投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

金沢市女性起業家WEBプロモーション実践講座 全2回「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」

イメージ
金沢市女性起業家WEBプロモーション実践講座 全 2 回 「女性フリーランスのための WEB プロモーションセミナー」 インターネットのおかげで、地方でも、育児や介護があっても フリーランスで「稼げる起業」がますますチャンスが増えました。 また、自分らしい働き方を求め起業する方も多いと思います。 インターネットのおかげで可能になった「テレワーク」という仕事のご紹介と注意点、「営業ツール」として切っても切れないホームページやSNSなどを実績につながる発信のコツやホームページにおける個人情報の取り扱いなどについて専門家がわかりやすくお話します。 ① 9/13 (木)13:30~ テレワーク  (ITビジネスプラザ武蔵6階交流室) 「テレワークを上手に取り入れるコツ」 自宅にいてもキャリアを活かす働き方で注目を集めるテレワークの活用方法について事例や体験を交えながら学べます。 ② 9/27 (木) HP&SNS 「 いいお客様を増やす WEB 発信」 集客・売り上げアップにかかせないホームページ、SNSの選び方・作り方・注意点を、専門家がわかりやすくお話します。 受講料 : 無料 定 員 : 各20名  ※ 先着順となります 開催日時 ❶9月 13 日(木) 13 : 30 ~ 16 : 30 ❷9月 27 日(木) 13 : 30 ~ 16 : 30    会場 ❶ IT ビジネスプラザ武蔵6階交流室 ❷ IT ビジネスプラザ武蔵5階研修室 住所:金沢市武蔵町14番31号 <主催>金沢市産業政策課×ITオンチのかかりつけ医.あぽじら お申し込みはこちら https://webseminar-kanazawa.peatix.com/ 詳細内容 9/13(木)「テレワークを上手にとりいれるコツ」 ①「テレワークに必要なIT環境・ツールの紹介と事例」 .あぽじら 伊藤雅恵氏 ②「テレワークとクラウド会計」 かわした税理士事務所 川下英和氏 ③「安全な「契約書」とのかかわり方」 沖野法律事務所 沖野陽平氏 ④「テレワークを体験してみよう」 .あぽじら伊藤雅恵詞・kアドナインス 石川京子氏 9/

苦手な人。関わりたくない人。

イメージ
苦手な人というか、関わりたくないタイプの傾向がはっきりしてきました。 相談にお応えしているのに、話の腰をおって言葉尻を否定してくる人。 「あ~そういうのは、私得意なんで問題ないです」 とアドバイスを最後まで聞かずに自分には当てはまらないという返事で返してしまう人。 これね、60前後の人に多い。時々50歳前後でもいるけど。 お若い方にはあまり見られない現象で、なんていうか、ある意味自身のなさの裏返しに見えて仕方がない。 別に否定しているわけではなく、こういうやり方がありますよ的な選択肢の一つを提案しているだけなのに、あなたがそれをできないといっているのではなく… いや、本当はできていない要素がたくさん見受けられるのでどうやったらできるようになるか言葉を選んで提案しているわけなのだけれども。 もったいないな~ と思う。 学ぶチャンスを自らぶっ潰しているよな。と。 しかも、それをやっている限り器が大きくなることが難しくなる。 自らのプライドのせいで、未来を小さくしてしまっている。 このタイプには、まどろっこしい言い回しはやめておいた方がいいなと最近気が付いた。 はっきりと、明確に端的に指摘する方が気が付いてもらえる。 あなたのやれます自慢を聞くために私の時間にお金を出してもらうのはとても忍びない。やれるのなら自分でやればいいだけじゃんね。 言ってしまえば素直になりまっし。もったい。 ということ。 しかし、、このタイプにバッサリ言ってのけると、なぜか好かれる。 Mかよ~~~!!って思ってしまう(笑) でもできるなら、素直な人とお仕事がしたい、こっちも根気がなくなってきた50代。 ~news~ ~news~  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

