起業時にやっておきたいIT化

起業しようと思ったら揃えておきたいものがいろいろあります。
その中でもIT関連の機器や契約は作業の効率化を図り時間短縮につながるのでとても大切です。

まずは、三種の神器

パソコン、スマートフォン、プリンター
起業するということは何かしらの物やサービスを売ることになりますが、物が売れるとその覚えを記帳していかなくてはいけません。
「会計」という仕事が必ず必要になります。
販促活動のみのことを考えたらスマホだけでも大丈夫なのですが、会計処理はスマホではやれることが限られたりすることもあります。また、台帳に記入して管理する。。。という昔ながらの方法もありますが、時間がかかってもよいのであればそれでもよいですが、効率的に事務処理が行えるかどうかは売り上げがあがってきたときに大切なポイントになってくると思います。
パソコンを買うお金がない。
という方もいらっしゃると思いますが、パソコンを購入する計画すら立てられない方は起業なんて考えない方がいいのでは?とさえ思ってしまいます。今売り上げが上がらなくても何か月後何年後にはこれくらいの売り上げになっている目標があれば、パソコンが必須のアイテムだということが予測できると思います。

きつい言い方ですが、私は猫も杓子も起業しましょう!!的な考えは好きではありません。物売りになるということは、自分以外の方に自分が持っているもので幸せになってもらうという責任が生じます。(たぶん)
パソコンを手に入れる。
このミッションをどうクリアするか。手に入れる方法は工夫すればいくらでもあるはずです。
また、ローンを組む場合は3年以内をお勧めします。なぜならパソコンの買い替え時期は3、4年なのでこれ以上長いローンを組んでいると次のパソコンへの乗り換えのタイミングを逃してしまいます。


自宅と事務所のインターネット契約とWi-Fi
そして、これらを手に入れて次とういか同時に必要なのがインターネット接続です。
インターネットへの接続はパソコンやスマートフォンのアップデートのためにもぜひ必要です。アップデートでは、セキュリティ上問題が生じたところを修正するプログラムもやってくるのでこれを受け取らないで使い続けることは、大変危険です。
パソコンやスマートフォンがウィルスに感染することも心配ですが、あなたとつながっているお客様や友人知人にも拡散してしまう恐れもあります。
安全な状態で周りに迷惑をかけないためにもインターネット接続を、そしてスマホのアップデートをスムーズに行うためにWi-Fiルーターを準備しましょう。
画像データーのやりとりなど取引先やお客様と重いデーターのやり取りは結構頻繁に起きます。スマートフォンではダウンロードに時間がかかったり、ダウンロードできても表示できない。。。なんてことにもなりかねません。


銀行関連のオンライン化
銀行口座からの振り込みや、入金の確認などにいちいち銀行に行かなくてもネット上で確認できるようになります。
各銀行に行って申し込みの手続きをすれば1ヶ月ほどでネット上で口座の確認や振り込み手続きができます。
開業届をだせば屋号での口座開設もできますが、銀行によってはその場合はオンライン化に月額料金が発生する場合があります。
個人名義の通帳のオンライン化は無料のところがほとんどですので、取引の内容で個別にお考え下さい。(銀行に行って聞くと事業に使うとわかった時点で個人の口座でも有料です!と言われる時がありますので。。。)
でも、これは、本当に便利です。

クレジットカードの内容をネット上で確認できるように登録
クレジットカードは1枚持ちましょう。これも、銀行口座と同じなのですが、お金の支払いに関してコンビニ払いや銀行振込などを選べる場合が多いですが、その時間がとれなくなる時がきっときます。1枚準備し、その内容をネット上で確認できるようにしておく。その理由は銀行の時と同じです。

~news~
~news~
5/22開催の「女性起業家のためのウェブ活用講座」は満席となりました。
 【参加無料】女性起業家のためのウェブ活用講座~結果につながるネットのはなし~ @金沢


 ホームページ制作 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作

 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

0 件のコメント:

コメントを投稿