敷居が高いお店になる。

「敷居が高い」

という言葉があります。
まあ、ご想像通り、「不相応で入りづらい。」
と言ったようなニュアンスでとらえていますよね。
でまあ、これで記事を書こうと思ったので、改めてググってみました。

「敷居が高い」
は言葉の誤用ワースト3に入るくらい間違って使われているそうです。
危ない危ない。そっちの意味で書くつもりだったので。

本来の意味は
「義理を欠くことやご迷惑をおかけするようなことがあって、その家に行きにくい」
と言う意味です。
確かに、そういわれればそういう意味だよな。
なんて思います。

で、本来の意味ではなく、
「不相応」という意味合いのお話なのですが、、、


ビジネスをしていると、いろんな理由で客層を変化させなければならない時が来る時があります。
女性は特に働ける時間が限られ、体力が限られ、その中で売り上げを伸ばすときにはどうしても客単価、時間単価をアップさせていかないと、忙しいけれど売り上げが伸びない壁にぶち当たり、病気になるか、家族が崩壊してしまいます。

この時に、従来のお客様と違う層を狙わなければにっちもさっちもいかないということが起こります。
それを誰かに相談すると
「敷居が高い店にしたら?」とアドバイスをされた人が、「敷居を高くするということは具体的にどうすればいいんでしょう」とご質問いただきました。
たぶん、その方の表情から察するにちょっと高級にしていかないといけないのよね。でもちょっと周りの人にきらわれないかしら?
と言った具合なんだと思います。

さて、ちょっといままでより高級にみえる発信ってどんなことを書けばよいのでしょう?


発信というのは、何者かに見せるためにやるものではない。

と言うことをお伝えしています。
発信というのは、その情報が必要な人にわかりやすく届くようにすることであって、必要でない人には見向きもされないようにすることです。

なので、何を一番にしなくてはいけないかと言うと

月や年間どれくらいの売り上げを達成したいのか?
稼働日数、稼働時間はどれだけか?
客層は?

これを決める。
そこから出てきた客層の中で、理想のお客様を作りその人がわかりやすくありがたい!と思う情報を発信するということ。

そういうお客様を釣るためにどうこうということではないのです。


月の売り上げ目標100万円
稼働日数20日
1日の稼働時間3時間
自分一人でやっているので、1日1人が限度。

この場合、客単価は5万円でなければ目標金額は達成できません。

「月に100万円売上たいんです!目標なんです!」
と言いながら、ひとり5000円のセッションメニューというのは物理的に無理!!
と言うことになります。

かといって、5000円でやっているサービスと全く同じものを5万円にするというのはちょっとねえ。。。
5万円を何で構成するのか。
そこを一生懸命考えてみるとよいです。


これ、しっかりと考えると、仕事が楽しくなります。
儲かるから楽しいのではなく、5万円分のサービスを一人のお客様にできるということが楽しいんです。
人のためになるサービスをしていれば、そういうことになるんです。知らず知らずに。

人から時間やお金を奪っている。
というところから離れられないと、とうていできない数字だと思います。


目標を狙うために、何を準備しないといけないか。
思い描いたお客様に安心感や信頼感を持っていただくために、何を発信すればよいか。
こういうベクトルになるとい、「発信」は苦痛ではなくなります。


明日から次男が出張で1ヶ月海外です。海外出張にもだいぶ慣れてきたようですが、1ヶ月は初めてなので、ちょっと寂しいです。
昨日から彼の好きなものを・・・と作っているのですが、まあ、母親と1ヶ月離れるよりも離れたくない相手がいますからね。ま、それでいいんですけど。

それでも、今日はさすがに準備があるので家でご飯を食べるらしく、あれこれと好物をまた作りました。

次男が返ってくるころには、紅葉が・・・とか言っているのだろうな。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------
【NEWS】
2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。
今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。
ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかないといけません。

まずは、Jimdoからのお知らせが届いていると思いますのでそちらをご一読くださいね。
Jimdoからのアナウンスページはこちらから
「アカウントの作成」の意味がわからない。と言う方はご連絡ください。日程調整をしてJimdoCafeの開催を調整したいと思います。
-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと