怖がるのなら練習しよう。

ああなるんじゃないか、こうなるんじゃないか。と怖がっている人に限って練習しない。
または、行動を起こさない。


経験がないから怖いのであって、練習しないから失敗することもしないので失敗が怖いのであって、世の「達人」と言われる人は、たぶん失敗という経験もそんんじょそこらの人の比ではありません。

男性に多いのが理屈から入るタイプで、経験もするかしないかで理屈だけで「得意」や「達人」になった「つもり」になってしまっているのをよく見かけます。
このタイプに多いのは浅い経験のため人に教えることができない。噛み砕くことができない。

そんな人には質問せずに、無難なことを押しつけてやってもらうのが一番いいかもしれません。
どちらもストレスがない。たぶんプライドが高いのでこうする方が喜びます。
が、たまに見かけ倒しに出会うかもしれないけれど。


女性に多いのが環境を持つことで満足してしまうタイプ。理屈を覚える気が無いのでまわりを振り回しながら限られたものをなんとなく使いこなしている。理屈をすっとばして経験を積み得意なものになってしまっていることも多い。

スマホはこのピラミッドを否応なしでも下から上に進まなければならないようになっている。
スマホを持ち、もったらいろんな手続きを踏まなければならないので、嫌でも理屈を知ってしまう。(後で忘れることも多いけど)
そして、多機能なアプリは楽しいので知らず知らずに繰り返し、そんなに大きな失敗はおこらないようになっているので、小さい成功例を積み重ねながら経験値を増やしていくとあっという間に達人になれる。
実に、女性向な遊び道具だと思います。
逆に男性には理屈を知りたいテキストはあっという間に古い情報になり、情報を得ることができなければ何が起こるのかもわからないから使えない。。ということになってる人が多いかもしれない。

理屈抜きでも使えるようになっている。こんなありがたいものを素直に使って楽しみましょう♪

0 件のコメント:

コメントを投稿