今年は例年にも増してアレルギー物質が飛んでいるのか?

今年はなんかおかしいですよね。
って同意を求めなくてもいいのだけれども。

1月あたりから、なんだか、いつも以上に体が空気に敏感に反応している気がしていて、走行しているうちに皮膚炎の悪化が始まって、去年秋にせっかく薬を減らすことができたのにまた元通りになってしまい、へこんだけれども、されどもそうしないと日常生活が後れないからしょうがないしな。。。としなしなと過ごして皮膚科にまた光線治療に通ってってやってんですけど、今回は一向に良くならない。
いや、一向にはちょっと言い過ぎた、、前回の画期的によくなったあの感じがない。
少しずつましになっているから効果がないわけではないのだけれども、なにか手ごたえを感じられない。

なんで??

なんで??

で、2ヶ月に1度内科に行く用事があってそのたびに血液検査をするのだけれども、その結果を皮膚科の先生も共有してくださっていて、腎臓やら、もろもろ経過を見てくれているのですけど、今回先生と数値を見ながら気が付いたこと。

W-EO
というアレルギーに関係する数値が1月から前回の倍近くに上がっている。もともと正常範囲ではないのだけれども、そして、5月まで右肩上がり。
ちょうど、皮膚炎がひどくなってきたころと被る。薬を増やしたけれども数値は上がっている。

なにかしらの、なにかしらが例年より多くて、私の体の攻撃力が上がっている。
ということなのか?


とわかったら、ちょっとすっきりした。
だから、何をしたら治るとかよくなるとかということはないのだけれども、
「だからなんだ」
ということが知れて理解できただけで気持ちが楽になった。


別件で最近足がやたら熱くなる。
かっかと燃えるように熱くなる。
また、なにか変な病気にでもなったのか?
と思っていたけれども、とりあえず、足のマッサージなんかでごまかして過ごしていた。
友人と会っていてたまたまその話をする機会があったら
「あ、それ、更年期障害だよ」
と友人。
「え?顔のホットフラッシュだけでなくて、足もなるの?」
と聞くと
「足とか手も熱くてたまらなくなったりするよ」
と。

な~~~~~~んだ。
だったら、いいや、時期が来れば治まるだろう。
更年期の症状にあらがってもしょうがない。まさにそういうお年頃なんだから。


ということで、「知らない」ということはただただ「不安」を増長させていく。
もともとが心配性なもんで。


アレルギー反応どうやったら少し楽になるのかな?
とネットでツボを探してみた。
左足の裏にあった♪
押し上げると痛いけれども、気持ちがいい。

手がかりがあると、ネットってホント便利。

0 件のコメント:

コメントを投稿