営業ってね、そういうことじゃないんやわ!

「興味のない話を延々聞かされる苦痛を身をもって知って、人の振り見て我が振り直せって思ったの」

保険やさんや、化粧品やさんや、携帯やさん
に今までこの経験をしたこと多かったかな。
こちらが知りたい情報を知りたい。
なのに、向こうはキャンペーンだとか自分が得意なことだとかを延々しゃべり続けている。途中で話の腰を折るのも悪いような、でも全く興味がないので、しまいに腹が立ってくる。
だって、時間がもったいないんだもの。


これまた、時間泥棒なわけで。。。



要は、こちらがどんな情報を知りたがっているのかやっぱり物売りはリサーチしないといけないと思うんですよ。
いや、しないといけない。


先日、ずっとかけていた保険を解約しました。
担当は高校の同級生でした。
もうそろそろ10年の更新年になるころだというのもあったのですが。
「解約の理由というのは、こちらの現状況を聞いてくれない」
という不満からでした。

お客様ががんの手術をすることになって保険を入っていたからよかったと言っている。

といった事例を話してくれましたが、私には眠れる森の美女のお話のマレフィセントの呪いの魔法のようにしか聞こえないのです。
私が気になっているのは「将来のお金」
もちろん体のことも気にはなります。保険もかけないとと思いますが、その保険に何万もかける余裕がないということを言っているのだけれども、持ってくる設計書は万が一に備えようよの設計書ばかり。

だ・か・ら~
とちょっとうんざりしているところに

「ね、ひとつ入ってま、友達なんだから」

と彼女の口から出ました。
その言葉に閉店ガラガラです。


友達なら、、、



私だって、「よし分かった!同級生のよしみだ!ひとつでもふたつでも入ってあげるよ!」って言いたい。でも、できないもん。そんなにたくさんの保険は必要ないと思っているし。



友達なんだから・・・の言葉を聞いた後は何を言われても心に響きません。
でも、そんな私にも気づかずに彼女はセールストークや、自分が持っている知識をしゃべりつづけます。苦痛でしかない。
彼女の目的と、私の目的がまったくかけ離れていく。

そのあとも連絡が来ますが、返事をする気も起りませんでした。


どうしようか。
結局、家族中の将来プランを聞いて提案してくれる方と知り合い、あっさりとそちらに乗り換えました。

よくよく考えれば、同性の同級生ということもあって、家庭内の不祥事やら、込み入った相談はできなかった。
この関係性で外面を抜きにして未来を託すというところに無理があったのかな?
と後から反省しました。

「営業のコツ」
は本当はとても簡単です。
伝えなければいけないことを伝えないと!!
ではない。そう、そんなことではないんですよ。売れるコツってのは。

「聞く」こと。
現状何で困っているのか聞き出すこと。
その中で提案できることを提案する。
目的は「お客様の幸せ、問題解決」


だって、よく考えてみてよ。
モノが売れても、お客様が喜んでいなかったら嬉しい?
ねえ、嬉しい?


お客様が喜んでくれているのを見るのって楽しくない?
いや、お客様でなくても友人でもさ、家族でもさ、
目の前の人が喜んでいるのを見るのって楽しくない?


私は楽しくてしょうがないさね。


普段はちょっとしたことで、近づくな!あっち行け!と怒り出すくくるですが、とってもとってもおいしいものになると3匹譲り合って分かち合ってます。
それが見たくて、食べ終わったアイスのカップをなめさせてみたり。
お肉だと奪いあいなんだけどね。

-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------
【NEWS】
2017年9月5日からJimdoのログイン方法が変わりました。
今まで一つのページに一つのログイン方法でしたが、ひとりのアカウントに一つのログイン方法となり、複数のページを持っている場合は一元管理ができるようになりました。
ただ、複数の管理者、、例えば制作側とクライアントさんが管理する場合は、アカウントの共有が必要になり共通理解の上決めていかないといけません。

まずは、Jimdoからのお知らせが届いていると思いますのでそちらをご一読くださいね。
Jimdoからのアナウンスページはこちらから
「アカウントの作成」の意味がわからない。と言う方はご連絡ください。日程調整をしてJimdoCafeの開催を調整したいと思います。
-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと