味噌汁



普段はカレーを作ったら、それ一品で終わりなのですが、
今体力回復には「味噌汁」だな
と何となく思うのでお味噌汁添えました。

おみそ汁の塩分濃度とポカリスエットなどのスポーツ飲料の塩分濃度はほぼ同じで、病気などで脱水症状を防ぐためにとる水分で、スポーツ飲料がもし飲みづらい場合は味噌汁の上澄みなどでもよい。
と20数年前栄養士の勉強をしたころにあったと記憶しています。

スポーツ飲料のかんきつ系の味が吐き気を誘う時があるので、そんな時は味噌汁飲めばいい。と思っています。
ただ、自分が作らなくてはいけないので自分が倒れてしまうとしょうがないのでスポーツ飲料を買ってきてもらうのですが。

味噌汁離れとか聞きますが
あれこれと作る時間がない主婦にとって、メインの他にもう一品野菜料理が欲しい時には、味噌汁の具に野菜をたくさん使って栄養のバランスをとることだってできるのだし、こんな主婦のミカタなお料理はないと思ってます。

子どもたちが赤ちゃんのころの離乳食の野菜も味噌を入れる前の味噌汁の具をとりだして潰してあげることが多かったです。
なので、この時期の味噌汁は毎日がめった汁状態でした。

小さいころから味噌汁がそばにあった息子たちは「味噌」の味にもうるさくなってしまいました。
ちなみに「米」にもうるさい。

「まじたんちのお嫁さん大変だよ~」
と友人たちに言われますが
だってねえ、しょうがないじゃんねえ。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因