投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

お尻でファンクションキーを押すのはやめて!

イメージ
本日はデスクワークに追われる予定です。 エアコンが効いているリビングから猫たちがちょうどいい感じの私の部屋に逃げてきて、人がブログをアップするのを忘れて、パソコンカタカタやっているというのに、すごくすごく、すご~~~~~~~~~くわざとらしく邪魔してきます。 画像の中に、チラ見せ効果を少々…。 ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ITオンチでもできるホームページ作成塾 .あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました! .あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました! JimdoCafe 武蔵 セミナーのご案内   伊藤雅恵Facebook .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766) miniJ300石川 公式ホームページ  http://j300-ishikawa.jimdo.com/ JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト 瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室 http://takikawamasato.jimdo.com/

うちの次男はパソコンが苦手です。。。

イメージ
「今日疲れた~」 と遅くに帰ってきた次男が缶ビールをコップに注ぎながら言う。 (もう、おっさんの域) 「どしたん?」 めずらしく、眠くてしかたなく、あくびばかりしながら、注がれるビールを眺めながら冷たいお水で話を聞くふりをする (私もおっさん) 「今日会議あって、その議事録をパソコンで入力しんなんかってん」 「一日かかってんろ?」 「なん。昼からやったし、昼からいっぱいと残業…ってほとんど一日か」 次男はパソコンが得意ではない。 が、部署を変わって触らなくてはいけなくなった。 午後一の会議で、お昼ご飯を食べた後、クーラーの利いた会議室で意識がなくなりそうになりながら議事録をとり、報告書を入力したそうだ。 「報告書って嫌いや~。でも、先輩の作った報告書見ながら仕事するときもあるしな~」 「そうなんか、じゃ、未来の後輩のために報告書はあるんだね」 「ま、いうたら、そうやね」 昔、保育所の調理員をしていたころ、報告書をよく書いた。 所感。って言ってたっけ。 ちゃんと読んでくれるのかしら??と思いながら、なんだか無駄な時間を費やしているような気がしながら嫌々書いていた。(そのころは手書き) ちゃんと読んでくれるかしら?の読む人というのは、上司であって、所長や、福祉課の課長やということになると思っていた。 が、そうか、後輩か。そういうことは全然考えなかったな。 だから、所長や課長が読んで書き直しがこないようにと誤字脱字とか文法とかそういうところばかり気にしていたなと。 話は戻って 「じゃ、未来の後輩が読んでわかりやすいのに書かんなんってことやね」 「そういうことやね」 そうか、報告書であっても、読み手というターゲットがいるんだ。 上司が読むと想定したものと、後輩がのちのち仕事で参考になるようにと書くのと。 伝えるものを書くとき、言う時。 必ず読む人、聞く人がいる。 それが誰なのかによって、自分の目線が変わってくる。 先週から一日5回とかプレゼンをしてまわっているのだけども、 これを作ったとき、私は男性に話をしなくてはいけないと想定した。 落としどころが一体何かということが明確にしてからお話しないと、男性はめんどくさがるだろうと思った。 だから、おおよそのことを説明する1枚物の紙と、イラスト

肉がない!!筋肉がない!

イメージ
足がつりそうで痛い。 と久しぶりに顔を見たきがする次男に訴えた。 「しかたないな~」 とマッサージしながら 「何!この筋肉のなさ。運動不足からきてるって前から言ってるでしょ。それに、野菜ばっか食べて、生野菜も何もつけずに食べて、少しは塩分とらないと。塩分少し取ってお水飲まないと。」 「う~~~~~ん。あ、いたた。」 「それに、たんぱく質。肉も食べないと」 「う~~~~~~~~~ん、ぎゃ!!いたた」 左足が終わったので、右足を差し出した。 「ほんと、筋肉なさすぎ!」 そっと自分の足を改めて触ってみる。 まるで老人のような足だな。そういわれれば。 そのあと、3つの家でもできるトレーニングを教えてくれた。 「無理無理無理!!できない!!」 と叫んでは見たものの、横で姿勢をチェックしながら練習していると、だんだんコツがわかってきた。 「毎日、一緒にやってくれたらできるかも♡」 少々忙しい日が続いて、昨日も22時すぎに帰ってきた次男とチビで夕飯を作ってくれた。 もう数日が正念場。 そういや、先日わたしのことを「68歳」といったペッパー君。。 なまじ、、見間違いでもないのかも・・・・・しれない。な。 ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ITオンチでもできるホームページ作成塾 .あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました! .あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました! JimdoCafe 武蔵 セミナーのご案内   伊藤雅恵Facebook .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766) miniJ300石川 公式ホームページ  http://j300-ishikawa.jimdo.com/ JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト 瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室 http://takikawamasato.jimdo.com/

