伝える目的を明確にしないとね。

カレー屋さん、ラーメン屋さん、ファミレスのチェーン店に「健康」を求めているか?

ということを気にしたことがありますか?
もしかしたら、お店側は願っているかもしれないけれども、そこに行くお客様の目的の中に「健康のため」という項目は果たしてランキング何位に入ってくるのでしょう?


とある、カレー屋さんに入りました。
入り口で食券を買い、席につきました。
テーブルには、積み上げたコップと、氷が入った水のピッチャーと、福神漬けと、マヨネーズなどが置かれていてそれは「セルフでどうぞ」と言われなくてもわかるようになっていました。お客側もこういうのに慣れてますからね。

で、暑い外から入ってきたので、まずはお水をコップに注ぎ喉に流し込んだ後、一人だったもので手持ち無沙汰でその辺を見回していました。

で、見つけたポップ。↓↓↓



ラッキョウの効能が書かれてありました。

さて、問題です。
このポップはどういう目的があってここに貼ってあるのでしょう?


この答えはお店の人に聞いていないので謎なのですが、ちょっと想像してみます。
「お客様にラッキョウのことをもっと知ってもらって食べてもらおうよ!」

となったのでしょうか?
「ラッキョウが体にいいとわかったら注文してくれる人がいるかもしれない!」
と思ったのでしょうか?
「店長にポップでも作って売り上げアップを考えてみろ」
と言われたのでしょうか?


ということは、つまり?
どれもこれも、客単価を上げたい策のひとつではないでしょうか?


となると、誰にもう少しお金を払ってもらいたいと思っているのか?

ということです。
席に貼ってあるポップということは、もう発券機でお金を支払った人が対象ですよね?

もし、ここが食事の後伝票をレジに持って行って会計を行うシステムでしたら「食べたい」と思った人はお店の人にその場で追加注文をすればOKです。が、このお店の場合それが可能なのかどうかという情報が欲しいです。
というか、このポップのままだったら言えばサービスでもらえると思うかもしれません。
いくらなのかも気になります。そもそも、売ってんの?って思っちゃいました私は。
私はラッキョウが好きなので、発券機に「らっきょう」とあったのを見逃していたのかと思うと悔しくてなりませんでした。

でも、ひとりで、食べに入った昼時、発券機は1台後ろには他のお客様が順番をついたいた状態でゆっくりと発券機のメニューを眺める余裕がありませんでした。


さて、もしも、
「客単価を上げる」という目的で「ラッキョウの売り上げ数を増やそう」という目標があったと仮定し、今回の私がペルソナだとしたら?
このポップに入れないといけない情報はなんでしょう?

もしも、あなたがペルソナだったら。



間違いなく言えるのは、ラッキョウは好き嫌いが激しい食べ物です。
ラッキョウが嫌いな人は、たとえ、体にいいとわかっても、たまたま入ったカレー屋で注文する人はいないでしょう。
ラッキョウが好きな人は、体にいいとか悪いとかのレベルでラッキョウがすきであるということは考えづらいです。


ポップは店側の思い込みやエゴで検討はずれになっている危険性があります。
ポップを描くのが上手い従業員にかかせているとしたら、ぜひ、お客様がなにを求めるだろう?というマーケティングのお勉強の機会を与えてください。



券売機で買ったあとに席に座ってからでも追加注文がしやすいラーメン屋さんが近所にあります。座ってホッとしてから食べたくなる物ってあると思いますよ。その気持ちをいつのタイミングでどうやって掴むか。想像力が大切です。

~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)


ぬくい梅干し。

「伊藤さんの投稿は、なんで料理を載せているの?」

と聞かれたことがあります。
そうそう、本当はねホームページ屋さんなら、パソコン屋さんなら、そっち方面を載せているのが正解です。
そうしないと、見た人の期待を裏切っちゃうから。

「金沢 ホームページ」

とかで検索して、例えばこのブログがあがってきて、見たらお料理だったら、「なんじゃこりゃ?」って思うでしょうからね。

まあ、後付けの理由なのですけど、料理とホームページって似ているのです。
料理とExcelも、料理とWordも、料理とプレゼンテーションも。
要は何かを作ろうと売る時に必ず、その目的があって、それを見たり感じたり、使ったりする人がいて、その人たちがどうしたいか、どうなってほしいのかということが先にないと、いいものができないのです。
息子たちには「愛がね、ないとね、だめなのよ」と説明しています。
家事も、仕事も「誰か」に与える「愛」がないと心を打たない。

