品ぞろえ

金沢に越してきまして昨日でまるっと1年たちました。
なんだか、無我夢中の1年だったように思いますし、近年にない変化の1年でもありました。
何が一番変わったかというと…

たぶん、私自信の物の考え方。

鶴来から金沢に引っ越して一番に得たものは「時間」でした。
通勤時間という時間が大幅に短縮され、車ではなく歩いて教室まで行くことによって、目に映るものが変化しましたし、それによって考える方向も違ってきました。

今まで「私に構わないで!一生懸命やってるんだから口を出さないで。お願い張り詰めていていっぱいいっぱいなの」といった具合だったと自己分析しているのですが、
時間の余裕ができると、他人様の言うことに耳を傾けてみよう。という気持ちにもなりました。

ちょっと前はあまりにも心が張り詰めておりまして、私へのアドバイスはすべて私を否定されているような気持になり、感情が高ぶり涙がでてきたりしました。

今は、ちょっと聞いてみようかな。と耳を傾けることもできますし、ある意味、聞きたくないと思ったら心をそらすこともできるようになりました。
我儘なおばちゃんになってきた。と言えばそれまでですが、(笑)

時間の余裕は食生活も変化させました。
一番は少々の晩酌をするようになったこと。

アルコールというのはおかしなもので、家で今日は飲もう!と思うと料理をするのも楽しくなるのです。

毎日精米してでる糠で、初めてぬか漬けに挑戦するなんてのも、アルコールの力だと思います。

そして、最近よく調理するのが、牛筋。
今日も、午前中はマンションにて打ち合わせなのをいいことに、牛筋を煮込むことにしました。
牛筋カレーにしようか、、醤油味でにようか、それとも塩麹味もいいかも、、、なんて思いながら只今ことことことことと煮ています。

ところで、
金沢に来て驚いたのですが、スーパーでよく牛筋肉を売っていること。
鶴来ではめったに手に入らず、貴重食材でした。
おでんのシーズンになると透明な筋の部分を串に刺したものは売ってましたが、肉売り場にドン!と牛筋が並べられているなんてことはありませんでした。

売れるから。
なんでしょうね。

鶴来では売れないから
なんでしょうね。

先日の花火大会でこの牛筋でビーフシチューを作りましたら、たまたま来ていた三男のお友だちたちに大絶賛を受けたらしく、しかも三男のお友だちは恥ずかしがり屋さんばかりでその場では言わず後日三男にあった時に言っていたそうで、
その話を聞きながら兄たちは、「俺らの友だちはすでにカーに胃袋つかまれとるしな~三男の友だちももっと食べに来ればいいのにな」なんて言ってました。

もう、本当に男の子ってかわゆすなことを言ってくれますね♪

なので、お盆前でなんだかお仕事がバタバタと忙しいのですが、今日もお夕飯何にしようかな~~とか「ルン♡」な気分で考えちゃったりしてるわけです。

こんな毎日。
幸せだな~~~~としみじみ感じています。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