神様のご褒美。

やらなかった理由、やれなかった理由なんて後付けで何とでも正当化できるけれども、やっぱり「やった」という事実はどんな理由や言い訳を持ってきても確固たるもので、薄っぺらいその場しのぎの言い訳なんて、しょせん太刀打ちできないことは本人が一番よくわかっている。

という落としどころのイマココ。
なんのこっちゃ意味がわからんね。

ま、むちゃくちゃ腹が立つことがあって、どうしてくれよう!!とか思ったけれども、相手にしちゃ損だと一旦収め。でも、ふと蘇ると悔しくて涙がハラハラとでるので、もう一回しっかりと自分と向き合ってみて、やっぱり、相手にしない方がいい。となった。
みたいな。
意味わからんね。(笑)

さて、起業してから、名刺交換をした後日、お礼状が届くことに感動している癖に自分では一向にやらず「いいと思っているんだけどね、字がきれいじゃないから~」「とかやりたいんだけど、なんか機を逃して~」とか言い訳してきて7年。

いつも内心思っていた。「やったらいいと思うのだったらやれよ!」って。

そういいながらもやれないやらないだろうな、
だって、「なまくらもん」だもん。
と、自分のことは一番わかっているのだよ。
自分が何をばれたくなくて言い訳してきたのか。
「なまくらもん」
「ケチ」
はがきを買いに行く時間や、切手代やらがもったいない。
文章を考えたり、宛名を書いたりするのが面倒。

ほんと、人に堂々と言えないことが、一番の原因なのよ。
ま、それでも、7年取り繕ってごまかせたわけだけれども。


今年5月。金沢法人会の総会の席で、とんでもない席に偶然座ることになり、大御所の大先輩に「今日名刺交換した人にお礼状を書きなさい」と言われ、
え~~~~~~~~!!!メンドクサイ!!!(だって、ここにいる方々私のお客様になるような方々でないもの~~~~!!)と思ったけれども、あまりにもその大先輩がおとろしくて(愛情込めてなので先輩!!)ビールを何杯のんだかわからないふらふらな状態でパソコンを起動し名刺を広げたまたまあったはがきにお礼の文章をネットから参考例を探して考え、そして、翌日の朝一ポストに投函し。。。
その日が5月19日じゃなかったら、きっと私は一つの気まぐれな出来事で終わったかもしれないのだけれども、この日は7年前、金沢情報の営業さんにブログを紹介されてその日から7年書き続けることになった記念すべき日だったので、何か運命めいたものを感じてしまったの。

「ちょっと、続けてみよう」

お礼状を出すというアンテナが立つと、それに必要な情報が集まってくる。
たまたま100円ショップに行けばかわいいシールや、マスキングテープに目が行き、クラフト紙のはがき70枚入りだって見つかってしまったのである。
カラフルな筆ペン細字だって見つかってしまった。

沢山になったマスキングテープを握りしめていたら、それを収納する便利なケースも見つかり、あれやこれやを入れるふた付きのケースまで見つかった。

ますますテンションはあがり、名刺交換をするのがちょっと楽しみになった。

意外と引っ込み思案で名刺交換は緊張して好きではありませぬ。
でも、お仕事だから必死でやってますの。
そういうテンションだったのが、ちょっと楽しみに。

言い訳して、何者かのせいにしてやらなかった時には気が付かなかったことが起こっている。すでに。たかだか一枚のはがき。しかも、ビジネスチックになっては埋もれる!とあえてのユルサ。
かしこまらないから、フットワークが軽くなる。

シール探しが楽しみになって、少女のころ箱いっぱいに集めていたのを思い出す。
今は大人だから、シールくらいどれだけだって買える♪いいだろ大人!とか思ったり。

そして、第一印象と、このお礼状を出した後の反応は比例する。これに関しては詳しく書かないけど。

と思うと、お礼状をもらっているのに、ちゃんとお返事をしてこなかった私はすごく不義理な人間だ。でも、これからは心を入れ替えて(チョットアヤシイケド)やる。やろうと思う。とりあえず、はがき大のクラフト紙はいっぱい買ってある。


やると言ってやらないのが許せないタチ。
やらなかったことを正当化して都合のいいような解釈で煙に巻こうとするのなんて最低!
って思うけれども、たぶん、自分でよくわかっているだろうから、後ろめたいだろうね。
やったほうが気は軽いもん。

たかだか、ハガキ一枚書き始めただけで、どんだけ続くのか怪しいものなのになんだか偉そうな私。

昨日次男をランチに誘い、半分やけくそな気分だったので、こんな時は買い物に限る!
と、メガネを新調することにし、見ると次男のメガネもガタガタなのに気が付いてしまい、彼にも一個買ってやることにした。
彼は今年、アホをやっていたことが母にばれ大目玉をくらって数か月私に頭があがらない状態だったのだけれども、その時に取り交わした約束を守ったようで、私も約束を果たすのを見守るのが少々きつかったけれども、そうやって親子で頑張っていたら、神様は前出しで解決をしてくれることになった。人生そんなもん。ご褒美は自分であげなくても必ずやってくる。ちゃんと頑張っていれば。

そうなると、本当は手助けしたかった私の心をやっと解禁することができ、その手始めがメガネ。だったわけで。
素直に喜んでいる次男の顔を見ると嬉しくなって、ふとメガネ屋の向かい側を見ると、ネイルサロンがオープンしてお試しキャンペーンをやっていたので、次男を待たせてネイルをしてもらった。
次男はいつもなら「やだ」というだろうけどもこの日は数万円のメガネを買ってもらったので何も言えないだろうというのは計算づく(笑)

あと2回分の割引券ももらった。
この後、お楽しみごとや、大きなセミナーを抱えているので、きれいな爪で行ける♪
とまたテンションが上がる。

あ、そうそう、金沢にメガネ屋さんは数あれど、示野イオンの中にあるメガネスーパーさんは、ちょっと変わったフレームが置いてあって派で好きにはたまらないよ。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