心を打たれたから、「ありがとう」と言われたり、売り上げがあがったり、「ごっそさん、おいしかった」と言われたり。

そういう「感性」をお伝えしたい。
ホームページを作りたい、私に何かしてほしいと思っている人に。

で、「誰か」は時々「私」でもあるわけで。


暑い暑いと言っていたら、梅干しを干すのを忘れそうでした。
この梅干しは自分のためにつけてます。
梅干しを干している最中のぬくくなったのを通りすがりにつまみ食いしたくてつけてます。そこが終わると、本当はどうでもいい(笑)
紫蘇もついでにほして、この子も通りすがりにつまみぐい。
これが一番おいしい。と思う。
し、ここを味わえるのは漬けた本人か、夏休みばーちゃんの家に遊びに行った孫くらいなもの。

前回は4kgだったか5kgだったかつけたのだけれども、今年は2kgにしときました。
できれば、毎年つけて毎年ぬくい梅干しをつまみ食いしたい。

~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

「SNSを心地よく使うために」のヒント

SNSのあるある話。
なんだか、気になっていたけど、口に出してはいえなかった心のもやもや。

SNSなんてものがこの世にでてきたおかげで、味わってしまうドロドロとした自分の感情の収まりどころが欲しい方におすすめかも?
の本と出会いました。

仕事上、SNSを心地よく使ってほしいな。
と思っています。いろいろ便利に活用できますからね。
でも一方で、SNSの世界が虚像の産物になっていないか?と他人の投稿を見ていて心配になることもあります。苦しくないかな?って。
でも、「苦しくないかな?」と思っている自分の心の中に潜む「実は」の本音。

そういう感情が「ある」を受容できると、けっこう楽になったり、
そういう感情が「ある」をうまく無視できると、けっこうらくになったり。

そういうコツが書かれてありました。






・嫌な人や苦手な人がいる
・理不尽な目にあって、忘れられない
・SNSで人の幸せに嫉妬してしまう
・SNSに書かれている悪口が、自分のことに感じる
・みんなにいい人を演じて疲れる
思い当たる人で
ピピッときたら読んでみてね。
すっきりしますよ。


多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
(Sanctuary books)
Jam (著), 名越康文 (監修)


~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

ハイテク家電が現れても「余暇」は生まれない。

家電製品がどんどん便利になっていって、さぞかし時間の余裕が生まれるだろうと思いたいけれども、実際は、家電の便利さが進むのと反比例して余裕がなくなっているような気がする。
いや、家事労働も結構な労力だから、確かに楽になってる。なっているのだけれども、家事を家電にやらせている間にゆっくり休んでいるのか?と言われると、できた時間は仕事に回っているような気がしなくもない。


もしも、今でも箒や雑巾で掃除をして、洗濯は洗濯板で洗って、ご飯は竈で炊いていたとしたら、男女雇用機会均等法なんて叫ばれることもなかっただろうし、女性の起業応援なんてものは「なんのこと?」って言われていたかもしれない。

家電が進化して、ある意味家事労働をしていた多くの女性は暇をもてあまし、社会進出へと目が向けられていったんじゃないかと。いやいや、女性が社会進出を望んだからだったら家事労働の軽減のために洗濯機や掃除機や炊飯器やと開発が進んだんだよ。と言われるかもしれないけれども、

どっちにしても、、女性は一日中誰かのために働いていなさい。
というこっちゃないか?

体は楽になったかもしれないけれど、かわりに脳は前にもましてフル活動しているんじゃないか?

とふと、ロボット掃除機に床掃除をさせながらブログを書いていて「疑問」を感じてしまった。


昨今、イクメン、家事メンもでてきて「女性」に特化していえなくはなってきているけれど、イクメン、家事メンが代わりに何かをやっていてくれている間女性はテレビを見ながら「わはは」とビール片手に笑っているかというと、決してそうではない現実があると想像できる。



これが、女性の「リラックスタイム」の獲得のためにあるのではない。


「家事」という労働時間が減ったおかげで、運動時間が減った。
「家事」という労力が減ったおかげで、脳はいつも何かを考えていられるようになり、いつも「on」状態になった。

「家事」は体力的には楽ではないけれども、意外とそれに集中している間は、自分のことや家族のことを思う時間になっていたんじゃないか??
とか。



とはいえ、いったん「便利」を知った脳はおいそれと「以前」には戻りたがらず。
しかも1週間に一度掃除機をかければいい方だったわが家の床は毎日のようにロボットが掃除しピカピカの気持ちのいい床になっている。


やめられないっす。


水ぶき機能もついたわが家のハイテク家電。
どう見ても、便座の蓋。便座の蓋がリビングを這いずり回っている(笑)