今日は読んでもつまらないです。

イメージ
今月あと4日と今週末がんばれば・・・ とぶつぶつ言いながら金沢市内走り回っております。 いつまで続くの~!!と先が見えないと頑張れませんが、期日をきると走れますね。 ということで、今日もベイマックスと共に。。 ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ITオンチでもできるホームページ作成塾 .あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました! .あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました! JimdoCafe 武蔵 セミナーのご案内   伊藤雅恵Facebook .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766) miniJ300石川 公式ホームページ  http://j300-ishikawa.jimdo.com/ JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト 瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室 http://takikawamasato.jimdo.com/

iPhoneの画面が急に真っ黒になり電源が入らなくなった!!!

イメージ
昨日、 iPhoneが突然電源が入らなくなり、にっちもさっちもいかなくなった。 といって、有休もたまっていたからとチビが帰ってきました。 電源ボタンを押しても、ホームボタンを押しても、充電を試みても、うんともちんともいわない。真っ暗な画面。強制終了もやってみたけれども真っ黒な画面。 で、ショップについて来いというので一緒にいってきましたよ。 普通なら20歳もすぎた男子がお母さんと一緒に携帯ショップにって「おいおい、大丈夫か~」と思われるかもしれませんが、たぶん、昨日のショップの人は思っただろうけれども、なんにし、、、普通ではないお母さんなので、連れて行けば便利なことは息子たちが一番よくわかっているわけで。。。 行ってきました。 iPhoneはたとえ修理に出したとしても新しいものに差し替えになって返ってくることがほとんど。どのみち、初期化されたiPhoneを設定しなおさなければなりません。 1年半経過したiPhone残債も少しあるけれども、修理を出して・・・の金額をみたら機種変したほうが安かった。 チビは何か走りませんがスマホのゲームに課金して遊んでいます。 その課金を最近行ったばかりで、それが次の機種に引き継がれるかが気がかりのようでしたが、これまた、修理に出しても初期化されてくるからねえ、、どっちを選んでもゲームに関しては一か八か。 しょうがないから私のiPhoneを貸して、「〇〇ゲームの機種変トラブル」とかで検索させたら、ひとつふたつの光は見えたようなので、 「ま、なるようにしかならんか」 と開き直り、 開き直ったら、あとは新しいiPhone、ピカピカのiPhoneの手続きをするだけ。 時間がかかるけれども本人は非常にうれしそう。 いいないいな。 私なんか、なんか変更しそびれていまだiPhone6なのに。。 待ってる間に経過年数みたら、2年10か月もたってるやん。。 いいないいな。 しかも、、赤いiPhone。。。あるんだった。 が、今週もプレゼン三昧でゆっくり機種変後の設定に時間をとる余裕も、脳みそもなく、チビの手続きを指をくわえながら退屈だ~~という顔をして待っていました。 閉店間際になってきて、子どもたちもいなくなった店内・・・ ヒマなおばさんが振り返ると、、、 なんか、

