投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

「小規模事業者特続化補助金」の第二次募集が近々発表される予定です。

イメージ
小規模事業者特続化補助金について、専門ではありませんが、数年前間違った解釈をしていて、教えてもらってびっくりしたことを少々。 計画ありきの補助金申請 途中挫折の原因 誰に見てもらう書類なのかということ 計画ありきの補助金申請 小規模事業者特続化補助金について、公式のサイトでは、 「経営計画に基づいて実施する販路開拓などの取り組みに対し、上限50万円を補助金(補助率2/3)が出ます。」 とあります。 お役所の文章は理解するのに、ちょいと慣れが必要で、75万円販路開拓などの取り組みに対し支払った金額の2/3の50万円を補助しますよ。ということです。 50万円の補助がほしい!!と思っても、支払うお金が75万円手持ちにないとだめということと解釈してます。 ただ、別に30万円使って20万円の補助金を。 というのでもいいんでしょうけども。 どちらにせよ。 いったん全額支払う能力がないといけません。 これ、私は勘違いしてましたから。 「わ~~~~い!!もらえるんだ~~~!!」 お気楽主婦あがり、自分の都合の良いように解釈するのは得意です。 で、教えてもらって、「え?75万円支払えるお金がないとダメなの?」「え?25万は持ち出し分ってことなの?」としって、一気に意気消沈した覚えがあります(笑) それでも、お金はほしい! といろいろ調べましたよ。 販路拡大だから、チラシ、、ホームページ、、あ、パンフレットも作ろう、名刺も販路拡大だよね。 で、ホームページに5万円で、パンフレットに2万円で、となまじ安く作る方法を知っているものだから、計画のみみっちこと、みみっちこと。 30万円にすらどんだけ頭をひねっても、ならんのです。 電卓も3回たたけば答えがでるような、、、 で、やっとわかったんです。 資金がないから補助金申請。ではなく、計画があるから補助金なんだということが。 途中挫折の原因 そして「経営計画書」「補助事業計画書」などなど、書類がいっぱい。 数字と、その数字を裏付ける根拠が必要。 書いているうちにわけがわからなくなりました。 だってねえ、計画があいまいだから。 お金欲しさにやってたから。 あ~~~~ん、だれかやってよ~~!! と思いましたが、その時は誰がそれをやってく

なんでもかんでもネットです。

イメージ
9月から、うちの猫が3匹になり、何かとあわただしい毎日になりました。 何が一番大変と思うかというと、トイレ。 餌の消費よりも、トイレマットや猫砂の消費が激しく、取り替えるときに使用するビニール袋もあっという間に減っていきます。 マンション住まいになってから、すっかりアマゾンのお世話になることが多く、トイレマットや猫砂、カリカリはアマゾンでポチっとな。で終了です。 アマゾンさん、、というよりも、宅配のお兄さん、重い荷物をもって、玄関先までいらしていただけるありがたさ。 こういう時代に生まれてよかった~とつくづく思います。 たぶん、これからどんどんどんどん、ネットで便利な時代になると思います。 今ココについていけなかったら、この先どんどん置いてけぼりになっちゃうなと、必死でついていってます。 絶対にネットやスマホが使えてた方が便利だと思うから。 あと10年もしたら今と全くまた違うと思われるし。 10年たっても私は60だし。 まだたぶん、元気で今とあまり変わらない感じでやってんじゃないかと勝手に想像してますが。 ということはですよ。 発信するほうも、今についていけてないと、10年後にもついていけないということじゃないかと。 まあ、もしかしたら、ものすごく簡単になっている可能性もあるんですけどね。いや、たぶん簡単になってる。 でも、簡単かどうか比べられるのも今ココを知ってるからだと思うしね。 「10年前なんて、めちゃくちゃ面倒だったのよ~」 と言える60歳でいたい。 キーボードをカタカタやる私の手で遊ぼうとするチビ。 ゴロゴロいいながら、にゃーにゃーと遊べとうるさい。 ということで、きょうはここまで。 とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら ITオンチでもできるホームページ作成塾 パワーポイントでファイル納品 WEB文章作成指導   JimdoCafe 武蔵   セミナーのご案内   伊藤雅恵Facebook お問い合わせ  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766) miniJ300石川 公式ホームページ  http://j300-ishikawa.jimdo.com/ *************

