できれば働かずに遊んで暮らしたい。

2年前、ホームページに特化してがんばる!
と決めてから急に東京に出向くことが多くなり、今までいたってローカルな世界で生きてこれたのに、日本全国各地の方と知り合うことになり、
一気に刺激がやってきた。

そこに去年、お手伝い程度ならと関わり出したプロジェクト。
金沢の畑で仕事をするということが、実はとても恵まれていることを知った。
少ない市場。
けれどもそんなに競わなくても仕事が来る幸せな土地。
地元に根付くと決めれば、それなりに幸せに暮らせる。それが金沢なのだ。
ということを知った。

伊藤さんの熱は、都会では暑苦しくて向かないかもしれないね。

言われた時は「なんやと!」と思ったけれども、確かに、確かにそうなのかもしれない。
が不思議なことに、東京の人たちとも関わり、仕事ができているのだ。
この、熱っぽさでも(笑)

東京だろうが、金沢だろうが、
なんだかいろんな方言が入り混ざったわけのわからない言葉で一生懸命熱く暑く厚く語る私に翻弄されてしまうのか、もしかしたら魔術でも使ってんじゃないかと自分でも思う時がある。

たぶん、きっと、少しだけ魔法が使えるのかもしれない。

全国に知り合いらしきものができて、見えて来るものが歴然と違ってきた。
東京で仕事したい!試してみたい!
そう思った瞬間もあったのだけども、いやいや、この金沢でやらなくてはいけないことも結構あるやん。
ということが、全国を知ってそして金沢を見て感じたこと。

何も金沢よ、東京を目指せ!

というつもりはない。
逆に東京に負けない良さというか、武器があると思ってて、
要は、ココが大好きなのだ。

女性の起業率が石川県は低いらしい。北陸の中でびりっケツらしい。
たぶん、起業しなくても女ががんばってやってきた土地柄だからじゃないか?と見ててそんなに悲観することでもないし、返って優雅でいいじゃんって思う。

やっぱり、「働かなくていい」ということに憧れる。
働かなくても食べて寝てウンコして生きていけるなんて優雅じゃんって思う。

働きたいから働けばいいし
働かなくては食べていけないなら、働かないといけないし
働いていないと人としてどうよ。と言われるのは申し訳ないが男たちなわけで。
そういう古臭い頭で、いいんでない?


別になくても死なない。
そういうものにお金がいるようになって、でも時間は24時間しかなく、あれもこれもしなくてはならなくなった現代。
それもまた、今だからしょうがない。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