結婚お祝いDVDは今でも流行ってるみたいよ

二男のまわりはどうも結婚ラッシュらしい。
21歳の二男にしてはちと早いラッシュのような気もするし、昨今晩婚と言われる世になんともめでたいな。とも思ってみている。

二男の人付き合いのマメさは、少し見習わないといけないな。なんて思うのだけど、故に結婚披露宴にもお呼ばれするらしく、披露宴の余興に奔走している。
まあ、余興は私も若いころは宴会となると率先して舞台の上にたったものだけども。

先日外で焼き肉を食べていたら、二男から電話が入った。

「おかん、ムービーメーカーわかる?USBメモリでデーター持ってきたみたいなんやけど、会場で映らんからって友達のパソコンの前ねん」

だそうだ。


これは、私もよくした失敗なのでなぜ映らなかったのかがよ~~くわかる。

ムービーメーカーのデータは元の写真や動画、音楽データと一心同体なのだ。だからムービーメーカーのデータだけを外に持ち出すと、元の写真、動画、音楽データを参照できず画面はバッテン印だらけになり再生できなくなるのだ。
いわゆる「リンク切れ」の状態。
ムービーメーカ上で見えているタイムラインにある写真などは、実は、この写真のある場所を指示している(リンク)だけで、サムネイル(仮の姿みたいな)でそこにいったん見えているだけなのである。

このムービーメーカーのデータをビデオ形式で保存して初めて、どこに持ち歩いても大丈夫なデーターになるのである。

そのパソコンを持って繋げばなんとかなった。。かもしれないけど、それでもムービーメーカーの状態なんで、画面は動画の画面とちょっと違ってきてしまう。


で、二男がすべてを話さないうちに困っていることが分かってしまったので、しょうがない電話で誘導してやった。
「使っているパソコンのバージョンは?」
「ムービーメーカーのか?」
「ちご、WindowsXPか?vistaか?7か?8か?」
「あ~~ん、えっと7」
「はいはい」
ムービーメーカはWindowsのバージョンによって進化を遂げてきているのでそこをきないと画面の様子がまったく違い誘導できないのである。(vistaと7はよく触ったので画面は頭の中にある)

「じゃ、今ファイル開いとる?」
「うん」
「中身の写真とか音楽の帯が全部見えてる状態やね?」
「うん」
「じゃ、右上にムービーを作成みたいなボタンない?」
「お~~、あるある」
「それぽち」
「ほい」
「DVDにするみたいなボタンぽち」
「ほい。お~なんか始まった!」
「今の画面はムービーメーカーのファイルを動画ファイルに変換しているところやから、しばらく時間かかるしその画面終わったら電話して」(この作業は者にもよるが20分くらいかかる)

うちの二男はパソコン音痴である。高校を卒業して社会人になりパソコンを使わなくてもよい仕事についているのでパソコンは電源をいれるくらいしかしらない。
なので、二男がもし私のことを信頼していなかったら電話で誘導なんて無理なんである。
でも、数々の電話で遠隔誘導の場面を見てきた二男なので、私が言うとおりに答えていれば結果にたどり着くことをわかっているのである。

ここ大事。相手を信頼していなければ、言葉を全部聞かないのでこちらが言っているボタンが目に入らなくなってしまうのである。

で、焼き肉も終盤になってもう一皿頼むという長男三男をしり目にデザートを注文したようなところで再び電話がなる。

「終わった!」
「はいはい。そこから今度はDVDメーカーっていうソフトが自動で立ち上がって次の操作しんなんから、今何見えとる?」
「DVDメーカーっていうので、その動画みたいな絵見えとる」
「はいはい。んなら次へみたいなボタンない?」
「ある」
「んなそこぽち。そしたら、最初のメニュー画面選ぶところになると思うから右から好きなの選べばいいわ」
「うん。なんでもいいしこのままでいいわ」
「なら、また次へみたいなボタンない?」
「ある」
「んならぽち。あとはDVD入れてそのまま進んで終わると思うわ」


夜遅く帰ってきた二男から
「ありがと、うまくいったわ。友達もありがとうって」とハーゲンダッツのマカデミアナッツをもらった。


「え~~~~~っと、、、遠隔操作は1件5000円~なんですけどぉ」
「お!ありがと!」

遠隔操作は受講中の方は5000円~、受講経験のない方はお受けしてません。だってどんなパソコンを使っていてどんな癖があるのかもわからないので。
で、近親者はハーゲンダッツらしいです。250円ってどうよ。(笑)


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因