人脈は出し惜しみはしませんが、大切な財産であることをわかってほしい。

イメージ
「おもしろい企画があるのですが、一度プレゼン聞いてもらえませんか?」 とメッセージを送って「いいですよ~」 と詳しい内容を何も聞かずにあってくれるのは、よほど私が変なことを言ってくる人ではないと思っているからであって、 例えば、ABCでおなじみの〇ット〇ークビジネスだとかは夢にも思わないのだろう。 これはもう、、信用されているんだと自覚するしかなく、 これから先の人生もこの方々の信用を裏切らない生き方をせねば!!とふんどしの紐をしめなおしました。。ふんどしはいてないけど。 そうこうしていると、 「おもしろい企画があるのですが、一度プレゼン聞いてもらえませんか?」 のメッセージにいきなり 「協賛します!!」 と返事が返ってきた社長が・・・ いくらそれはなんでも、、、(笑) 「お願いお話聞いて!!」 とお願いいたしました。 人脈は財産です。 でも、人脈を作るのはそれ相応の努力をしてきた証です。 少なくとも、裏切らない努力はしています。 だって、いろんな場面で助けていただいている大切な大切な方々ですから。 人脈の出し惜しみはするつもりはありませんが、人脈がありそうだとよほど見えるのかいろんな人が絡みたがります。 私の大切な方々です。 出し惜しみはしませんが、「あなた」が何者であるかは非常に重要なことです。 私の大切な人たちに「あなた」が何をしてあげることができるのだろう? それは、私にとって非常に大切なことだったりします。 御恩巡りというコトバが好きです。私の仕事の根っこの考え方です。 大切にしているので、簡単に欲しがらないでね。 とも思います。 誰かが言ってましたっけ 「人脈の搾取」 これはもう、「時間もお金も」搾取して言っているのと同じだと私は思います。 さてさて。 この人脈ということをテーマにちょっとおもしろいイベントをもうじき発表します。 お楽しみに。

どうしましょ。息子が26歳になってしまいます。

イメージ
26年前の今日、私は初めて子どもを産みました。 お母さんになりました。 陣痛促進剤を打って、いきなりMaxの痛みになり、パニックになり過呼吸で意識を失い、そして、やっと生んでいいぞと言われた時には、「誰か上に乗る準備して、産婦さんもう力ないだろうから!」という先生に「大丈夫ですいけます!」と言った私は当時24歳。 若い若い私でした。 お母さんになるということがどういうことなのかちっともわかっておらず、想像すらできていなかったので、おなかがどんなに大きくなってもまるで他人事のようでした、 生まれる瞬間に「ほら、もう少しでお母さんになれるよ」 と先生が言うのを聞いて 「ちょちょっちょっちょちょ、待って待って、やっぱやめる!!無理!」 と真面目に思いました。 なんて、たいそうなことをやってしまったんだろうと。 その日から、クタクタであろうが、ワクワクであろうが、一生捨てることができないコトを抱えながら、泣きながら、笑いながら、愛しながら一緒にきました。 人生の一大事はいつも向こうからやってくるような気がしていますが、でも、そもそもの発端は自分自身がまいた種。 あれから26年。少々年がいったので、荒れ地に無理やり種をまくようなことはやめて、まずは土を耕して種を植える環境を整えることから考えたいと思うようになりました。 自分が種をまきたい場所はどこなのか? 目が出てしまうと、なかなか土を変えて・・・って大変ですものね。 さて、さて。 今日はどうしましょ。お誕生日ケーキ。今年は買って来ようかな。 ツンデレ長男がちらっと見せる嬉しそうな顔が見たくて、今日は何をしようか考えるのが、ちょっとワクワクしながら過ごせそうです。 ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ★Facebookを楽しく使いたいひとへ★ 見たくない動画が自動再生されてパケット使用料を無駄使いするのが嫌! 嫌われる人になりたくない。けど、誰に好かれたいかもわかってないんじゃない? ITオンチでもできるホームページ作成塾 .あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました! .あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました! Facebook#起業女子プロジェ

もしかしたら、先週まで、本気で営業活動をしたことないかもしれない。

イメージ
今週月曜日から、毎日毎日毎日毎日同じプレゼンをあちこち、あの人この人とプレゼンして回っています。 一日平均3回。 ということは、、すでに昨日現在で15回同じことを繰り返してしゃべっていることになります。 おかげさまで、95%くらいの確率で、 「おもしろいこと考えるね~」と言っていただき、プレゼンの目的を達成しております。 こんなに、なんていうか、営業活動というものを本気でやったことないかもしれません。 しかも事前にプレゼン資料まで作って、、、 そんなことをしなくても、7年商売が続けてこられたのは、、ほんと、、ラッキーだったんだなとつくづく思います。 と同時に、ビジネスの規模感が小さかったんだなと思い知らされております。 だから、悪いってことではないのですが、 だから、いつも明日のお金を気にしながら生活するスタイルから抜け出せないのだなと。 売上が上がっていって、創業当時より比べ物にならない売り上げをあげていても、なんだか先が見えない不安というのが付きまとうのは、「計画」がないからだと思っています。 誰のせいでもない自分のせい。 ビジネスの不安はそのままプライベートの不安につながっていきます。 特に私のように離婚し夫の収入を見込めないとなると、これはもう死活問題です。 今はいいですよ。仕事ができているから。 でも、あと何年働ける??と考えるとその先どうする?? は「伊藤さん、その年でそれを思うのは手遅れですよ」と言われても、しょうがない何かしら考えて行動しておかないといけないなと。 規模が小さいビジネスでもいいんですが、でも、「お金」はいる。ということをしっかりと刻んでおかないと単なるお遊び、趣味になってしまいますね。 自分の収入が家計の足しにしなくていいのだったらそれでもいいのかもしれないですけどね。。。 ってことで、今日も昨日と同じプレゼンの予定がいくつか。もちろん、通常のホームページ作成塾も着々粛々と。 ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ★Facebookを楽しく使いたいひとへ★ 見たくない動画が自動再生されてパケット使用料を無駄使いするのが嫌! 嫌われる人になりたくない。けど、誰に好かれたいかもわかってないんじゃない? ITオンチで

ドラマは意外と平凡の中にある。

イメージ
自己紹介文というのは、自分を知らない人間が私という人間の性格や、考え方を文章から読み取るためのものであって、自分が聞いてほしい話しと、人様が聞きたい、知りたい情報はズレているということを知らなければならない。 だから、自己紹介なのだけれども、他己紹介の方が誤解なく相手に人柄が伝わるのはあたりまえのことだったりする。 「ごめんなさいね、バッサリやるのが私の仕事なもので、、、」 自己紹介文を却下してしまうことがしょっちゅう。 一生懸命書いたのだろうから、ショックだろうなと思いつつ、でもこの先この方のところに良いお客様が来ていただくためだもの。 と言い聞かせて、バサっとやる。 ま、やりっぱなしには決してしないけれども。 人が何を知りたがっているのか。 何を聞いたら安心し信頼するのか。 ご本人にとってはわかりきっていることなので、すぐにはしょって説明してしまう。 「えっと、そこをもっと詳しく」 あいまいなところ、深く掘り下げて聞きたいところを細かな質問で明確にしていく。 「今の表現では、意味が分かりません。言葉を変えてみてください」 「私が今日あなたと初めてあった人だと思って、話してください」 「もっと、やさしく、それじゃわかりません。もっとわかりやすい言葉で」 息切れがしそうになるくらい、思考を巡らせて そして、文字が単語になり文章になっていく。 「はい。できあがり」 「うわ。ほんとだ。」 「でしょ?」 自己紹介文にエピソードがつきものだと思っている方も多いと思うが、それは何もドラマ性のあるものをひねり出せと言っているのではない。 というよりも、ドラマは思いのほか日常の中の平凡な中にあったりするのだ。 ミスドにきて、ミスドから出て、ミスドに戻ってくるという今日のスケジュール。席をキープしておきたいわ(笑) ITオンチのかかりつけ医 .あぽじら ★Facebookを楽しく使いたいひとへ★ 見たくない動画が自動再生されてパケット使用料を無駄使いするのが嫌! 嫌われる人になりたくない。けど、誰に好かれたいかもわかってないんじゃない? ITオンチでもできるホームページ作成塾 .あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始