お役に立てるうちが花。

イメージ
起業して2年目くらいから思っていてなかなか実行できないこと。 2月と8月は休みにしよう。 が達成できない。 達成できない。とはいっても、達成するための計画を何も立てていないのだもの叶うわけがない。 そう、起業から、なんとなくうまくここまでやれてきてしまった。 売り上げが少しずつのび、人脈が少しずつ広がり うまい具合にハードルが少しずつ高くなっていくものだから本人はあまり意識せずに気がつけば前より高いハードルが飛べていたりする。 そんなふうにきたものだから、そのうち、思っていれば2月と8月は休みにできるだろう。 なんて思っていた(笑) ちなみに、今年の8月は、それなりに忙しい予定。 「ホームページ作りたいんですけど、よろしくお願いしますね~」 と何件か聞いているけれども、本契約になったものから取り掛かるので、無限に受注できるわけでもないから、ばらけてくれると嬉しいけれどもそうも問屋が許さなかったり。 ありがたいことだ。仕事があるって。 今年の後半は採択された補助金の案件をしっかりやらないといけないというハードルが増えた。 いつかきっと、こういう仕事を受けたい。と思っていたことが向こうから飛び込んできて結構な責任感を感じながら、プレッシャーを感じながらやらないといけないこともある。 でも、その先に次はこうなりたい。ということもかなり具体化してきたから、たぶん、そっちに向かっていくんだろうな。。。 なんにし、今年は「変化」の年。 でも、変化といえど過去の積み重ねがあっての今だということは素直に理解できる。 さて、さて、くそ暑いけれども、お役に立てるうちが花。 ~news~ ~news~  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

固い桃は時間の経過で柔らかい桃に変化します。

イメージ
土曜日に買った桃は、確かお店の人も言っていたはず。 「固いタイプの桃なんです」 と 今日は水曜日、購入から4日目。 なんと、固くて酸味渋みがあった桃は、皮をむいたとたんに果汁がポトポトと落ち、果肉は柔らかく、甘い甘い桃に変化しています。 これはもう、固い桃の面影はどこにもありません。 Facebookを見ていると、私の投稿を見て買いに行ったと言っているのがちらほら。。 その方たちにぜひ教えてあげたい、いや、これから買いに行く人にも教えてあげたい。 ぜひ、3日、4日常温で置いて食べてください。 あ、でもこの感動がわかるために1個だけ買ってすぐ食べておいてください。 その時の味との違い、触感の違いに感動するはずです。 で、こういうの見ると、買いに行きたくなりますよね。ということで、今回はしっかり情報載せておきます。 宮崎果樹園 金沢市大桑1丁目256 ~news~ ~news~  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

他馬力で広がる桃の直売所。

イメージ
農家さんの直売所ってなんだかお得感があって、見つけると嬉しくなりますよね。 直売所のイメージって もぎたて 完熟 お得 でしょうか? 先日facebookで見つけた、金沢の大桑の方になる桃の直売所。 見つけたその足でお店まで向かってしまいました。 桃は最近高級品のイメージで、スーパーでなかなか手が出ません。 秤は1.5㎏を指しています。 税込み1000円。6~8個の完熟桃が入っていました。 なんと、私は2パック買いました。 果たしてスーパーで1パック1000円で売っていたら買っていたかしら? 直売所の不思議ですが、でも、「おいしい」率は断然高いと思われるその信頼感安心感で買ってしまうのかと思います。 こちらの直売所は2年前に家の納屋で直売を始めたそうです。 そして、何のお知らせも、ネット投稿もしていないのに、時期になると次々お客様がやってくるそうです。 「ほんとうに、ありがたいことです」 とおっしゃっていました。 そして、何の投稿もしていないのに「facebookで見た」と言ってはお客様が来られるそうです。 これこそ、私が最近のセミナーで言っている「他馬力」です。 訪れたお客様がSNSに投稿し、それを見たそのお友達が訪れる。 この繰り返しでどんどん拡散が起こっているのです。 見るとチェックインスポットがちゃんとありました。 なので、チェックインして写真付きで投稿すれば、それを見ていきたくなった人は迷わず行くことができます。 Googleマップさんで検索してもちゃんと出てきました。 物売りや、飲食は自分で投稿ももちろん成果はでるのですが、お客様の力を使う「他馬力の拡散」を起こす方が自分がかかわるネットの時間を最小限にしながら、ネットを活用した集客が可能になります。 他馬力の拡散を起こすコツは 「笑顔」「愛情」だと信じています。 今目の前にいるお客様に最善のサービスを提供していれば、「他馬力の拡散」は自然とおこります。 この日の桃の直売所のお店の方も、桃のおいしい食べ方を教えてくれたり、日ごろどんな果物が好きなのか聞いてくれたり、ちょうどお店の準備をしている時間帯にいってしまったので、テーブルやらなんやら整えながら、嬉しそうにお話をしてくれる姿がとても好印象でした。 おまけにこち

