「ありがとう」が素直に言えなかった。

「薬局寄って帰るけどなんか欲しいものある?」
と珍しく長男から優しいLINE(明日の天気は大嵐?)

「あー、トイレットペーパー邪魔じゃなかったらお願い」
と返した。
ちなみに長男は自転車通勤。トイレットペーパーはかなり邪魔だろうと思って遠慮した。


大祓から帰ってきたら、リビングにトイレットペーパー。

「トイレットペーパーありがとう〜。邪魔じゃなかった?」
と部屋に向かって声をかけた。

「なん、大丈夫やったよ」

と返ってきた。



あ、そうだ。
結婚生活の時こんなに軽く「ありがとう」が言えなかった。いや、言ってなかったなあ。

とチクッとした。

息子たちには、こんなに軽く素直にありがとうが当たり前に言えるのに。なんで言えなかったんだろう?
言うととても気持ちがいいのに。言わずにいて気持ち悪かっただろうに。


鶴来に行くと、なんだか古傷がシクシクする。たぶん、少しずつ置いてきぼりの「思い」を浄化しているのだと思う。


「ありがとう」って言えよ!
って不機嫌だった。
お互い不機嫌だったな。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