想定外!紙質がインクジェットNGやったんですわ。

8/25のイベントのチケットは「はがき」で作っています。
今回坂本さんと二人で頑張っていますので、できるだけ作業効率をよくしないと、モタモタになってしまいます。

なので、チケットをはがきにして、郵送をご希望の方には宛名を書いて切手を貼って、手渡しをご希望の方にはそのままチケットとしてお渡しできる。一石二鳥を狙いました。

ま、それは、よかったのですが。
宛名を書くという作業、あの年賀状でさえ私は、プリンターから一気にぽんっ!とやってますので、チケットの宛名もぽんっ!のつもりだったのですが、はがきを印刷に出すときに紙質をインクジェット対応にしなかった。

ので、
愛情込めて一枚一枚手書きで。。。
ということになりました。
非常につたない字で一生懸命書いたんだな~~というはがきが届くことと存じます。

にっぺんのみこちゃんに習っておけばよかった~~~!!!
と今更思う始末。。

ラベルで貼るというてもありますが、お申し込みのあった順番に出していくとなると、手書きの方が楽のような気も致します。


プレゼンをあえてスケッチブックでアナログにやったり、宛名を手書きしたり、ITのお仕事をしているからこそ、、、味が、、あるか、、、な?


主催者の坂本と伊藤
二人ともイベントには慣れていますが、イベンターではないので、従来の仕事をしながらちょっとした隙間を見つけては、チャットやWEB会議やらで打ち合わせをしています。
時々東京とも打ち合わせもやってます。そして、WEB運営やら、印刷物やら、お金の管理やら、受付業務やら・・・えとせとらえとせとらえとせとらえとせとら~~
スーパーウーマンのような仕事っぷりだなと、自画自賛しとります。

それもこれも、パソコン、スマホ、そして、インターネットがあるからできることです。
たぶん30年前の5倍量の仕事くらいはこれらのおかげでこなせるようになったんじゃないか?って思います。すんばらしいですが、本当はだから時間が余らないといけないんですよね。5倍で仕事ができるようになったのら、時間は4/5余らないといけないよな?(計算あってるか?)

ま、それでも、楽しいので。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

オーラキラキラの石井さんでした。

雑なサービス。

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん