なぜできなかった?それは「コトバオンチ」だったから。

ホームページの重要性がわかっていらっしゃる経営者様ほど、ホームページを作ることが難しいということを理解しています。

ホームページを作るのは難しい。
何が難しいのでしょう?

最近のホームページを作るソフトやツールは本当によくできていて、ホームページ専用の言語htmlを理解しなくてもページが出来上がるようになっています。
なので、パソコンやスマホの電源が入れられて、入力ができて、画像をほかのフォルダから参照して貼り付けることができればページらしきものはすぐにできてしまいます。


ご自身でホームページを作った方は、「そうそう簡単なのよ!!」とおっしゃると思います。

返って、業者に依頼した方の方がホームページ作りがしんどいものだと知っています。


ホームページにはたくさんの「文章」を必要とします。
いろいろなサイトを見渡してみてください。なんと文字数の多い子とか。
文字があってそれに関連する写真や図があって。
文章を順番に読んでいけば理解できるような「流れ」が出来ていて。

長ければいいというものではなく、「わかりやすく」
しかも、いろいろなキーワードをさりげなく差し込んで。


ホームページに真剣に取り組むと、ご自身のご商売の根底を見直すよい機会だと気が付きます。

それだけ、ホームページは「なんちゃって♪」では作れないのです。




業者に頼んだとしても、ご自身の商売はご自身しかわからない。なので、ご自身の商売をページに仕上げていくためにご自身で考えないといけないのです。


業者に依頼してからそういうことに気が付いた人は、最悪、手つき金を支払い、ラフ案が仕上がってきたころに自身のご商売の棚卸が出来ていないことに気が付き、業者に依頼したにも関わらずキャンセル。ということになってしまいます。

お気の毒ではありますが自業自得です。
ホームページや名刺はあなたそのものです。
取り組むときは時間の計画をしっかりとたて、ご自身に向き合う時間と場所を整えましょう。

「いろいろ忙しくって」
と思う場合は、ホームページ作りはやめておいた方がよいです。



さて、このような失敗をたくさん経た方が、ホームページ作成塾にお問い合わせをいただきます。
何がホームページに大切なのか痛いほどわかっていらっしゃるので、当塾なら今度こそやれる!と感じるのだと思います。

ホームページ作成塾で教えていることは、Jimdoというツールの操作方法ではありません。
それはおまけです。
パソコンに向かう前の大切な部分。
ご自身の棚卸。
それをお手伝いしています。


もしも、業者に依頼をして「文章を考えてください」と言われ、何をどうしてよいかわからずとん挫してしまい、気まずくなりそうになっている方がいらっしゃいましたら、どうぞ、一度当塾にお問い合わせください。業者とスムーズにお話が進むようお手伝いさせていただきます。

ITオンチでもできるホームページ作成塾は、実は、コトバオンチでもできるホームページ作成塾なのです。

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方