無料キャンペーンはありか?

「無料体験」はYESか?NOか?

答えは

YES

でもあり

NOでもあります。



前回の続きですが、価格設定で悩むときに

「安くするとお客様が来る」
という思い込みの中にいる人は、逆に「無料体験」は割が合わないからやめておいた方がいいといいます。

「適正価格」を算出で来ている人は、「無料体験」もありだという理屈がすぐにのみこめます。




「無料」を打ち出せるのは、ちゃんとした「下心」が計算されているからです。



下心なんていうと、お金をもらうことに罪悪感を感じている人はますます、「ムリムリ!」って思うでしょうね。



でもま、下心がわかっていない人は「無料体験」なんて怖くてできませんからね。
お客様には無料でも、オーナーにとっては持ち出しが必ずでてきますからマイナスになっちゃいますもんね。
下心がわかっていないと、この持ち出し分だけでも元を取ろうとして「ワンコイン」とかやりたくなりますよね。


去年私は「スマホ勉強会」を無料で行いました。
のべ200人ほどの方に参加していただき大変有意義なものでした。
私はこの無料のスマホ勉強会をやったことによって、今年の売り上げが伸びたと言っても過言ではありません。

なんでか?


無料のスマホ勉強会は私にとって「お客様の心」をリサーチするためのものでした。(ご協力いただいた皆様ありがとうございます)
そしてその結果が手に入り、そして、スマホ教室は主力商品にはしないことを決めました。
その結果、私の仕事はとてもシンプルに絞られ売り上げが伸びた。
というのがざっくりとした結論です。


私はスマホ勉強会を開催しようと考えている頃は非常に苦しい葛藤の中にいました。
「やってもやっても儲からない」
という思い込みの中で自分はいったいいつまでさまよえる道を進むのだろうか?と思っていました。


苦し紛れにいろいろな企画を企てますがどれもパッとしませんでした。
その時に「下心」をきちんと自分の中に落とし込む作業を優先しました。
はやる気持ちを抑えまずは自分と向き合った。
そうして、でてきたのが「無料のスマホ勉強会」だったということです。



まあ、その時に一生懸命計算していた数字は結局はポイッしたのですが。
その時動いた結果は私の財産となりました。





自分の中にある、不安、恐れと向き合う。
この作業は未来につながります。
そして、その不安や恐れを自分自身で癒すことができたとき、自分の中に、安心や自信が生まれます。
どうやって向き合うのか?
ま、それが、「コトバオンチでもできる発信力トレーニング」なのでございます。



「無料体験」はある人にとってはYESだし、ある人にとってはNG。
あなたにとってYESなのかNGなのか。
その答えはご自身の中にあります。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方