投稿

自分が世の中のどの場面で誰の役に立っているか、誰を喜ばせているのかが明確になると、迷いがなくなる。

イメージ
「伊藤さんは精力的ですよね」 と言われた。 いやいや、仕事がなくて昼寝してふてくされているときだってあるんだけどな。 とか思いながら 「そうですかね、あなたの方が仕事忙しそうで精力的に仕事しているように見えてますよ」 と隣の芝生は青く見える的な会話をしてしまった。 自分は精力的なのだろうか? 好奇心がおおせいで、やってみたいと思ったらとりあえずやってみている風に見えるかもしれない。そして、なんていうかとんとん拍子で出世しているように見えるかもしれない。 いや、自分で自分を客観視すると、自分でもそう見える。 が、うまくいっている陰で、やってみて「あかん!!」と失敗というかうまく転がらないことの方が絶対的に多い。 なんでこんな素晴らしいことにみんなは興味を持たないのだろうか??? と不思議でならないのだけれども、うんともすんとも反応がなく「お蔵入り」したアイディアは数知れず。 ほんと、数知れずあるのだ。 また、慌てて進んで、とんでもない事態に陥って事態の収拾に奔走し疲れ果てたことだって数知れず。 何か予感がしたのに手を出して、もめて、ブチ切れて、Facebookとかに書きそうになりながらがまんして、マンション中にひびきわたるんじゃないかというくらいに「ばかやろ~~~!!」と叫んだことだってある。 そんなことの方が多いかもしれないのに、この仕事を続けているというか、面白くて仕方がないと思っていて「やめる」なんて一回も思ったことがないのは、 誰かが喜ぶ顔が見えるから。 だと思う。 これがまた、最近は仕事をしているときは「もしかしてウザがられているかも?」というくらい私のサービスが過剰に感じているなと憶測できてしまい、どうしようか??と思い悩むがでも必要だからとやって、そして1年後くらいに「あの時実は理解しにくかったことが最近すごくわかってきて、あの時話を聞いていてよかったとつくづく思うんです」 なんて、お客様に言ってもらえたりすると、また、「伊藤さんの言ってることわかるような気もするけれどそんだけのこと思っていないのに~」という顔をした人が現れても、信じて仕事をやり続けることができるようになり。 落ち込むことがほんと少なくなった。 自分がやっていることはこれでいいんだろうか?と悩むこともなくなった。 どうや

老舗の口からも、ハッシュタグという言葉が出てくる時代になりましたぞよ!

イメージ
かぶら寿司の漬け込み体験に行くというと「伊藤さんだったら自分で漬けられるでしょうに!簡単なのに!」と言われることがあります。 たしかに、やれるでしょう。たぶんやれると思います。 ただ、毎年のようにいく四十萬谷さんの漬け込み体験に使われる「鰤」これが絶対素人ではまねができないものなのです。 熟成期間半年から10か月。 これを家庭でやったら間違いなく食べてはいけないとんでもないものに変化してしまうでしょう。 この熟成させた塩漬けのぶりを塩抜きをして、みりんやなんやったかなで味を調えて、そしていい塩梅の薄さに切ったものが準備されています。 そして、かぶらも青くびのかぶらで、四十萬谷さんが提携農家さんに専用に作らせているかぶらで市場には出回らないものです。 麹だってプロが細心の注意をはらって仕上げた麹です。 これらが全部トレイの中に準備されて、まるでままごとのようにまねごとをして、ひとり6枚のかぶら寿司を持って帰り、2㎏の重石をおいて10日待てば塩気と甘さとうまみが融合した高級漬物かぶら寿司が手に入るというものです。 そんなの漬け込みの肝心なことも覚えられないし、意味ないじゃん。と思うかもしれないけれども、この手軽さがたまらなくいいのです。友人たちと、毎年同じうんちくを「おんなじだね」と笑いながら聞いて、塩漬けのかぶらを手にもって、ほどよくなったぶりを挟み、小さな樽に麹と共にならべ、違うことをしていればお店の人が丁寧に直してくれ、たぶん、失敗することはありません。 その安心感と、手軽さでかぶらずしを手に入れたい輩が集まり、毎年予約をいれるのが大変です。 観光客や、地元のかぶら寿司大好き奥様のちょうどいいイベントごとなのです。 「イベント」というのは、必ずどんな人を対象にするのかを決めないといけません。それをやって、その先になにをどうするのかをイメージしないといけません。 ほとんどお店で売っているかぶら寿司と同じ過程を踏まなくてはいけないものをお手軽な金額で体験させる理由とゴールが必要です。 イベントに人が来た~~わ~~~い。 なんて言っている人は、まあ、商売をやっている人というよりも、趣味の作品を見せたい人。地域

