物語にどれほどの感動力があるか。

お店の物語が垣間見える面白さってあります。
逆に物語が感じられずがっかり。。。ってときもあります。

物語には主人公がいて、わき役がいて、そして、人をひきつけ感動させる展開があります。
これは、店主の「思い」や「こだわり」とは違うと思っています。
そして、主人公は決して店主ではありません。
ひとつの「プレゼン」なんです。
お客としてかかわったときに自分がそこで何を得るのかがはっきりとわかるプレゼンなんだと思います。


そして、それは、店主が語らずとも、自然と口づてに広まっていくもの。
口コミは料理のコスパよりも、物語の面白さなんじゃないか?
と思います。


昨夜伺った、お隣富山県の「薪の音」。
田舎の民家と畑や田んぼがある何の変哲もない田舎の風景に溶け込んだ不思議なたたずまい。
ひっそりと、あたたかく出迎えてくれるような。
不思議なお店でした。


このお店一言で紹介すると・・・
「お忍びにいいです」(笑)

 北陸TUNAGARUマルシェPhotogallery


ピンチをチャンスに変える!専門家との出会いをつなぐ
 北陸TUNAGARUマルシェ

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/

JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