レスポンス

「レスポンス」のよい経営者(会社)になろう!

期日を守って仕事をするなんてことは、「あたりまえ」。遅れている言い訳をされてもたいていはクライアントにまったく関係ないところ。
できない期日なら初めっから言わなければいい。

メールの返信が遅い。
質問の返答が遅い。

遅くなるならいつぐらいになると伝えればいい。

時は金なり

人の時間を無頓着に費やすな。

な~~んてことをいつも心にとめている。



ま、そういう自分の「癖」でもある部分を相手にも求めるのは酷なのかもしれないけれど、たくさんの経営者の方々とお付き合いさせていただくようになると、仕事のとれる経営者はやっぱり「レスポンス」がよい。
パソコンだったら「クロック数」かしら?お餅付きのように杵と手返しを絶妙のタイミングでおいしい餅がつかれていく感じ?


メールを送ってもなかなか返事が来ない業界。。。不動産業に多い。
そうやってとりこぼしているお客様も多いんじゃないかな?


そして、思う、きっとメールを確認する流れができていないか、メールを確認する人の責任感が薄いか。。そして、そうなっている原因は事務仕事の煩雑さにあったりすることが多いのだよな。と。

只今数件、事務の軽量化の相談と指導をしていますが、重複した仕事を見つけ一元化しそれを使えるように指導する。お話を伺い頭の中で設計図を作り構築する。そして、実際に使ってもらいながら修正をかけ・・
新しい流れになるので反発もある。そこをなだめ、励まし、、
そうやって、数ヵ月後、メールの返信があっという間にやってきたら、、「よっしゃ!!」って思うんだろうな。

くくるのレスポンスは気分次第。只今新しいショッピングエコバックの中がお気に入り。台所の入口でこのバックの中に潜み通る人の足元にちょっかいを出すのが楽しいらしい。
くくるの気分次第のレスポンスは本能の赴くまま。。。というより少々人間臭いところもあるのがなんともかわいらしく・・・

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方