すてきなプレゼン資料ができました。


北陸満友会(満州引揚者の会)の発足から、とたんにお忙しくなった宮岸さん。
新聞取材も頻繁で、自身が計画している語り部の会や、依頼された講演などでてんてこ舞いです。

語り部の会や、講演でお話するために、今年の入ってパワーポイントを触り始めたのですが、当初はいろいろなソフトとごっちゃになっていたものの、最近では理屈がわかり、構成もまとまってきました。
一番最初はホームページと写真を見せれば大丈夫や。
とおっしゃっていました。が一回目の講演で少々もたついたのを機に(この時は心配で私ものぞきにいっていました)、パワーポイントで資料を作る決心をされました。
男性の方はご自身で気づかれると、そのあとは素直に吸収されますね。

宮岸さんのホームページ K-アムール にはたくさん宮岸さんが描いた絵がのっています。プレゼンでもその絵をふんだんに使いあとはその絵に沿って宮岸さんがお話をされます。

30分、60分という講演を月に数度こなされる宮岸さん。。。すごいです。

そして、嬉しそうに見せてくれた、バッファローのマイク。
これをノートパソコンに繋いで、スライドを操作しながら、お話するのだそうです。

「どんどん、ハイテクになるじぃ」
と言いましたら
「そやろ♪」と笑っておられました。

終戦当時10歳だった宮岸さんは只今78歳。お元気に飛び回っています。
パソコンを本格的に始めたのは60歳くらいだったと伺いました。

何事も、やりたいと思った時がしどき。
行動するから、道が切り開けていきますね。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因