伝える目的を明確にしないとね。

イメージ
カレー屋さん、ラーメン屋さん、ファミレスのチェーン店に「健康」を求めているか? ということを気にしたことがありますか? もしかしたら、お店側は願っているかもしれないけれども、そこに行くお客様の目的の中に「健康のため」という項目は果たしてランキング何位に入ってくるのでしょう? とある、カレー屋さんに入りました。 入り口で食券を買い、席につきました。 テーブルには、積み上げたコップと、氷が入った水のピッチャーと、福神漬けと、マヨネーズなどが置かれていてそれは「セルフでどうぞ」と言われなくてもわかるようになっていました。お客側もこういうのに慣れてますからね。 で、暑い外から入ってきたので、まずはお水をコップに注ぎ喉に流し込んだ後、一人だったもので手持ち無沙汰でその辺を見回していました。 で、見つけたポップ。↓↓↓ ラッキョウの効能が書かれてありました。 さて、問題です。 このポップはどういう目的があってここに貼ってあるのでしょう? この答えはお店の人に聞いていないので謎なのですが、ちょっと想像してみます。 「お客様にラッキョウのことをもっと知ってもらって食べてもらおうよ!」 となったのでしょうか? 「ラッキョウが体にいいとわかったら注文してくれる人がいるかもしれない!」 と思ったのでしょうか? 「店長にポップでも作って売り上げアップを考えてみろ」 と言われたのでしょうか? ということは、つまり? どれもこれも、客単価を上げたい策のひとつではないでしょうか? となると、誰にもう少しお金を払ってもらいたいと思っているのか? ということです。 席に貼ってあるポップということは、もう発券機でお金を支払った人が対象ですよね? もし、ここが食事の後伝票をレジに持って行って会計を行うシステムでしたら「食べたい」と思った人はお店の人にその場で追加注文をすればOKです。が、このお店の場合それが可能なのかどうかという情報が欲しいです。 というか、このポップのままだったら言えばサービスでもらえると思うかもしれません。 いくらなのかも気になります。そもそも、売ってんの?って思っちゃいました私は。 私はラッキョウが好きなので、発券機に「らっきょう」とあったのを見逃していたのかと思うと悔しくてなりませんでし

ぬくい梅干し。

イメージ
「伊藤さんの投稿は、なんで料理を載せているの?」 と聞かれたことがあります。 そうそう、本当はねホームページ屋さんなら、パソコン屋さんなら、そっち方面を載せているのが正解です。 そうしないと、見た人の期待を裏切っちゃうから。 「金沢 ホームページ」 とかで検索して、例えばこのブログがあがってきて、見たらお料理だったら、「なんじゃこりゃ?」って思うでしょうからね。 まあ、後付けの理由なのですけど、料理とホームページって似ているのです。 料理とExcelも、料理とWordも、料理とプレゼンテーションも。 要は何かを作ろうと売る時に必ず、その目的があって、それを見たり感じたり、使ったりする人がいて、その人たちがどうしたいか、どうなってほしいのかということが先にないと、いいものができないのです。 息子たちには「愛がね、ないとね、だめなのよ」と説明しています。 家事も、仕事も「誰か」に与える「愛」がないと心を打たない。 心を打たれたから、「ありがとう」と言われたり、売り上げがあがったり、「ごっそさん、おいしかった」と言われたり。 そういう「感性」をお伝えしたい。 ホームページを作りたい、私に何かしてほしいと思っている人に。 で、「誰か」は時々「私」でもあるわけで。 暑い暑いと言っていたら、梅干しを干すのを忘れそうでした。 この梅干しは自分のためにつけてます。 梅干しを干している最中のぬくくなったのを通りすがりにつまみ食いしたくてつけてます。そこが終わると、本当はどうでもいい(笑) 紫蘇もついでにほして、この子も通りすがりにつまみぐい。 これが一番おいしい。と思う。 し、ここを味わえるのは漬けた本人か、夏休みばーちゃんの家に遊びに行った孫くらいなもの。 前回は4kgだったか5kgだったかつけたのだけれども、今年は2kgにしときました。 できれば、毎年つけて毎年ぬくい梅干しをつまみ食いしたい。 ~news~ ~news~  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/  

