さかいめ

プチ起業と起業の境目ってどこなんでしょうかね?

売上?
働き方?

おうち起業家でも大成功をおさめている方もいらっしゃるでしょうし、
ママ起業なんて言葉もあるけど、ママ起業でも何億も稼いでいる方もいると思います。


そんな方々は思うでしょうね。


プチ起業=ママ起業=おうち起業
っていっしょにしないでよね!
私たちは「真剣」なんだから!!

とね。





お客様を求めて、お客様からお金をいただく行為が発生した時点で、それがたとえ10円の商品でも、1万円の商品でも売った責任が生じます。
「プチ」が頭についたからといって責任がなくなるわけではありません。


子どもがいるから。
介護があるから。
体力がないから。

だからプチ起業でいい。


というのはおかしいです。

あ、子どもがいるから、介護があるから、体力がないから起業するなと言っているのではありません。
プチなんてつけて、どうせ私なんてそんな稼げるわけがないから。。
みたいな気持ちは捨てて、

今ある時間、体力で思い切りお金を手にしている。という実感を持って仕事しようよと言いたいのです。


売上が上がらない言い訳に、家族や体力を持ってこない。
売上が上がらないのは商売のやり方がよくないからで、こどもや、お母さんや、自分の体力のせいではないのです。


「も」族
「しか」族

という話を知ってますか?


10円の売り上げがあったとします。

10円「も」いただいた。
10円「しか」儲からなかった。

この言霊はぐるっと宇宙を回って自分にちゃんと帰ってきます。



以前先輩経営者が
「お客様の施術をしているときにね、急に涙がでるくらい「ありがとう」という気持ちがこみ上げてきて、「ありがとう」「ありがとう」と手を動かすたびに心の中でつぶやいていたのね。」
その方はとても幸せそうなお顔で私に話してくださいました。


その方はその時から事業が急成長したそうです。





ホームページ作成塾の塾生の方には、いつもいいます。
物事を一方向から見るくせはやめておきなさいと。
自分でない人がそれを見たときにどこを見るか。その物のどの情報がほしいと思うのか。
想いを馳せなさいと。


商品だけでなく、いただいたお金もいろいろな方向から眺めてみるとよいです。
いとおしくて仕方がなくなります。
ありがとう、おかげさまで。
という気持ちがひとりでに湧き上がってきます。


何に「ありがとう」と思うのでしょうか?
お金が手に入ったから?


この答えがわかった時、「プチ起業」なんて言ってられない。と気が付くのかもしれません。


朝、ゴミ出しのごみを準備してから食卓に戻ったら、テーブルの上に半分にちぎったドーナツがありました。
前日の夜次男がお土産に買ってくれたドーナツをのぞいたら、美味しそうなドーナツがあったので、「ドーナツ明日の朝食の分だよね?今食べちゃいけないよね?」と聞いたら
「あ!!キャラメルのやつ食べようと思ったやろ?ねえ、思ったやろ?それ俺のんだからね」
とたしなめられました。

ま、夜も更けていたので食べずに寝たのですが。

そうしたら、半分私にくれたようです。

「わ~~~~い」と叫びましたら
「しゃ~~なしやぞ。」なんてかわいいんでしょう♪


本当はドーナツ屋さんはしょっちゅう行くので、いつでも食べられるんですけどね。お店で出来立て食べた方がおいしいんですけどね。この半分のドーナツは格別な味に決まってるじゃんね♪


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因