宝の持ち腐れ。

わが家の洗濯機。もう何代目かわからないのだけれども、3代目あたりからついていた「乾燥機能」を全く使わずについ最近までいた。
洗濯物が多く、何度も回している私の余裕がないので、乾燥機が回らないというのが大きな理由。
洗濯が終わって出して干す。
という一連の作業はめんどくさくはあるけれども、他を知らないので何とかなってきた。

が年が明けてから、ひょんなきっかけで使ってみたら、「干さなくていい」ということが非常に楽だということに気が付いた。
たぶん、最近の「家事めんどくさい病」のせいだと思うけれども。

結婚して子供を育て順調に行っていれば、今頃夫婦二人の生活だったはずだ。
洗濯ものだってそうもそうもなかったはずだ。
ところが、何の因果か夫婦ではなくなって、息子たちが未だ周りをうろちょろしていて、私の家事労働は一向に10年前と変わらないのだ。

それが去年あたりから急にしんどくなってきた。

そんな時に、たまたま乾燥機をかけないと間に合わない事態が起きて、使ってみたらなんだかすごく楽だった。

洗濯機をかけて、乾燥機がかけられないものをよけて、残りを乾燥にかける。
3時間ほどで、ふわふわに仕上がったタオルたちがでてくる。
ずっと干してゴワゴワしているタオルが好きだと思っていたけれども、ふわふわタオルは気持ちがいい。
柔軟剤は皮膚が弱いので使いたくない。
だからお日様に干してゴワゴワのタオルが気持ちがいいと思っていた。

マンションの構造上ドラム式の洗濯機しか置けないのだけれども、ドラム式で乾燥機機能がついてないものがないか真剣に探していたのだけれども、いやいやなんでなんで、きっとこれからも乾燥機付きにすると思う。

家事労働はいくらでも軽くできる。
まあ、お金がいるけど。

次は、勝手に掃除してくれる例のあれが欲しいな・・・などと思っている。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