やっぱりそれは、「搾取」だと思う。

一昨日、昨日と逃げ恥の一挙放送をやっていた。その中でガッキーのセリフが、非常にうまい言葉で気持ちを表してくれていた。 「人の善意につけ込み、労働力をタダで使おうとする行為は“搾取”だ」 というヤツ。 「「友達だから」「勉強になるから」「あなたの為だから」と、正当な賃金を払わない“やりがい搾取”を見過ごしてはいけない」と付け加えていた。 ここ3年の間に何度もモヤモヤした「ボランティア」という都合のいい言葉。 この業界の人間なら多かれ少なかれ経験しているだろう。 まあ、さすがに起業したてではないので友達からのこのような搾取には断固として断ってきたので今はもうないのだけれども、いや逆に友達なら断ることができるのだけれども、大きな組織や団体、行政にこの搾取があることに正直びっくりした。 世間知らずの友達ならまだ仕方がないかと思えた。腹は立ったけれど。 そもそも予算を立てるときに「人件費」を考慮していなかったりと人の時間に対して無頓着すぎる。 また、断れない立場でそれを行うことは「パワハラ」の一種ではないだろうか?とさえ思う。 お弁当代には定価の金額を払う。 チラシには製作費と印刷代を払う。 私にボランティアでというなら、これらもすべてボランティアでしてもらったらいい。 私がお金をいただいてやっているサービスを無料で搾取するのなら、無料相当の仕事でいいならよいけれど。それでよいのか? 一生懸命お役に立ちたい。 お客様にこのシンプルなエネルギーを注いで一生懸命やっているのだ。 そのサービスに感動して喜んでお金を払ってくださる方々にやっぱり申し訳ない。 私がプロであるところをボランティアではできません。 と来年は宣言します。 団体に属したばかりに「やりがい搾取」されるのなら、団体に属することはやめます。

YouTube動画をスローでみたい!

イメージ
ひょんなことから、年甲斐もなくダンスをひとつ覚えることになりまして、練習会があったのですが、さっぱり覚えられないわけです。 YouTube動画をみんなでみながら、真似しようとがんばるのですが、そんなねえついていけないわけです。 踊るのは「パプリカ」ですよ。 ちょっとまえに「恋ダンス」とか「マルマルモリモリ」とか流行っているときでさえ「恋のフォーチュンクッキー」でさえ踊ることはなかったというのに。蚊帳の外だったというのに。 で、踊り付きの動画がいろいろ出ている中でみつけたのが、これ↓ 親切に声の解説と、文字の解説が入っていました。 いましたけれどもついていけない。 「ちょっと遅くできないか?」 とそこにいた人たちからも声が上がりました。 YouTubeで動画をみる。 ということは、私より年が上の方々でも最近では当たり前に検索してみることができます。 ただ、細かな設定となると知らない方も多い。 ゆっくり動画を動かしたいときは、 画面右下の歯車のマークをクリック。 ドロップアップしたメニューから「再生速度」を選択し、遅くしたいときは標準より上の数字を選びます。 今回0.5を選択しましたら、ちょっと遅すぎて帰ってやりづらかったので、0.75に修正しました。 スマホからももちろんやれます。 でも、もっと根気よくYouTubeの中を検索したらこんなのも出てきました↓↓↓ インターネット検索がうまくなるコツは「根気」ですね。 そして、踊りを覚えられるかどうかは、未定未定未定です。とほほ。

