期限を切る勇気

Windows7のパソコンの電源を入れると必ずでてくる「Windows10」への無償アップグレードのお知らせ。
とりあえずWindows7のマシンはそのままもう少し使う予定なので、メッセージを無視しておりましたら・・・


今朝電源を入れたMYPC


いつもは右下に控え目に出てきた画面が、とうとう画面ど真ん中に「デン!」と主張してでてくるようになりました。

しかも、「入手する手順」の説明書きと動画までついて。


「ちょっと、あんた、無償で使わせてあげるって言ってんのになんで使わないの?
あ~~~わかったぁ、やり方わからないんでしょう~、あ、もしかして気が付いてない?そうでしょ、きっとそうでしょ。はいはいわかりましたわかりました、さあ、どうぞ! byMicrosoft」

てな感じでしょうかね?


この画面と、ネット上で何かを踏んでしまって現れる、広告画面とどう区別しろというのでしょうかね?

Windows10は、新しいパソコンとともに導入する予定です。
先日、Windows10にアップグレードしたパソコンを教えてほしいと呼ばれましたが、初見でも問題なくお教えできたので今のところ自分の環境を急いで10に変更することは必要ないなと思っています。

まあ、新しいデスクトップパソコンがほしいと思っているからなおさらなのですが。



Windows10に無償アップグレードできる期限は1年でしたっけ?
えっと、いつから1年だったかな。。。

「 Windows 10は、Windows 8.1/7およびWindows Phone 8.1のユーザーに対し、リリース後1年間は無料アップグレードとして提供されることが発表された。また、一度アップグレードした機器は「端末が寿命を終えるまで」無料でサポートされるとしている。」

また、「提供開始は2015年7月29日」となっていますので、そこから1年。

まだまだ先だと思っていたらあっというまにきちゃうのが期限ですからね。






サービスに対して「期限」というのは「無期限に」と言わない限り常識の範囲であると思っています。
常識というのがどこを基準にあるのかと言われると人それぞれの主観なので難しいのですが、ただ、仕事上の取引になるとあまりダラダラとやるというのは良くないと思います。ダラダラ仕事はなんだか締りのない結果になってしまいます。

やると決めたのなら、優先順位を上に持ってきてとりかかる。
それが、仕事全体のクオリティを上げるコツだと思っています。
優先順位を上げるということはそのことにかかわる時間をきちんととる。

これは、自分がお仕事を請け負う時にはもちろんですが、依頼している場合も心がけています。
「せっかち」ととられるのか、「きちんとしている」ととられるのかは人それぞれだと思います。




ホームページ作成塾は10月より期限を切っています。
入塾から3か月。けっこうハードです。

が、ホームページ作りのようにエネルギーを必要としていることに取り組むのに集中力はそんなに長く続きません。スタミナ切れを起こして完成できない。そう、まるで網掛けのセーターが何枚もできるように。バレンタインデーの前日にあわてて残りを編んでなんだか片袖が長くなってしまったセーターのように。

たしか、本を買って毛糸を買ったのは確か秋だったはずなのに・・・


熟練してくれば日をおいても前の網目からきちんと編むことができます。編む力加減も同じに。
でも、素人はどうやって縄模様を作っていたのかその模様のどこまでを編んでいたのかわからなくなってしまいます。だからと言ってほどいて最初からやる勇気もない。

1か月でやるぞ!
と決めたら、1か月の間のどこにその時間を作るのか。その計画からやるといいですね。



さて、年内に公開したいとおっしゃっているホームページ作成塾の塾生がスケジュール帳を埋め尽くしています。お客様の期限を達成するために私の努力も必要です(あたりまえですが)コツコツとやるしかない!!みなさん頑張りましょう~!!

要は、、、

コツコツやるしかない!

のであります。何事も。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方