専門家に仕事を振るためにある程度の知識は必要。

ホームページ作りっていくつかの工程があって、それぞれにそれをやる人というのがいます。

お客様と打ち合わせをする人
設計する人
デザインする人
コーディングする人
見積書や請求書を書く人

これら全部を一人でやっている人もいるだろうし、それぞれ別の人がいるところもあるだろうし。


で、私はどうしているかというと、3人から4人体制でひとつのホームページを完成まで導いています。+お客様。ここ一番大事。
お客様が参加しないホームページは作らないと決めてますから。


ひとりでパソコン教室やっていた人間が気が付けばチームで仕事をしている。
ほんと気が付けばですが。なんだか、すごいな~~!!と思っています。
チームで仕事をするようになっていいことは、いろいろな意見を交換しいろいろな考え方に触れる機会がふえたことです。「どうしたらいい?」と相談できる仲間がいるというのは、強みです。ほんと。
この体制で固まったのがおととしの秋くらいかな。
そこからの私はお客様の前でも自信をもってお話ができるようになりました。それまでもなかったわけではないのですが「できません」とお断りしなければなかったところを「相談してからお答えします」とできる安心感は覚悟のある自信になっているというか。


で、チームになっているから持ち場は完全にお任せでいいかというと、それがそうでもなく、共通理解として知っておかないといけないことも多々あります。特に私はそう。
Jimdoという便利なツールを使ってホームページを作るのだけれども、Jimdoでは難しい表現がある。Jimdoではない方がやりたいことがスムーズにできることだってある。そういうのを知っておかないと皆が大変になるし、お客様は使い勝手が悪くなるし、ホームページに訪問する人だって使いづらくなってします。特に最後は致命的。

できること、できないこと。その区別差別を頭の中に描いてもっていないとまずいのである。

いろんなお仕事があるだろうけれど、同じだよね。きっと。
お客様から見えるところは一点だけれども、その水面下ですそ野の広いどっしりとした底辺が必要。

ってことで、今週.あぽじらのホームページをリニュアルしたのだけれども、その時にcssとhtmlを何か所か触ってみました。
はっきりいって、面白い分野ではあるのだけれども基礎知識が薄いのでめちゃくちゃ時間がかかるし、エラーが起きたときになぜかがわからなかったりするのがすごくもどかしい。もどかしいけど面白い。で、いくつかのコーディングに挑戦して、うまくいくと大はしゃぎでやっていたら、基礎知識がないところが少し埋まってきた。
もともと何となく記述は読めるだって、英語の単語だから。
でも、仕組みがわかってきた。「あ~そういうことなのか」ということが。
そうなるとエラーが出たときにも修正する方法が早くみつかる。

今回2パターン作って試してといつもより時間をかけてリニューアルしたけれども、成長度は大きい。
だからと言ってお客様のコーディングは触らない。時間がかかるから、プロに任せた方が効率がいいことを知っているから。だけど、「知っている」と便利なのだ。本当に便利。
お客様の思っていることを前よりも形にしやすくなったと・・・。

ライブチャットを設置したおかげで、スマホがひっきりなしにピンぽこピンぽこいっている。でもま同業者がみているのかもしれないけれどね。でもうれしい。

↑が今回のホームページにおけるうちのウリです。


~news~
<Jimdo 予約管理アプリ>
Androidスマートフォンのみ:https://jp-help.jimdo.com/booking-app/
※Android 5.0以上です。

<Jimdo ライブチャットアプリ>
アンドロイド・iPhone:https://jp-help.jimdo.com/mobileapp-livechat/

                ホームページ制作                
https://www.apozira.com/
 オーナー参加型ホームページ制作

                  その他                  

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

0 件のコメント:

コメントを投稿