【canva】用紙サイズのカスタムサイズ設定

イメージ
ショップカードを作りたい! というお客様がいらっしゃいまして、ならばならばと素人でも素敵にできるcanvaで作りましょう!! ということになったので、見本を作って喜び勇んで「こんなのどう?」とお見せしましたら 「伊藤さん、これだとお財布に入らないのですが…」 と。 はいはい。私『カード』というので、何も考えずに名刺サイズで作りましたのです。 で、こういうことです。 財布です。  カード入れの部分に名刺…入りません。 カードと名刺では、大きさが違う!!(今更! 普通名詞サイズ 横 91mm × 高さ 55mm カードサイズ 幅  85.60mm × 高さ  53.98mm となっています。 canvaには多くの用紙サイズが簡単に設定できますが、変則的なサイズの時は「カスタムサイズ」設定を使うと便利です。 左上のデザイン作成ボタンをクリックします。(スマホでも同じボタンを探してください) ドロップダウンしたメニューの中から「+カスタムサイズ」を選択します。 初期設定は単位が「px(ピクセル)」 になっているので、下向き三角を選択し、「mm」を選択します。 次に左に幅「85.6」 高さ「53.98」を入力し、「デザインを作成」ボタンをクリックします。 ほぼ中央上に出てくるサイズを確認し、あとは好きにデザインをしてください。 そして、出来上がったらぜひネット印刷に出しましょう。 例えば、ラクスルさんには、『クレジットサイズカード』というサイズがちゃんとあります。マット紙220㎏両面カラー印刷7日納期100枚で1,350円(2019年11月20日現在)。 これくらいは投資しましょう。 (スタンプカードに使いたいときは上質紙の方がスタンプが押しやすいかもしれません。上質紙薄で135㎏両面カラー印刷7日納期100枚1490円(2019年11月20日現在)) 家庭用プリンターで印刷ではなく、ネット印刷に出しましょう!という理由は、 まずは、耐久度が違います。 水にぬれてもインクがにじみません。 きれいなものは捨てられにくいです。 本気度が伝わります。 ということで、canvaでどういうデザインで出来上がってくるのか楽しみです♪

A3GWを体験していただきました。

イメージ
先週末いしかわ自然学校講師、講師の卵の方々に向けてA3GWで「ターゲットを絞る」について体験していただきました。 伝えたい対象が「みんな」というのはそれでよいのですが、「みんな」に向けて伝えようとするのではなく、「誰に」を意識して伝えようとすると伝えることを組み立てるときもぶれることなく、また、発信するときも対象を意識して伝えるので伝わりやすい。 ということをこのワークで体感していただきます。 各グループ共通の題材を元に約1時間ほどで6枚のプレゼンにまとめて発表していただきます。 各グループの発表では、それぞれが題材から対象ターゲットにマッチした内容をピックアップし各ターゲットにわかりやすい表現で発表されていました。 最後に、「相手が喜ぶ顔を想い描いて企画、広報する」ということをお伝えいたしました。 いしかわ自然学校の楽しい講座が多くの方々に知っていただけますように。みなさんの広報活動に注目したいと思います。

『お客様数』と『のべ人数』は何がどう違う???

イメージ
かなざわ商売繁盛ビジネス講座は、マーケティングとキャッシュフローを自身で理解し現状から未来を確かに予測できるようになりましょう!という学びの場です。 要は、どんぶり勘定であることを理解しているにもかかわらず、どんぶり勘定から抜け出す方法がわからず、自分が実質儲かっているのか儲かっていないのかも今一つ自信がなく、やみくもな目標をたててみるも、それをクリアしたところで自分がやっぱり儲かっているのか儲かっていないのかがわからない。 という状態から抜け出しましょう。というものです。 その学びの中には「数字」がちょくちょくでてくるのですが、その中からひとつ。 「お客様数」と「のべ人数」の違いについてちゃんと違いが説明できますか? この違いが今一つわからないというかたのために。 黒猫サロンで、10月1日から31日の1か月の間に Aさんは 10回お店に来てサービスを受けました。 Bさんは 3回お店に来てサービスを受けました。 Cさんは 6回お店に来てサービスを受けました。 Dさんは 2回お店に来てサービスを受けました。 Eさんは 1回お店に来てサービスを受けました。 以上が黒猫サロンさんの1か月のお客様のながれです。 では、この黒猫サロンさんの10月1か月の ①お客様数は? ②のべ人数は? 解答できましたか? ①お客様数は → 5人 ②のべ人数は → 21人 となります。 ①お客様数とは、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんの 5名 ②のべ人数は Aさん×10 + Bさん×3 + Cさん×6 + Dさん×2 + Eさん×1 = 21  ということになります。 なんだか、こんがらかってパニック!! となりそうですが、専門用語を聞くだけで、ちょっと算数ぽい気配がするだけで頭が真っ白とならないためには、やっぱりなんどもやってみることが大切ですね。 この講座では、マーケティングの方面からと、キャッシュフローの方面から「数字」を追い、分析できる力がつくようにサポートしています。 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴      おしらせ       センスアップチラシ作成講座 https://www.facebook.