祝!Jimdo Founder Selection 受賞!ありがとうございます。

全国数十万のJimdoのホームページの中から選りすぐりのホームページを選出し、年間のベストページを決定するホームページアワードJimdo Best Pages 2015 に参加してまいりました。

このスクリーンに映し出されている3人がドイツでJimdoを作った、JimdoFounders(創設者)です。
10代でホームページ制作の会社を作り、よりユーザーが使いやすいツールの開発をし、Jimdoが生まれました。

そして、2015年日本のJimdoユーザーは100万サイトを突破しています。

Jimdo Best Pages 2015では、

大賞
Jimdo Best Page すべての部門の中からベストページを選出
部門賞
Jimdo Best Online Store オンラインストアとして優れているページを選出
Jimdo Best Content     素敵な内容として優れているページを選出
Jimdo Best Design     デザインの優れているページを選出
Jimdo Founder Selection Jimdo Foundersがセレクトしたページを選出

と5つの賞が7日、品川インターシティホールで、授賞式が行われました。

そして、なんと今回はITオンチでもできるホームページ作成塾から、「瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室」がノミネートされていました。


作成塾のデザイン部門をお願いしている浅木さんとのツーショット。
二人ともノミネートだけでお腹いっぱいですよね~~~と、もはや緊張で上の空状態でした。
賞に選ばれるかどうかなんてことより、このノミネート席に座っている気分を満喫しよう!瀧川さんに感謝して、思う存分楽しんで行こう。
そんな気分でおりました。
あとからこの写真をみましても、二人ともおかしいくらいに顔がひきつってる(笑)


Jimdo GmbHのChris Hibertの基調講演の後、審査員が紹介され、ノミネートページが大きなスクリーンに映し出され、、、

そして、、、、


25分の休憩。。。


あああああああああ。。。もう勘弁してくれぃ。。。
心臓が持たない。



そして、、


ついに


発表の時が。




最初に発表されたのは、デザインの優れているページに贈られる Jimdo Best Design 賞


「東練馬 リトルシニア オフィシャルサイト!」

もしかして、もしかしたら、もしも、選ばれる可能性があるのだったら、デザイン賞かも。。。と思っていたので、最初の発表で、もう賞に選ばれることはないな。。とあきらめていました。(どんだけ取る気満々だったん?)


そして、次々発表される賞はすでに、観客の気持ちになっていました。


「ただいまより、Jimdo Founder Selectionの発表にうつらさせていただきますが、こちらは、ドイツよりビデオメッセージにて発表とさせていただきます」

司会者の説明の後大きなスクリーンに映し出された、Jimdoの創設者の3人方。
たぶん、英語だったと思います。

字幕スーパーを目で追いながら、「ta」の発音を字幕スーパーででるより先に聞き取らた私は、同時に「きゃーっ!」とも「ひょーっ!」とも区別できないような声を発したように思います。

創設者の口から出たのは
「瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室」

でした。

まぶしい壇上にのぼり、クリスからトロフィーをいただき、なぜ、今回このページが選出されたのか再びビデオメッセージにて発表されました。
後日この時のビデオが公開されるそうなのでその時にご紹介いたします。



この画像は、最後に受賞された、大賞のBestPage賞を受賞された HIROSHIMA Study Abroad Ambassador の代表の方がお話しされているところですが、壇上で私たちが映っている写真がまだ手に入っていないので借りてきました。

今回瀧川さまのホームページを作るに当たり気を付けたことは、
こども絵画教室の生徒募集が一番の目的であるページだが、教室を決める決定権のある人の設定からずれないこと。
大人の絵画教室に通う中、高齢者の子世代と、こども絵画教室に通う子どもの親世代が同じ世代であることに注目し、また絵画教室に通わせようと思う親の背景を瀧川さまとたくさんお話しし、ページ作りをしていきました。

ページのコンテンツをJimdoの操作方法を覚えていただきながら作り上げ、すべてのページに入力し終えてから、Jimdoのコーディングを北海道のWEBデザイン研究所BEEの浅木さんに依頼しました。(檀上私の右隣)。浅木さんが特に気を使ってくださったのは、瀧川先生や、子どもたちの力強い美しい絵を引き立たせるデザインにすること。

余計なものを省き「行間」に気を配っていただきました。

このサイトのページオーナーは67歳の眞人さまの奥様てるみさんです。
以前あったページが管理していた方がお亡くなりになり、更新が出来なくなったというご相談がご縁でした。自分たちで更新したい、パソコンはネット検索やメールのやりとりができる程度。
「私のようなITオンチでも大丈夫?」
と心配されておりましたが、毎回出す宿題もこなされ、最短記録で構成が完了した方です。

公開後数か月たちましたが、子どもたちの受賞作品などを更新され、時々操作方法を忘れたからとスカイプで受講されます。

本当に美しいページなので、ぜひ一度ご覧ください。


 瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室

今回の受賞に当たり、たくさんの応援メッセージを賜りありがとうございました。受賞したことは、うれしい反面、更なるステップアップ、ステージアップを期待される重責が架せられたとも感じております。
今まで以上に努力し、そして精進してまりますので、
どうぞ、今後とも オフィス アポジラ をご支援ご鞭撻いただきますよう心よりお願い申し上げます。

ありがとうございました。

 jimdobestpages


コメント

  1. うおおおお~っ!!
    おめでとう~っ!!\(^o^)/ おめでとう~っ!!\(^o^)/
    事前にノミネート作品見てて、これは絶対受賞間違いなしって思ってたけど、それでもドキドキしてたよ~っ!!
    あああ、めでたいねぇ! よかったねぇ~っ!!

    返信削除
    返信
    1. 賞は欲しい!とは思っておりました。正直思っていましたとも。でも、名前が呼ばれた時はきゃーっ信じられない!でした(笑)

      嬉しいです!心の底から嬉しいです!

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方