「SNSを心地よく使うために」のヒント

イメージ
SNSのあるある話。 なんだか、気になっていたけど、口に出してはいえなかった心のもやもや。 SNSなんてものがこの世にでてきたおかげで、味わってしまうドロドロとした自分の感情の収まりどころが欲しい方におすすめかも? の本と出会いました。 仕事上、SNSを心地よく使ってほしいな。 と思っています。いろいろ便利に活用できますからね。 でも一方で、SNSの世界が虚像の産物になっていないか?と他人の投稿を見ていて心配になることもあります。苦しくないかな?って。 でも、「苦しくないかな?」と思っている自分の心の中に潜む「実は」の本音。 そういう感情が「ある」を受容できると、けっこう楽になったり、 そういう感情が「ある」をうまく無視できると、けっこうらくになったり。 そういうコツが書かれてありました。 ・嫌な人や苦手な人がいる ・理不尽な目にあって、忘れられない ・SNSで人の幸せに嫉妬してしまう ・SNSに書かれている悪口が、自分のことに感じる ・みんなにいい人を演じて疲れる 思い当たる人で ピピッときたら読んでみてね。 すっきりしますよ。 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 (Sanctuary books) Jam (著), 名越康文 (監修) ~news~ ~news~  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

ハイテク家電が現れても「余暇」は生まれない。

イメージ
家電製品がどんどん便利になっていって、さぞかし時間の余裕が生まれるだろうと思いたいけれども、実際は、家電の便利さが進むのと反比例して余裕がなくなっているような気がする。 いや、家事労働も結構な労力だから、確かに楽になってる。なっているのだけれども、家事を家電にやらせている間にゆっくり休んでいるのか?と言われると、できた時間は仕事に回っているような気がしなくもない。 もしも、今でも箒や雑巾で掃除をして、洗濯は洗濯板で洗って、ご飯は竈で炊いていたとしたら、男女雇用機会均等法なんて叫ばれることもなかっただろうし、女性の起業応援なんてものは「なんのこと?」って言われていたかもしれない。 家電が進化して、ある意味家事労働をしていた多くの女性は暇をもてあまし、社会進出へと目が向けられていったんじゃないかと。いやいや、女性が社会進出を望んだからだったら家事労働の軽減のために洗濯機や掃除機や炊飯器やと開発が進んだんだよ。と言われるかもしれないけれども、 どっちにしても、、女性は一日中誰かのために働いていなさい。 というこっちゃないか? 体は楽になったかもしれないけれど、かわりに脳は前にもましてフル活動しているんじゃないか? とふと、ロボット掃除機に床掃除をさせながらブログを書いていて「疑問」を感じてしまった。 昨今、イクメン、家事メンもでてきて「女性」に特化していえなくはなってきているけれど、イクメン、家事メンが代わりに何かをやっていてくれている間女性はテレビを見ながら「わはは」とビール片手に笑っているかというと、決してそうではない現実があると想像できる。 これが、女性の「リラックスタイム」の獲得のためにあるのではない。 「家事」という労働時間が減ったおかげで、運動時間が減った。 「家事」という労力が減ったおかげで、脳はいつも何かを考えていられるようになり、いつも「on」状態になった。 「家事」は体力的には楽ではないけれども、意外とそれに集中している間は、自分のことや家族のことを思う時間になっていたんじゃないか?? とか。 とはいえ、いったん「便利」を知った脳はおいそれと「以前」には戻りたがらず。 しかも1週間に一度掃除機をかければいい方だったわが家の床は毎日のようにロボットが掃除しピカピカの気持ちのいい床にな