突然モニターが真っ黒に!

「画面が真っ黒~!助けて!」
とお客様より助けてメッセージ。(最近フェイスブックのメッセージやLINEで助けてコールがはいります)

そして、そのメッセージと共に送られてきた画像。要はこのように電源ランプやらその他ランプがついているのに画面が真っ黒です。
ということです。

「画面が見えないのでシャットダウンもできない」

この場合はしょうがないので、電源ボタン(パソコンの電源を入れる時に押すボタン)を10秒間くらい押し続け(長押し)して「強制終了」するしかないです。
何かソフトを開いている時にこんなことになってしまったら、作りかけのファイルが保存されないので諦めてください。

さて、パソコンの電源が入っている状態なのに画面が真っ暗になってしまう。。
原因は?
ということになるのですが、

この症状が出た場合、たいていはモニターのバックライトの故障が考えられます。
それ以前の予兆としては、コンセントから電源を供給しているのに、モニターが時々ふっとうす暗くなる。といった症状が見られますが、気がつかない方もいるでしょう。

バックライトの交換、もしくはモニター部分の交換で修理できますが、場合によっては5万~8万(工賃込)ぐらいかかる場合もあるので、もしかしたら新しいパソコンを買った方がいいかもしれません。

「そんなお金今ない!」

という方には、デスクトップ用のモニターを一台買って、ノートパソコンに繋ぐという方法もあります。
デスクトップ用のモニターは今1万円前後から売っているので持ち歩くことが少ないパソコンだったらこれでしのいでも良いと思います。また最近のテレビにはパソコンのモニターとして使えるポートがついている場合が多いのでテレビで代用することも可能です。

電源ボタンの長押しで強制終了をして、再び電源を入れたらモニターが復活した。

ということもあります。が何か不具合があったから先の症状がでたわけで、もしかしたらそのうちモニターが使えなくなるかもしれない。と思いながら使うようにしましょう。
通常モニターが真っ暗になってもハードディスクにすでに保存されているものは無事のことが多いです。ただ、他の部分に不具合がある場合はデーターも諦めなければならない場合もありますが、外付けハードディスクと違って、内蔵型のハードディスクはデーター取り出しができることが多いです。

モニター(ディスプレイ)についているこのケーブルをノートパソコンにつなげます。たいていのノートパソコンにはこのD-Sub15ピン(ミニ)入力端子用のポートがあります。

受講生の方には、自宅や職場で、何かいつもと違うことがおきたり、わからない画面が出た時には携帯やスマホデジカメでその画像を撮っておきなさい。とお伝えします。
パソコンはいろんなことが起きますので、現場をみないと判断が下せないことがほとんどです。そして、パソコンを持ち込みされても私たち前ではその症状がでない。ということも多々あります。医者の前に行くと具合がよくなるみたいなかんじでしょうか(笑)
なので、証拠写真を撮るのです。言葉で伝えるよりも画像が一番です。動画でもよいです。
時には電話誘導でお客様自身で解決できるようにすることも可能です。(有料)

まずはお気軽にご相談ください。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方