二足の草鞋と発信

二足の草鞋を履いている場合の発信はどうしたらよいですか?
という質問をいただきました。

例えば二足の草鞋でFacebookの発信となった場合。
まずは、ビジネスページをそれぞれ作ることをお勧めします。ビジネスページに二業種が入るとみている人が混乱してしまいます。
ご相談者の方もそこを心配されていました。

が、個人アカウントをふたつ作る必要はありません。


でも、ビジネスページにアップしたことを個人アカウントでシェアしていると結局見ている人は混乱しないか?
という不安が起こります。


ビジネスページはビジネスの情報を発信するところです。
では、個人アカウントは?
個人アカウントは「人」「キャラクター」を発信しているところ。とすれば、二足の草鞋を履いた発信者がキャラクターとなって認知されればそれでよいのです。


私は発信するときは毎回「ペルソナ」を準備しています。
「ペルソナ」に向かって情報を渡すような感覚です。
そして個のペルソナは毎回違う人物です。


発信というのは、自分が何を伝えたいか
ではなく、
誰にどんな情報を渡したいか
ということなので、この 誰=ペルソナ が確立されていると、発信によって混乱が起こることはありません。

混乱が起こると思って漠然と発信するから混乱が起こる。
ということになります。

失敗しないコツは
ひとつの発信にはひとりのペルソナにすること。
途中からペルソナがかわってしまったり、ペルソナがなくなって大衆になったりするとその発信は混乱を招く発信となってしまいます。


-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------
【NEWS】
2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。
今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。
ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかないといけません。

まずは、Jimdoからのお知らせが届いていると思いますのでそちらをご一読くださいね。
Jimdoからのアナウンスページはこちらから
「アカウントの作成」の意味がわからない。と言う方はご連絡ください。日程調整をしてJimdoCafeの開催を調整したいと思います。
-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