらい感動する。

それくらい、誰に、どんな情報を渡して、どういう行動をとってほしいのか。

というのを明確にする。



そして、これは、反省とともに書いておくが、
私のこの構成部分のサービスを拒否された方のページは、結局デザイナーに発注してからが「これじゃない、こんなじゃない」とスムーズに運ばなくなってしまうのである。
お任せを希望したはずなのに、いざ手元に来て初めて自分の思いが伝わっていないと気づくからである。
私と面倒でも数か月頑張れば、そういう残念な気持ちを味わずに済んだのに。。。

ま、この反省をもとに、丸投げタイプをご希望のお客様はお断りしているけど。


ホームページつくりを料理によく例えるけど
温めるだけで食べられるレトルトのカレーも、値段によって使っている材料、作っている工程、そして「味」が違うのだ。
人の労力が価格になる。
材料だって、もともとはそれを作っている人の労力がある。
人の労力ということは、人の時間を使っているということ。

その価値をどこまで欲するのか。
それによって、制作会社を選べばいいと思う。


「伊藤さんのところは高いよと聞いたんですけど、でも伊藤さんに作ってもらおうと思ったんです」
となんとまあ奇特なことをおっしゃる有難いお客様がいらした。
ホームページが出来上がったときに、お支払いいただいた金額が「高い」と感じるのか「安い」と感じるのか、一生懸命関わらさせていただこうと思う。


ホームページつくりは楽しい。
私とホームページを作った多くの人は作っていると日が経つにつれキラキラしてくる。
ご自身のビジネスの指針がしっかりと見え、ワクワクしてくるらしい。
そして、よく笑う。笑いながら作るホームページだ。
どのページにもエピソードが満載で、私はお客様のページを眺めながらそのエピソードを思い出してはほのぼのしている。



私がホームページ制作で心がけていることは一つ。
ホームページを作るお客様のお客様が安心して、喜ぶページを作ること。


来るお客様が誰か決まっていて、その方たちに召し上がっていただこうと思って作る料理は本当に楽しい。ふたを開けて「わあ~~!」と驚く顔や、どれから食べようかワクワク選んでいる様子をイメージして、これでもかこれでもかとサプライズを仕込みながら。

ホームページつくりはまさにその感覚であってほしい。


.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/

JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