「結果を出す人」になれてる?

特に文具通と言うわけではないのだけれども、使い勝手がいいものは好きです。

美崎栄一郎さん監修の「結果を出す人」のビジネス手帳。
もうかれこれ5、6年使っています。
スマホが普及してスケジュール管理を紙かデジタルか悩ましいところなのですが、どうも私はPCやスマホで見た情報は「映像」となって記憶されるタチのようで。テキスト情報として脳に記憶するためには、紙とペンで派でないとあきません。

私のスケジュール管理は「時間単位」何時何分に誰と会うのか。
それを管理することが大きな目的。
会う時間、移動する時間、パソコンに向かう時間、家族の予定との兼ね合い、遊ぶ時間。

これが、手帳を広げてかっつまっていると
「心の余裕がなくなる注意報。」

としています。
私の場合半分以上が「アイディアを出す」仕事です。
「伊藤さんは実務のヒトよね」と言う人もいますが、私にとって実務は当たり前にできることであって、誰にも負けない自信はあることであって、でもそれを仕事にはしたくないと思っているんです。だって、めんどくさいんだもの。しかも対価設定がみなさん低いし。ちょっとやって~。みたいなノリでこられると困るんです。
だから、これは自分のためにある才能。

話がそれちゃった。
「アイディアを出す」ためのほどよい余白のある1週間。

というのを見渡すにも、時間スケジュールが目視しやすいこの手帳が気に入っている一つです。


また、この手帳は方眼に罫線があるので、字が汚い私には非常にありがたい。
マス目があるとそこに文字を収めてたくなるので汚いながらも後から見て認識できる文字に書けます。これは、もうひとつのお気に入り文房具「スタイルフィット0.38」との相性がよく、このペンでこの手帳にスケジュールを入れているとできる女になった気になります。

美崎さんの手帳は毎年ユーザーからのフィードバックを集めて改良がされます。今年の大きな特徴は今まで10月はじまりだったものが11月はじまりになった。
気が付かずに、「今年も10月から手帳変えます」とFacebookにアップしたら、美崎さんじきじき2018年は11月はじまりだとコメントが入りました(ウレシイ♡)
理由は白紙を増やすことだそうで。
確かに1年分のメモを取るには少ないと感じ、はがき大の付箋を用意してそこを補ってきました。でも、手帳がふくらんでモタモタみっともないなと思っていたのでこれはありがたい。

で、余談ですが、来年の運気は前年11月ころから徐々に影響が出てくるとどっかできいたことがありますから、ある意味節目は11月の方がよいのかもしれませんね(笑)

「結果を出す人」のビジネス手帳は
手帳は毎年夏になると予約販売が始まり、9月中旬にアマゾンから届きます。
で、2018年の手帳がやってきました。
鬼が笑いますが、来年はどんな年になるでしょう?
私的にはこの2年突っ走ってきた感があったのですが、今年は迷いの年でした。(でしたってまだ終わっていないけども)
10年の節目まであと3年どうなりたいの私?
を何度も何度も自問自答しています。

答えはまだ見つからないです。

かといって考えてばかりいても始まらない。
動いて、一生懸命動いているうちに、気が付けば答えが出ているのだと思います。
ということで、来年の手帳もきましたし、2018年を少し意識しながら仕事してみようと思います。

Amazonで買えます。
-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------
【NEWS】
2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。
今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。
ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかないといけません。

まずは、Jimdoからのお知らせが届いていると思いますのでそちらをご一読くださいね。
Jimdoからのアナウンスページはこちらから
「アカウントの作成」の意味がわからない。と言う方はご連絡ください。日程調整をしてJimdoCafeの開催を調整したいと思います。
-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと