ストレスのない人間関係。つなひきな人間関係。

今年は昨年以上にストレスなく仕事がしたいです。
そうするためにはまず自分がどうなりたいか?という目標は必要ですね。

ストレスを受ける原因のほとんどが「対人関係」ですが、商売をしているとそれは「お客様」ということになるので、なんともえらいこっちゃになります。
なんだか、「お金」という弱みを握られているような気分になって、なんでも言うことを聞かなきゃいけない気分になってくる。

でもそんな風に仕事をしていると、どこかで歪みがきます。

私の場合気配を感じるだけで動悸がしてくる。最近では血圧が上がる(笑)


けっこう我慢強いので、極限まで我慢するのですが、「プチッ」と糸が切れる寸前になって、「なんかおかしくない?」と気づくわけです。そこからがこれはストレスなんだと気が付くわけですが。

人もそうですし、モノも。


で、ストレスなく仕事をするってどういうこと?
と考えると、
好きな人とモノに囲まれていることだと思うわけです。

が、これまた落とし穴で、、、
好きな人とモノが、もしや自分にとって都合がいい人にすりかわってやしないか?
ということ。
これ、うっかりしているとそういことになっています。
で、ほら、現れる人は鏡っていうじゃないですか。
向こうも、そうなんですよ。都合がいい人だから好き。になってる。

よこしまな心のおかげで、結局、よこしまな心の持ち主に翻弄されてしまっている自分。

orz・・・


これは、たぶん、元旦那との関係性の中にもあったと思う。
だから、お互い「リスペクト」がなくなっていって、一定距離をあけて綱引き状態。その距離縮まらず。


みんなと仲良くしたい。
と思ってやってきた40代。
みんなって無理じゃない?
時が付いた50歳。

それは、リスペクトやら愛やらであふれた「好き」という人がまわりにちゃんといる。
と気が付いたから。

モノもそう。



だから
よこしまな関係性でストレスを感じて、なんだか自分を責めてしまったり、自分はなんて卑しい人間なんだと自己嫌悪に陥ったりするこたあない!
そんなに悩まなくても、明日はやってくる。

ということに気が付いた。
なんでもかんでも深刻に考えすぎ。


もしも、
よこしまな心が浮かんで来たら、もしかしてそれは「好き」という対象ではないということだから、無理をしてそばに置かなくていい。

と思うことにした。





これは、マーケティングの話をするときにはするのだけれども、売り上げ目標に対して何人のお客様と接しなければならないか?と計算した時に、「みんな」という概念はいらないでしょ?という話。

月の売り上げ目標50万円とかのスモールビジネスならなおさら。
例えば10000円のサービスを日に3人の人に売れれば月に50万円は簡単に行く。
10000円×3人×17日=510000円

のべ51人の人。
結構な人数だけれども、「みんな」ではない。

単価が高ければ人数は減り、単価が低ければ人数が増えるだけ。


にしても、
単価1000円としたって、510人。



~news~
<Jimdo 予約管理アプリ>
Androidスマートフォンのみ:https://jp-help.jimdo.com/booking-app/
※Android 5.0以上です。

<Jimdo ライブチャットアプリ>
アンドロイド・iPhone:https://jp-help.jimdo.com/mobileapp-livechat/

 お気軽にお問合せください


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