~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

シンプルで伝わりやすいプレゼンの作り方講座

昨日は昨年に引き続き、石川県民大学校大学院 講師養成コース基本講座にて登壇してまいりました。

石川県民大学校大学院とは、石川県民大学校で学ばれた方がその後学んだ成果を高めたい方や、講師を目指す方に対して石川県が開講している講座で終了までに小論文や講座企画書を作成していくものです。
その中の基本講座全4回の中の第2回目「シンプルで伝わりやすいプレゼン資料の作り方」を担当させていただきました。

プレゼン資料を作る際もそれを聴講する人、見る人がどんな人なのか?ということをリサーチすることが大切であることなどをお話し、グループにわかれ各チーム課題を与えてプレゼンつくりに取り組んでいただきました。

各チーム初顔合わせだったそうですが、なかなかのチームワークで60分という短い時間内で頑張っていらっしゃいました。

 こちらの課題は、小学6年生が対象の想定。

こちらは、普通高校2年生の授業という想定。

どちらもプレゼンにする課題は同じです。

制限時間いっぱい使って6枚のスライドを作っていただき、それぞれ発表者を決めては5分間で発表をしていただきました。

聞く側はそれぞれ小学6年生になったつもり、高校2年生になったつもりで聞いていただきます。

発表の後は軽くフィードバックをして終了。


全2時間かなりハードな内容ではありますが(受講生にとって)今年も喜んでいただけたようです。


プレゼンも、チラシつくりも、自己紹介も、ホームページも
「誰に伝えるのか」「何を伝えるのか」「聴くこと、見ることによってどうなりたいのか」ということが重要です。
それがすべてではないかと思っています。

この語講師を目指す方々なので、「講座を開く際の注意点は何ですか?」という質問もいただきましたが、この答えも、「受講されている方々の様子を観察することだと思っています。顔をみれば伝わっているのかいないのかわかります。」とお答えしました。


同じようなワークを今後ホームページ作成の講座でも取り入れていこうと思います。
お楽しみにっ!

~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)


無作法なお問合せについて。

ご契約終了後のお客様から、メッセンジャーで画像が送られてきて「こんなことになっているのですが大丈夫でしょうか?」や、「突然こんなことになってしまいました。どうしたらいいですか?」とメッセージが送られてくることがあります。

過去、かなりありました。


単刀直入に申し上げますと
「どうしたらいいですか?」
の答えは
「予約してください」
です。


たいていの場合、まず調査を行わないといけません。当事者へのヒアリング、その後インターネットで同じような案件がないか、解決策がないかと調べていきます。
その後遠隔誘導で解決できそうなのか、他のメンテナンス屋さんをご紹介した方がよいのかなどを検討していきます。

要は、投げられた事項について、それなりの時間を使います。

そして、万が一私の過去の経験上問題が解決できたとしても、それを当事者へわかりやすく文章化して伝えるには技術と時間を要します。


なので、
「どうしたらいいですか?」
の答えはおのずと
「予約してください」=問題解決しますのでその対価を支払ってください。
ということになります。


たとえば、ホームページ制作でご契約中の場合でも、契約中お答えできる内容と、別途お見積りいたしますという内容は契約書の中で分けて提示してあります。
また、時間外のご質問に関しては翌営業時間までお答えしません。


ここをあいまいにしてしまい、過去真夜中にメッセンジャーで突然質問がやってくるなんてことが頻繁におこっていました。当時はお困りだろうとすぐにお答えしないと!!と答えていたのですが、一生懸命調べてお答えしたにも関わらず、解決したのかしないのかの連絡が来なかったり、こちらからのヒアリングの答えが3日後になったり、、なんていうか大人としてどうよ。とかなりがっかりした経験があります。


お客様とはフレンドリーな関係性を心がけていますが、そこには常識の範囲でお互いの気遣いがあってという前提があります。
フレンドリーではありますが、「お友達」ではない。
「お客様」は契約が継続している間は「お客様」ですが、契約完了後はまた改めてお申込みいただいて「お客様」となります。そうでなければ「過去にお客様だった方」という位置づけです。
初めてのお客様とは違って、お客様の情報が頭の中にインプットしてあるので、何か次のお申し込みがあった時には以前よりも迅速に課題解決できますよ。ということだと認識しています。


「相談・質問」に関する無作法な問合せは、パソコンにかかわる仕事をしている人や、占い師のような仕事をしている人などに共通した悩みです。
パソコン関連では、気軽にタダで教えてくれる方が中にはいるかもしれません。ただ、こういう方はサラリーマンが多い。
彼らは、会社からお給料をいただいているので情報や技術を無料で提供してもくいっぱぐれるということが起こらない人たちです。
サラリーマンと、私たちのようなフリーランスを同じ土俵にあげてもらっちゃ~困ります。

