写真のサイズ変更(リサイズ)

これまで写真のサイズ変更はマイクロソフトオフィスをインストールしたらもれなくついてきたマイクロソフトツールの中の「ピクチャーマネージャー」を使っていた。
知っている人が少ないソフトではあるけれども、できるだけパソコンの中に入っているもので解決する癖をつけておかないと、と思うのは受講生が今後パソコンを買い替える時に困らないようにするためである。
最初のインストールをやってあげることができてもその後やってあげられる保証がないネット上に転がっている無料のソフトは私は好かないのである。

で、このピクチャーマネージャーがWindows8からというかオフィス2013にはついてこない。
このピクチャーマネージャーとほぼ同じ機能がある「フォトギャラリー」をお使いなさいというのである。

フォトギャラリーはvistaが出た時からのお付き合いだったように思うけれど、リサイズして保存するときに元の写真とリサイズした写真の二つのファイルができてしまうのでなんだかめんどくさくて使っていなかった。

でも、これしかないなら、これを使ってお友だちになるしかない。


写真の上で右クリック
プログラムから選択をポイントし
Windows live photo gallery
をクリックする。










フォトギャラリーが起動したら
左上の
編集、整理または共有
をクリック






マイクロソフトアカウントのサインインの画面がでたら
マイクロソフトID とパスワードを入力し
サインインをクリックする。
(マイクロソフトアカウントがない場合は新規で登録する・・先にやって置くのをオススメ)













フォトギャラリー
「編集」タブをクリックし「サイズ変更」をクリックする。




サイズ変更のダイアログボックス(画面)がでてくるので、
サイズの選択の下向き▼をクリックしサイズを選択する。
最小の640は印刷の時L判印刷でぎりぎりきれいに印刷できるくらいの大きさと思えばよい。






保存したらフォトギャラリーの画面はとじればよい。

保存先のフォルダーを確認すると、

ほらね、元の画像の横に(640×480)なんて名前のついたものができて。。ちゃんと見ないとどっちがどっちかわからない人もいるかな。。と思ってね。

ハードディスクの容量を気にする人は元の画像を削除してください。





なぜ、画像のリサイズが必要か。

大きいサイズ(iPhoneの純正カメラで撮った写真や、デジカメで大きいサイズのまま撮った写真)をそのままネット上にアップすると、アップする時も時間がかかってしまったり、それを閲覧する方もなかなか画像が現れなかったりします。中には大きいサイズのものは初めからアップできない仕組みになっているものもあってそんなブログサイトなどを使っている場合はりサイズは必須です。

フェイスブックやツイッターは画像の大きさを気にせずアップしてもフェイスブック(ツイッター)側でリサイズしてくれるのでそんなことは気にしなくても大丈夫です。LINEもかな?

ネット上にアップするということは、閲覧してくれる人の事情に気を配らないと喜んでみてもらえない。いったんやってきてもすぐに戻ってしまう。なんてことにもなりかねません。

ご自身がお使いのツールにもよりけりですが、ちなみに、私が使っているこのブログは勝手にリサイズしてくれるので楽ちんです。以前メインにしていたブログはいちいちリサイズしなくてはいけないので面倒くさかったです。

自分がどんな環境でブログやホームページに携わって行くのか。
そういうことも頭においてツール選びをするとよいですね。

ご自身の環境と現状からのツール選びのご相談も承っております。



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因