打ち合わせがてら、秋の散策。

イメージ
打ち合わせを兼ねて、お客様と。 秋の恵みを頂きながら、振り返りとともに、これからの計画を。 計画できたのかな?(笑) 食事後、神社にでもお参りしたい気分ですね。なんていって歩いていたら、間の前に鳥居が。 稲荷大明神。 仕事の(?)打ち合わせ中に、稲荷大明神。 なんとまあ、絶妙なタイミング。  意図せず、起こることで右往左往することもあるけれども、 意図せず、起こることでワクワクすることもたくさんある。 年を重ねると、右往左往も、ワクワクも、永遠に続くことではないことを学び、 だからこそ、今日一日が大切で、今日目の前にいる人が大切で、「有難し」と感謝しながら一日を終える喜びを知る。 今日一日。今日一日を経た未来。 帰り際、先日買ったはちみつがもうなくなりそうとおっしゃるので、はちみつを買いがてら、お店のカフェへ。 はちみつを食べ比べたのが初めてで、こんなにもはっきり味が違うのだと知りませんでした。 比べるとわかりますね。 今年は比べる機会に恵まれてます。 そして、どれが私好みなのか選択する機会に恵まれてます。 とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら ITオンチでもできるホームページ作成塾 パワーポイントでファイル納品 WEB文章作成指導   JimdoCafe 武蔵   セミナーのご案内   伊藤雅恵Facebook お問い合わせ  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766) miniJ300石川 公式ホームページ  http://j300-ishikawa.jimdo.com/ ************************************************************************** JimdoCafe 武蔵・金沢★コラボセミナー「ココをおさえたらもっとよくなるホームページ」 【日時】 11月5日13:30~15:30 【場所】 スタジオseri 金沢市諸江町上丁452-1(8番らーめん2階) 【参加費】 2000円(当日お支払いくださいませ) 【お申込み・お問い合わせ】 Jim

方向性が明確になるPRシート。エントリーするだけのツールにしとくのはもったいないですよ。

イメージ
昨日は、朝から夜一歩手前まで、J300石川の追加講座。 写真を撮るのも忘れるくらいに、エントリーのためのPRシート作成を支援しました。 「思い」を伝える相手に伝わるように表現するのは難しいです。 うまく表現できないものだから、文字で表現しなくちゃいけないのに、こっちは読んでいるのに、よこから説明しないといけなくなっちゃいます。 「いつも、そうやって説明してるでしょ。疲れませんか?」 パッと見ただけで、何者か、何をやってくれる人かわかる。 パッと見ただけで。 です。 それには、自分を分けることも大切。 自分を分けておくと、相手が欲している情報によって、どれを出すかが簡単に見つかります。 「思い」は意外と情報として一番に知りたいことではない。 ということです。 興味を十分に持ってから、最後に一押しに有効な場合もあるかと思いますが。 お気づきかと思いますが、 まずは、どんな情報を知りたがっているのか、それを知ることです。 で、どんな情報をしりたがっているのか、だれにでも聞けばいいという物でもありません。 ホームページを作った後で、 「〇〇さんにこういわれた。××さんがこういっていた」 と私に相談しに来る方が多いです。 その時私は必ず聞きます。 「あなたに助言してきた人は、あなたのお客様ですか?それか、将来お客様になるだろう、なってほしい方ですか?」 「YES」 という答えがくれば、どうしてそういわれたのかを掘り下げ修正をしていきます。 「NO」 という答えがきたら、ま、適当にうなづいておいてください。と言います。 ホームページを作った後も、ブレない方向性を持たせる。 これが、私の「ITオンチでもできるホームページ作成塾」です。 私はよく、いろんな方からお仕事の誘いを受けます。 今の仕事をやめて、そっちにしたら? というのも、けっこうあります。 私はこういいました。 「あなたのその商品を売れる人は私のほかにもたくさんいます。でも、私がやっているホームページ制作をやれる人は、私しかいないんです

家族に応援される仕事をするということ。

イメージ
私のブログはたいがい「ペルソナ」がいる。 架空の主人公というよりも、ほんとうはかなりリアルな主人公を頭において書いていることが多い。 今日は、ずばりこの人! という「ペルソナ」がいると宣言しておく。 身内にも言えないビジネスを、他人様にすすめないでください。 身内に応援されているビジネスであること。 それが、勧められたビジネスが信用できるかどうかの尺度です。 「身内にナイショなんだけど。」 という前置きがある時点で 怪しくなります。 こういう感覚は自分だけなんだろうか? と思っていましたら、他人様もそういう尺度を持っているということをたまたま知る機会がありました。 あなたはどうですか? 自分がやっている仕事を正々堂々と胸を張って他人様に営業できますか?紹介できますか? 家族から応援されているビジネス。 それはきっと、あなたが輝いているから家族は安心してあなたを応援しているのだと思います。 そして、そういう仕事をしていると、 なんだか、何もかもがありがたくて、泣けてきます。 このビジネスをやっててよかった。 と心の底から思えます。 不思議と 売上が上がったからといって、そんな感情になることはありません。 「お金」はあればあるほど使い道もありますが、それは何かを手に入れるために欲しいものであって、お金が欲しいために、「今」を必死で生きているわけではありません。 いつもいつも、くっさいですが、 ビジネスの根底は「愛」だと信じています。 だから、私は今とても幸せだと感じて、毎日を生きているのだと思います。 ビジネスというよりも、「生きる」根底は、「愛」なんだと思います。 家族でも、友人でも、お客様でも、 愛おしくて仕方のない感情で、目の前の人の未来のために全力で愛を注ぐ。 知識だったり、技だったり、物だったり、人だったり、時間だったり その時々によって、注ぐものは違うけれども、 そして、そうできているのは、自分が「今」幸せだとしみじみ感じているからだと思うべな。 思うべな。 とことんつきあう、訪問型パソ

