iTunes11.3にアップデートしたらiPhoenを認識しなくなった

iTunes11.3 にアップデートしたら iTunesでiPhoenを認識してくれなくなりました!!

とお客様より泣きのメッセージをいただきました。
たいていは、、たいていはですね、、アップデートがでて、それの不具合は一人の方だけにおこっている現象ってことは少なく、世界中のあちこちでおこっていることが多いのです。

てことはですね、
「ちょっと~~!!こんなことになってますけどぉ~~!!」
とアップルさんに情報を送っている人たちがいるはずなので、3,4日もすれば修正アップデートが行われることがほとんどです。

が、お客様がアップデートを行ったのが7月11日。ご連絡くださったのが7月18日。
少々時間がたちすぎています。
お客様自身もお調べになったらしく、そのような事例がのったサイトのURLを送ってきてくださいました。
ふむふむ。。やっぱりあちことで同じ現象が起きて。。。

でも、この手の不具合を治そうと思うとたいていは大変なんです。。待っていればひとりでに治っているかもしれないのに、自力で治す方法を調べてのせてくれてたりするんです。

で、たいていはこの手のものは、普段は間違ってボタンを押しても開くことはないだろう画面を開かなくてはいけないのです。
はい。ちょっと、面倒です。私でも日ごろはそんなところをめったに見ないので緊張もしますし。日ごろ見ない画面ということは下手に触ると他のものが不具合を起こす場合もあるわけで。。。。
できればやりたくないことの一つです。

が、お客様の「あなたなら大丈夫♡」という潤んだ瞳を見ているとなんとかしないと。。


今回はiPahone と パソコンは認識しあっています。故にケーブルの損傷は考えられません。
が、何かの原因で iPhoneをデバイスとして認識していない。という感じのようです。

http://support.apple.com/kb/TS1538?viewlocale=ja_JP

に載っている通りにすればできます。
ただし、

C:¥Program Files¥Common Files¥Apple¥Mobile Device Support¥Drivers

この記述が何を指しているか「読めて理解できる」かたに限ります。
何のことを言っているのかさっぱり分からない方は、同じ現象が出た時はプロに依頼してください。

車だったら修理屋さんに出すのに、パソコンだったら自分でできる。
と思わないようにしましょう。
素人の方がわからないままこねくり回した後の修理やメンテは、時として厄介なことになっていることがあり、時間がかかる時もあります。
時間=料金 となりますからね。
思い切ってプロにお任せするのが得策です。


今回は私でなんとかできるレベルでしたので、メンテの神様にお預けしなくて済みました。
いざとなったら頼めるひとがいる。だから私のできることを自由に思い切りできる。
私だってそんなものです。

我が家のお嬢様「くくる」は癒しのプロです。あと、いやがらせのプロです。昨日新しく出してもらったおもちゃで誰も遊んでくれないので一晩中私の布団の周りをそれを咥えてチリチリならしながら歩きまわっていました。わざと、自分の体か、おもちゃの一部を私の体にぶつからせて。。。

かわゆす!!

0 件のコメント:

コメントを投稿