サラリーマンは会社で副業が許されていない限り、社外でサービスを提供して代金をいただくことはNGと解釈されるかもしれませんしね。


相手の時間にリスペクトする。
これは、どんな立場であろうとも大切にしたいことだと思います。
それは、思いやりにつながります。礼儀につながります。所作、姿につながります。
そして、それは心がけないとできないことです。


とはいえ、HPや、WEB、IT関連の無料相談はやっています。カウンセリングをしないと受託できる内容かどうか検討できないのでね。
で、「無料相談」もまずは予約制です。
それは、ついでではなく、ご相談者様のご相談内容についてしっかりと向き合います。という意思表示です。

お問合せフォームよりお申込みください。(https://www.apozira.com/
ご相談内容を簡単にお書き添えの上、ご予約希望の旨をお伝えください。
面談が可能な日時候補を追ってご連絡いたします。
場合によってはZOOM、お電話での対応となる場合もございます。


要は、もしかしたらサービスでお教えできることもあるかもしれません。が、時と場合によるので、いきなり相談内容を投げるのではなく、まずは予定を聞いてほしいな、時間に配慮してほしいな。ということです。
お応えできなかったことに、ひどく罪悪感を感じています。
答えてもらえなかった方も何らかの形で傷ついていると思われます。

まあ、こちらも、「今手が離せないので、」とお伝えすればいいだけのことかもしれませんけどね。
「塩梅」が難しいですな。

で、猫たちよ、、モニター前は暖かいかい?
頼むから、お母さんに君たちが寝てもキーボードを楽々打てる広さの机を買っておくれよ。。。

~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

Facebookが叶えてくれた同窓会。

私がそもそもfacebookをやりたいと思ったのは、
「高校を卒業して故郷を離れて音信不通になっている同級生たちともしかしたらめぐりあえるのじゃないか?」
と思ったからです。

両親もすでに故郷にいない状況で、しかも結婚して名字が変わっているので果たして可能性があるのかないのかわからないけれども、でも、もしかしたら?という一縷の望みをかけて登録しました。

その時はすでに起業はしていましたけれども、Facebookページとかはあったのかなかったのか、ブログを書いていた仲間たちがfacebookに移行しているようだからという理由も重なって、「趣味」で始めました。

そこから、7年か8年経っているのですが、Facebookを初めて何年か経った頃「知り合いかも」に小学校の同級生の名前を見つけました。
珍しい名前だったので、きっと同級生だとは思ったのですが、なかなか友達申請を送ることができず、何か月も「知り合いかも」に上がってくるのをみてはドキドキしていた覚えがあります。
で、ある日、酔っ払った勢いか何かで、「もしかして・・・・」とメッセージを送ってみたところ本人だった。ということで、初めて同級生とのつながりができました。

そこからまた数か月か数年たって、共通の友達の中に同級生がちらほらと見えそれならばと小学校同窓生のグループを作って、時々やり取りをしていました。
中には実勢にあって話をした人もでてきたり。

そんなたびに出ていたのが、「今の時代じゃなかったら絶対にもう会えなかったよね」ということでした。
SNSがなかったら、インターネットがなかったら、スマートフォンがなかったら、ありえない再会。

そうやって、細々とつながっていた同窓生と、昨日やっとまとまって会う食事会がありました。1週間前くらいにひょんなことでそうなったのですが、トントンと話は進み日曜日のお昼にアルコール抜きでの食事会。

たった5人だったのですが、40年の時をものともせず、話は弾み、あっという間に時間は過ぎ、「また、会おうね!」と約束をして別れました。
そうそう、「facebookやめないでよね!」も強くお願いしました。

たぶん、道で偶然に出会ってもわからないくらいに時がたってしまったけれど、Facebookがあるおかげで、近況もわかりどんな顔をして生きているかもわかり、まるで40年前の校舎でワイワイ遊んでいるような感覚にすぐに戻れてしまうのです。


マメな同窓生が卒業アルバムやら、文集などを持ってきてくれました。(物持ち良すぎ!!)

2回目があるのなら、もう少し人数が集まるといいね。
その日までに、できれば今よりももっと輝いていたいな。と思ったり。

お互いの情報を交わしている中では、すでに天国に行かれてしまった同窓生がいたり、事故にあって不自由が体になっている人がいたり、
自分も50年一生懸命ひーひー言いながら生きていたけれども、みんなそれぞれの道を生きてきたのだということを、昔同じ時間を共有していたからこそ沸き起こる感情と共に灌漑深く感じることができました。

そろそろ生き様が顔に出てくるお年頃。
穏やかな同窓生たちの顔を見ていると、なんだか誇らしくもありました。


とりあえず、Facebookで故郷の懐かしい人たちと出会うミッションは達成できました。
この次は、この出会った人たちと故郷の懐かしい道を歩いてみたいな。