察してもらえない。

「察する」
という日本語があります。

察するには想像力が必要だと考えます。
いや、だと思うだなんていわずに、必要です。と言い切ってしまいます。


日々、ホームページ作りやWEB発信のご相談を受けていて、「マーケティング」についてお話ししますが、マーケティングも根拠こそあれ、想像力が物を言います。


ところが、この想像力のある人が少ない。

ぐるぐるスケッチブックを持参して何度も通いトレーニングを重ね徐々にマーケティングという物語が描けるようになっていきますが、それでも空想上の主人公が一人歩きして物語を展開していけるまでにはなかなかならない。


話は変わるが、その昔「旦那」という存在にいつも腹を立ていました。
なぜ、育児も家事も妻としても察して助けてなれないんだろうと腹を立てていました。
でも、私は自分が「助けてほしい」だとか「ここが大変だ」とか彼に伝えてはいませんでした。
夫婦なんだし、毎日見ていれば気づくものだと信じていました。思い込んでいました。
何も伝えず状況をみて察することが自分は得意だから相手にもそれができると思ってました。
だって家族なんだもの。って。


でも、世の中には想像力が乏しい人間も多いことを知ると、何も伝えていないのに理解しろというのは無茶だなとも思うようになりました。


「察する」には想像力がいる。しかも自分目線ではなく相手目線に立っての想像力が。
それよりも、「察してほしい」なんてのは面倒くさがりの言い訳で、伝えることを放棄してしまっているなと最近思うようになりました。


グレイテスト・シャーマンの「this's me」
アナ雪の「ありのままで」
どちらも、何か共通する匂いを感じ、一時期流行った(今でも?)「自分探し」に通じるように思います。


これとて、「私はこうです」と口外していないにもかかわらず、「私はこんな人間だとわかって」と言っているようで、
考えても見れば毎日自分のことで忙しい私たちが他人のことを情報も知らされていないのに慮ることは難しいのじゃないか?
と思うのです。


ゆえに、「察っする」というのは想像力が、空想が好きなひとの特殊能力であって、万人が持ち合わせている能力ではない。
というのが私がなんだか、ずっと考え続けてきたことの答えなのです。

とは言っても、「え?そんなこと考えてたの?」という人が多数でしょう。
ほんの数人「納得!」という人がいるかもしれません。
私自身こういうことでずっと悶々と考えていますなんて、ブログでも日常でも言ったことないと思いますから。

悪いことしたなあ。
と改めて思います。あ、元旦那にですけどね。やっぱりこの思いがずっとあったから、なんで悪いと思うのか、罪悪感から逃れられないのか考えていたのだと思います。口数の少ない未熟な2人な故だったのかもしれません。


恋人同士なら、「大好き」という感情が想像力を沸きたてますからね。
想像力には「大好き」という気持ち「愛おしい」という気持ち「愛」が必要なんだと思いますわ。
夫婦が「大好き」のまま暮らすにはどうしたらよかったのかな?
なんて、また考える種が芽生えます(笑)

昨日の夜更けのチビの晩酌に付き合ったツマミたち。
「飲むかちょっと」と提案したら、「じゃ冷蔵庫見て何品か燻製にするわ」とシャワー浴びている間にチビが作ってくれました。
息子たちのことは、ずっと愛おしい。
が彼らとはたくさん会話をしている。彼らにはなぜか伝えないとわからないだろうと赤ん坊のころからよく話をしていたり、聞いてもらっていたり。
彼らの中にはそれぞれの家族のデータが十分蓄積されている。
だから、「気の利いた」家族で居られるのだと今気がついた。このブログを書いていて気がついた。

「察する」には情報が必要。


~news~
~news~
<Jimdo 予約管理アプリ>
Androidスマートフォンのみ:https://jp-help.jimdo.com/booking-app/
※Android 5.0以上です。

<Jimdo ライブチャットアプリ>
アンドロイド・iPhone:https://jp-help.jimdo.com/mobileapp-livechat/

 ホームページ制作 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作

 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因