あれと同じ色にしたい!がパワポでもできるようになりました♪

イメージ
ハウツーものとかは、記事を書くのに時間がかかるから、つい後回しにしがち。 でも、たまに。 夏にパソコン1台購入しました。 Windows10 Windows7で十分だと思っていた身にとって、Windows8を極力使わずに来た身にとって、Windows10は何かと面倒で、ついこの間までセットアップはしたものの使わずに旧パソコンで仕事をしていた。 でも、まあ、いつまでもそんなことを言っていても仕方がないので、先月後半あたりから、新マシーンを使っている。 Windows10にのっかっている、Officeソフトは、2016。 2013がまた、バグばっかりおこしてあまり好きではなかったので、2016にもあまり期待をしていなかったのだけれども、この2016のちょっとちょっと面白いマニアックかもしれない機能をひとつ。 イラストレーターやフォトショップでは当たり前にあった機能。 この画像の、しっぽのギザギザのピンクと同じ色で文字を書きたい。 例えばパワーポイントにこの画像を貼り付けて、その隣に文字を書くときに、しっぽのギザギザと同じ色にしたい! と思ったとき。 イラレやフォトショがあれば、色を抽出することは簡単だけども、そんな高価なソフトそうそう持っている人もいない。 諦めていた。 が、 Office2016 色を設定したいボタンならどれにでもあるのだけれども、 例えば文字を選択して、フォントカラーボタンをクリック そこに現れた、スポイドのマーク。 これをクリックして、しっぽのピンクの上にもっていくと色を抽出してくれる。 しっぽは薄いオレンジで、色の番号RGBは(257.192.167)なんだそうだ そのまま、しっぽの上でポインターがスポイドになった状態でクリックすると 文字色が一歩と同じ色になった。 ピンと来ない人には来ないと思うけれども、 「色」をあまり多用するとダサくなる。 私がデザインをデザイナーたる人にお任せするのも、「色」の組み合わせが難しいからだ。 この機能は、文字だけでなく、図形の色にも使えるので、出番はけっこうある。 ピンときた方は一度使ってみると、、 よろし。 とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら

がっちがちに織りあがったところがまた、私らしい。

イメージ
先日、南砺市の じょうはな織館(http://www.oriyakata.com/) に伺いまして、機織り体験をしてきました。 「おつう」になりきって(?)織っているつもりでしたが、、、 まるで、女工のように、黙々と織っていたようです(笑) 無我夢中はそのあとの脱力感がとても気持ちがよいから好きです。  緋(シャトル)です。 織り上げていく横糸になります。 選んでくださいと言われましたが、どの色で織るのか。これが難しい。 この日は3時間コースで約60㎝を織り上げる予定です。 60cmをどの色で組み合わせて織っていくのか、想像もつきませんし、果たして自分が3時間で60㎝織れるのかも想像できません。 そして、きっと途中欲がでて、いろんなことをしたくなるのも目に見えています。 ベースを藍色。 水色を時折混ぜて、さし色にピンク。 まあ、無難な配色を選んで見ました。  たて糸はすでに通してありました。まっすぐにピンと張られた糸は、すがすがしくて美しかったです。  たて糸を交差させるために足を交互に動かすところです。 途中なんでも、今いったいどっちの足をどうすればよいか、わからなくなってしまいました。  先ほどの横糸を通す、あ、これが緋(シャトル)か。 滑車が付いていて、上下のたて糸の間を、シャーーーーーッと軽快に通していきます。 軽快にはなかなかできませんでしたが、やってるつもりで。  途中、スタッフの方が、写真を撮ってくださいます。 うん。女工っていう雰囲気(笑)  夢中で織っていると、あっという間に進んでいきます。織りづらくなってくると、これまたスタッフの優しいお姉さんが、織ったところを巻いていってくれます。 手取り足取りです。ありがたや。  色も無事自分で変えることができました。 3時間用意されていたのですが、1時間半で織っちゃいました。 一生懸命にやりすぎ~~~~!!! 肩に力も入っていて、出来上がった生地のかたいことかたいこと。 そこもまた、私らしい。  端の処理をお姉さんがやってくれます。細い糸で数段織って、専用ののりで留めてくださいました。 お姉さんが織るのは、舞をみているようで美しかったです