行動に意味を持たせる④

「努力」「頑張る」というコトバが「やぼったい」というか、なんだか悪者扱いになっているような気がするんです。
とくに、女性の間で。

努力も頑張るも「行動」している姿だと思うんですよね。
で、何事も行動しないとはじまらないし終わらないんです。

ただ、やらなくちゃいけないことを努力や頑張らなくて、やらなくてもいいための勉強に努力や頑張っている人がいるな。。。
と思いません?

「プチ起業」なんて言っている方には、私のホームページ作成塾は高価な商品だと思います。それに、私は入塾いただいたら売上を上げていただくことを目標としますから、ホームページを持つことはステイタスだとしか思っていない人には今後はお断りしていこうと思っています。
教えていても、何も進まないし、塾でお教えしていることの意味を理解していただけないと思いますから。

じゃ、何をもって線引きするのか?と聞かれますと、とりあえずは事業計画がどれくらい描かれているか?というところじゃないかな~と思っています。

売り上げ目標月8万円。
でもいいんですけど、その根拠は何か?ということを明確に説明していただかないとホームページの見せ方も違ってきます。
でも、月10万円以下の目標で、合計30万円以上になるホームページはもったいないと正直思っています。

今は月5万円でもいいんです。
でも、数か月先には30万円になっている目標があることが大切なんです。








ホームページ作成塾において、
すでに起業をしていて事業計画なんてものが当たり前になっている人と、
目標なんて難しくてわからない~。お金じゃないんですこの仕事がすきなんです。なんて甘っちょろいことをいってお金にブレーキがあるなんて言われて喜んでいる人とと、同じなわけにはいかないんです。

放り出すわけではありません。
そんな方は、ホームページを作る前にワンステップ踏んでもらうものを用意しています。

ターゲット設定や、目標設定をご自身としっかりとリンクさせて落とし込む作業です。
それが、理解できないと、ホームページは3か月たっても半年たっても出来上がらないのです。


中身のない薄っぺらのホームページは持たせたくない。
塾生には時々厳しいことをお伝えして怒らせてしまいます。だけど、その怒りの感情も必要だと思うのです。ここで、「なにくそみていろ、ばかにしやがって!」というエネルギーでもいいので向かってきてほしい。
そこからの意見のやりとりで、しっかりとした骨組みが出来るのです。


芯、骨組み、軸。
なんでもいいです。
「相手の立場に立てる思考」
この思考を持っていただくことから始めています。それが、芯、骨組み、軸になっていきます。

不思議なもので、ホームページ作りは、商売のために作るのに、家族や、生き方にまで波及していきます。


コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方