たけのこ

今年はたけのこの表年なのか、いろんなところからいただいています。
たけのこのゆで方はその家その家でこだわりがあるようですが、うちでは、たけのこの外皮を残し穂先を落として水から入れ、沸騰して10分ほどしたら火を止め蓋を閉めて湯が冷めるまで放置しておきます。
取れたての物が手に入った時は、糠などは入れずに湯がいてしまうこともあります。それでも朝掘って夕方時分にゆで始めたものと比べればえぐみも少ないように思います。

昨日、前日に新じゃがの小芋をゆでておいたものがあったので、皮ごと4等分し油でいため、たけのこも一口大に乱切りにし砂糖と醤油と出汁でさっと煮て煮っ転がしをつくりました。




お弁当にいれてきたのでフェイスブックにのせましたら、ジャガイモとたけのこの組み合わせは新しい!と感動(?)されましたが、私の頭の中ではどちらも煮っ転がしが美味しいから♪とただそれだけの理由でした。新じゃがはちょっと渋みがというかえぐみがあるのでそれがたけのこのえぐみと煮ているといえば似ていて、食べても違和感なく「ザ春の煮物!」という感じでした♪

また、クックパッドにでものせておこうと思います。


ただ、、ここ数日皮膚がかさかさして痒い。。
たけのこさんは皮膚の弱い私には実は天敵食材でもありまする。。大好き♪なのに、、そろそろ終わりにしとかないと・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