焼き葛餅とパソコン

おとといの懐石秘密箱でいただいた「焼き葛餅」の味が忘れられません。
夏の暑い時期に、温かいお菓子とは、贅沢・・・でもありますし、胃腸にやさしいだろうな。とも思います。そんな理屈抜きに、美味しかった。そして、、忘れられない。
で、どうにかしてもっと食べたいと思ったので、検索しましたよ。

この会に一緒に出席していた方が昨日教室にいらっしゃいました。第一声「焼き葛餅おいしかったですよね~~~」でした。彼女もネットで「焼き葛餅」と検索していたようです。
が、なかなかみつからなかったと。

だったら、一緒に探してみましょう。とスマホからグーグルで検索してみました。そして、数件見くらべ、今度はこれもまた一緒にいらしていたお友だちにそのレシピをメールで送りたいとおっしゃいました。

ということは、「焼き葛餅」のレシピのページのURLをコピーしてメールに貼りつける。という作業が必要になってきます。

最近iPhoneのお客様がほとんどでアンドロイドのスマホ率が下がったので、使い勝手に戸惑います。が、受講生の方のご希望はたいてい多くの方が思うことなのでインターネットでお調べするとすぐに解決策が見つかります。

それをまた、噛み砕いてその方その方に応じてわかりやすくお伝えするのが私のお仕事だと思っています。何も私の頭の中に全部入っているわけではないですからね。それだけの情報をいれていたらパンクします。

ホワイトボードに書いた、このお客様がこの日教室でやりたいことリスト。本当はメモに書いてきたのに忘れてきたとおっしゃるのでヒアリングして思い出していただきました。

この方は最近ブログを始めたのですが、それにまつわるモロモロ満載です。
特殊な分野のブログをお書きになっているので早速コメントが入るそうなのですが、中にはコメントが入れづらいと連絡がくるので、コメントの書き方を教えたい。ということでした。

お使いのブログはいろいろカスタマイズできるので、コメントボックスがどういう動きをするのか検証し、設定を変更しました。

そして、その使い方をキャプチャーし、操作方法のブログをあげようか?とお話していたら、、


「簡単にできるようなのでやってみてください♪」ってメールしておきます♪

と。
確かに、確かにそうだわ。それでいいんですよね。初めいろんなコメントが入ってくるのを怖がっていらっしゃったのでいろいろハードルを設けていたのですがやりすすめるうちに大丈夫にもなっていたのでしょう。理屈もわかってきたのだろうし。

ということで、お蔵入りしたキャプチャー画像がもったいないので、譲り受けました(笑)

ところで、この方アンドロイド端末をお使いなのですが、LINEカメラやBloggerアプリで写真の読み込みができないという現象が起きているのですが、皆さんの端末はいかがですか?

これも一応はネットで検索をかけて、そういう事例があるということはわかりました。
そこには解決策が施工されるまで待ちましょう。みたいなことが書かれてありましたが、それって、待っているうちに次々何かがでてきますよね。「今」やりたい「今」はやっているのに。

で、この件について詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。<(_ _)>

コメント

  1. ベイピコママ2014年7月16日 22:27

    昨日はありがとうございました。紅茶で焼き葛餅作ってみました。黒糖の方が、美味しいと思いましたが、何か似たのが作れました❗30グラムの本葛で二人分しかつくれないので、(先生には、一人分) かなり高いお菓子になります。
    私の事を文にすると、こうなるのだと、楽しく読ませていただきました。
    スマホから投稿したいので解決策見つかったら、教えてください‼よろしくお願いいたします��

    返信削除
  2. ☆ベイピコママさん
    コメントありがとうございます。私も紅茶で作ってみました。葛粉を買いにいったはずなのに忘れてしまいそれでも食べたくてしょうがなかったので片栗粉で作りました。
    こちらも30g使用しましたが、二人分がいいところですね。
    たくさん作りたい時は値段もさることながら練り上げるのが大変だろうな。。と思います。昔給食で牛乳餅を同じく片栗粉で120人分作ったことがありますがかなりの重労働でした。

    で、リンクを早速活用した記事拝見しました~即実行!さすがです。
    スマホからはいろいろ諦めなくてはいけないこともありますが、待っていたら何もできないので、今あるもので楽しんでください♪

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因